20代〜40代に多い疲れやすい原因は、セロトニン不足?

20代を過ぎると、急に疲れやすくなる。特に、40代を過ぎる頃にはこの「疲れ」が酷くなっていると感じる人が多いようです。

歳を重ねれば、老化に伴ってそれだけ体に負担がかかりやすくなるのは当然です。しかし、疲れを感じやすくなる理由はそれだけではありません。

疲れ

セロトニンの不足で、疲れやすい体に

このブログでは頻繁に紹介している「セロトニン」と呼ばれる脳内物質。この物質が不足することによって、身体的にも精神的にも疲れやすい体になってしまうことが明らかになってきています。

セロトニンは、脳の中で神経と神経の間を行き来する、神経伝達物質と呼ばれる脳内物質です。
セロトニンが分泌されるのは、セロトニン神経という場所からで、実はこの神経は自律神経や筋肉、大脳の働きまで、脳全体の広い領域とネットワークが繋がっています。

縫線核

セロトニンの分泌が不足すると、うつ病の原因となる、ということはよく知られています。
これは、感情の浮き沈みがセロトニンの分泌によって、ある程度バランスよく抑えることができるためです。

しかし、感情だけではありません。セロトニンは、体の疲れやすさにも大きく関係しています。自律神経は、脊髄を通して体全体に行き渡り、様々な筋肉や内臓、心臓といったほとんどの器官を動かしています。
セロトニンは、この重要な自律神経の働きにも影響を与えています。

あなたが疲れやすいと感じるのは、セロトニンの分泌が不足し、精神面と身体面、両方が健全に作用していないからなのかもしれません。

20代を過ぎるとセロトニンが不足する?

セロトニンが不足すると、心と体の両面で疲れやすくなるということについては、理解してもらえたと思います。

この脳内物質は、実は20代を過ぎた辺りから分泌が不足する傾向が高いのです。その理由は、もちろん仕事(社会生活)に原因があります。
社会人となって仕事を始めるようになると、夜は遅い時間に帰ることが多くなります。土日は昼過ぎまで疲れて眠ってしまうことが多くなり、運動をする習慣が減ってしまう傾向があります。

こうした生活は、セロトニンの分泌が減少してしまう大きな原因となり得ます。

40代にもなると、加えて加齢により余計に運動量が減ってしまい、更にストレスの原因となる要素が増えていきます。
家族の問題や、これまでとは違った仕事の責任。老いとの戦いなど、、、数え上げればキリがありません。
ストレスも、セロトニンの分泌を妨げる大きな要因となります。

セロトニンを増やす努力は日常でもできる

だからといって、心配する必要はありません。セロトニンは、日常で意識することによって分泌量を増やすことができます。
セロトニンを増やす方法は、主に3つあります。

  1. 毎日、なるべく早起きして朝の光を浴びる。
  2. ウォーキングなど、リズムを意識した運動を心がける。
  3. ストレスを溜めないように、適度に息抜きをする。
  4. セロトニンの材料となるように、バランスよく食事をする。

見ての通り、特に難しいことをする必要はないのです。
健康的な毎日を送っている方なら、ほとんど自然に実行しているようなことばかりです。上記のような生活を毎日継続している人で、疲れやすく不健康な人は見たことがありません。
バランスの良い食事が難しいという方は、サプリメントなどを活用してみると良いでしょう。

セロトニンの材料を、サプリメントで効率よく摂取する

疲れにくい体質は、ある程度遺伝で決まると考えている人もいると思います。
確かに、セロトニンの分泌量は、遺伝や体質により多少異なります。しかし、上記のような生活を毎日心がけるだけでも、精神面、肉体面の両方に、目を見張るほどの変化が起こります。

諦めずに、3ヶ月間は先ほど書いたような生活を続けてみるようにしましょう。

安心・安全な不眠サプリメントなら

潤睡ハーブ

潤睡ハーブ

  • 10日間の返品保証
  • 今だけの 5,980円1,980円 に割引中
  • 定期購入はいつでも解約可(解約金不要)
マインドガードDX

マインドガードDX

  • ストレス対策にも効果的
  • ネットだけで10万本以上の販売実績
  • 自然な成分のサプリメント
ネムリス

ネムリス

  • 厳選された、自然なリラックス成分
  • 不眠ケア+ストレスケア+美容効果も!
  • トリプトファンやビタミン類を効率良く