眠れないのは電磁波のせい?携帯電話やパソコンの影響..

電磁波_眠れない

電磁波の影響で眠れなくなる、と言うと、都市伝説やとんでもない話だと思われてしまいそうです。
しかし、近年の研究では、私たちが睡眠に必要としている睡眠ホルモン『メラトニン』が、電磁波によって壊されてしまうという研究報告が、徐々に明らかになってきているそうです。
「眠れないのは電磁波のせい?携帯電話やパソコンの影響..」の続きを読む…

不眠症も生活習慣病?治す方法はある?

不安_不眠症

年を重ねるにつれて、年々眠りが浅くなっていると感じる方は多いようです。
その理由はいくつかあるようですが、よくある大きな原因として、以下のような事が考えられます。

  • 身体を動かす事が少なくなったために、睡眠の質が下がる。
  • 睡眠ホルモンの分泌が少なくなることで、眠りが浅くなる。

「不眠症も生活習慣病?治す方法はある?」の続きを読む…

昼寝の仕方で「眠れなくなる」!正しい昼寝の時間とは

中途覚醒_サプリ

昼寝をしたら、夜眠れなくなる。と言われた事はありませんか?
確かに、夜しっかり眠る為には、昼間しっかり活動し、脳のセロトニン濃度を高くする事が重要です。そうすることで、夜の間にセロトニンから作り出される睡眠ホルモン、『メラトニン』が分泌されるようになるからです。
「昼寝の仕方で「眠れなくなる」!正しい昼寝の時間とは」の続きを読む…

うつ病の予防・改善にセロトニンが効果

精神生理性不眠

セロトニンが不足する事で引き起こされる症状の、代表的な物といえば「うつ病」ではないでしょうか。そして、うつ病の初期症状として、典型的なものが「不眠症」です。
セロトニンが不足する事を、セロトニン欠乏脳と言いますが、セロトニン欠乏脳は長い期間ストレスにを受け続ける事で起こる症状でもあります。
「うつ病の予防・改善にセロトニンが効果」の続きを読む…

アンチエイジングにメラトニン – 活性酸素を除去する効果

アンチエイジング_メラトニン

睡眠ホルモンとして注目されている、メラトニンですが、アンチエイジング効果にも大きな効果があると言うと、きっと驚く方も多いのではないでしょうか。

しかし、メラトニンは睡眠を促す効果だけでなく、身体の中の活性酸素を除去し、肌の状態を奇麗に保ってくれます。例えば、同じ8時間の睡眠をとるにしても、午前2時を挟んだ夜間に眠るのと、昼間の時間に寝るのでは、肌の状態が変わってくると言われています。
「アンチエイジングにメラトニン – 活性酸素を除去する効果」の続きを読む…