いびき対策 – 彼との旅行で幻滅されないために

いびき

自分のいびきがどれくらいの大きさか、実際に聞いた事がありますか?
私の場合、20代後半を過ぎたくらいから、休日にソファの上でお昼寝をしている時に「ガーッ」という大きないびきの音で目覚める事が何度かあって、愕然とした事があります。 「いびき対策 – 彼との旅行で幻滅されないために」の続きを読む…

眠りの途中で目が覚める人に足りない「脳内物質」とは..

眠りの途中で目が覚める

眠りの浅い人は、多くの場合、共通して脳内のある物質が不足しているという事が分かっています。
このブログでは、何度も紹介していますが、セロトニンと呼ばれる脳内物質が不足することによって、不眠の症状を引き起こしたり、不眠が慢性化する事があるのです。 「眠りの途中で目が覚める人に足りない「脳内物質」とは..」の続きを読む…

寝つきが悪い夜に「早く寝たい」は逆効果!?

寝溜め

寝つきが悪い夜に、「早く眠りたい」「眠れないと困る..」と焦ってしまうのは、当前のことです。しかし、この焦りが逆効果となり、余計に眠れなくなるという事をあなたはご存知でしょうか。

実は、早く寝たいと強く思うことは、健全な睡眠においてはとても危険なことでもあるのです。 「寝つきが悪い夜に「早く寝たい」は逆効果!?」の続きを読む…

また夜中に目が覚めてしまった..中途覚醒は治らない?

イライラ

深夜に目が覚めてしまい、もう一度眠ろうとしてもなかなか寝付くことができない。
明け方の3〜4時くらいに目が覚め、もう一度眠りにつこうとしても眠れない。

このように、熟睡したくても深夜に目が覚めてしまい、なかなか寝付けない不眠症のことを、中途覚醒と言います。
多少似ていますが、明け方早くに目が覚め、再度寝つくことができなかったり、寝つくまでに時間がかかる不眠症は、早朝覚醒と呼ばれています。 「また夜中に目が覚めてしまった..中途覚醒は治らない?」の続きを読む…

眠たくならないのはなぜ?夜が怖い時の対処法

ストレス

不眠症というと、高齢者の方に多い症状と思われる方も多いかもしれません。実際に、年齢が増えると共に、睡眠に必要な機能は徐々に失われていきます。

例えば、眠気を促すと言われる睡眠ホルモン、メラトニンは、高齢になるに従って徐々に分泌量が減っていきます。
年をとるにつれて、睡眠時間が減ったり、就寝中に目が覚めてしまうことは、ある面では仕方のないことと言えます。 「眠たくならないのはなぜ?夜が怖い時の対処法」の続きを読む…