寝起きに吐き気がする、気持ちが悪い – 原因と対策方法

イライラ

朝起きると、決まって吐き気がする。それも、朝の時間帯だけ胃や胸のあたりが気持ちが悪い。特に持病があるわけではないのに、そうした症状に悩んでいるという人がいます。

私自身、ある季節になると、起床時に気分が悪い。胃から喉の方にかけてムカムカを感じることがありました。
一体こうした症状の原因はどこにあるのでしょうか。

吐き気

寝起きに吐き気がする、本当の原因は?

朝の時間になると気分が悪くなったり、吐き気をもよおしてしまう原因には、大きく分けると2つの原因があります。
それは、普段の食事・飲み物の取り方が関係しているもの。それから、心因性のもの。この2つです。

食事の取り方で胃腸に負担がかかる

「食事の取り方」というのは、説明するまでもなく、寝る前の食事の取り方のことです。翌朝の胃腸の状態は、前日の夜の食事が大きく関係しています。

  • 就寝前に夕食を食べたり、脂っこい物を食べている。
  • 前日の夜、アルコールを多く摂取している。
  • 前日の夜、辛い物など刺激物を多く食べている。

いくつかの例えを書き出しました。
ポイントになるのは、遅い時間に食事をとっていないか?ということと、前日の夜に、胃腸の負担になるようなものを食べていないか?ということです。

こうした「良くない食生活」が習慣になっている方も多いと思いますが、胃腸にとっては大きな負担となります。
以前は大丈夫だったという方でも、長い間こうした生活を続けていると、徐々に負担は大きくなり、突然症状としてあらわれるのです。

就寝前に消化の悪いものを食べたり、必要以上に食べ過ぎれば、就寝中の横になっている間も、腸は働き続けます。
胃腸の活動は多大なエネルギーを消費します。寝つきも悪くなり、胃酸が喉の方まで逆流し、朝は吐き気や気分の悪さを感じます。これがひどくなると、逆流性食道炎などの症状へと発展していきます。

逆流性食道炎(ぎゃくりゅうせいしょくどうえん)とは、胃酸や十二指腸液が、食道に逆流することで、食道の粘膜を刺激し粘膜にびらん・炎症を引きおこす疾患名。

出展:「Wikipedia – 逆流性食道炎

夜の間に食べる量は、少なくとも腹八分目を意識するようにしましょう。

心因性の原因による、朝気持ち悪い

次に考えられるのは、「心の問題」によって、朝になると吐き気や気持ち悪い症状が引き起こされる場合です。
実は、ストレスによって朝のムカつき、吐き気を引き起こしている方は、とても多いと考えられます。

具体的には、学校や会社に強いストレスを感じている場合です。
最も多いのは、仕事のプレッシャーや人間関係によるストレスです。学生の場合は、いじめや友人との人間関係などがあります。
こうしたストレスが、朝の気分とどう関係するのか、よく理解できないという方の方が多いかもしれません。

しかし、ストレスは脳の中で胃腸の働きを司る神経(自立神経)に影響を与えます。自立神経は、脊髄を通じて胃腸の運動を調整しています。
ストレスによって、自立神経のバランスが崩れること(自立神経失調症)により、夜の時間に本来は休憩しているはずの胃腸が、過度に動き続けてしまう。朝食の時間になっても正常に働かない。こういったことが、実際に起こるのです。

朝はストレスを感じやすい

イライラ

前述した胃腸の働きだけでなく、過度のストレスによって、吐き気やめまいを引き起こすことがあります。
これも、自立神経の影響によるものです。症状によっては、目眩や下痢、腹痛など、いくつかの症状を併発して引き起こす場合もあります。

朝は、1日の始まりでストレスを感じやすい時間帯です。もしあなたがストレスによる吐き気を自覚しているのなら、なるべくストレスを溜め込まないような生活を、意識して心がける必要があります。

ストレスは、考え方の問題が大きく関わってきます。
自身で考え方を変える方法(認知療法)を行ってみる。毎日、運動や呼吸法、ヨガなどを積極的行い、ストレスをうまく発散するように心がける。こういった対策を行うと、意外にも状況が好転するかもしれません。

何もしなければ、症状が悪化したり、神経性の疾患など、他の様々な症状が引き起こされる危険もあります。
できることから、焦らずひとつづつ取り組むことをお勧めします。

ストレスで眠れない夜の対策方法 – 薬は良くない?

眠れない

あまり大々的に報じられることもないので、いまいちピンときませんが、今や日本では、不眠症が国民病のひとつとも言える状況です。
国民の4人に1人は寝つきが悪い、夜中に目が覚める等の、睡眠の問題に悩まされているという統計データがあります。

眠れない

ストレスで眠れない夜が増えている?

不眠に悩む人が増えている背景には、いくつかの原因が考えられます。
時代の流れによって、夜の時間に働く人逹が増えたこと。眠らずに過ごすための環境が整ったことも、大きな要因です。

しかし、日本が不眠大国になった大きな原因として「ストレス」の問題を無視して考えることはできません。

日本人は、もともと気質的にストレスを感じやすい性格です。これは、欧米諸国の人と比べてみても、遺伝子の構造からそのような違いがあるとされています。
ストレスは、不眠症に直結する問題です。人は、ストレスを抱えたまま眠りにつくことはできません。

私たちの中枢神経は、少しでもストレスを抱えていると、眠れないようにできているのです。
仕事の問題や、人間関係。どのような理由にしろ、不安や悩み、イライラといった感情は、自立神経を刺激してしまいます。これは、昼間に脳が覚醒している状態と同じ状態を作り出してしまうのです。
脳は眠りにつくどころか、余計に考え事をしてしまったり、体の筋肉を硬直させてしまったりします。夜中や早朝に目が覚めるのも、同じことです。

安易に睡眠薬に頼ることの危険性

薬の危険性

あなたが眠れない原因が、もし「ストレス」にあるのなら、安易に薬に頼ることはおすすめできません。
ブログでは何度も説明してきているように、私自身(そして私の両親も)長年に渡って、安全と言われた睡眠薬を服用し続けていました。その結果、様々な問題が身体・精神面の両方で起こるようになってしまったのです。

ストレスや不安、悩み事で眠れない場合、病院で処方される睡眠薬は、気持ちをリラックスさせて眠らせるものが処方されます。
今、日本で処方される睡眠薬のほとんどは、こうした「向精神薬」と言われる、精神に影響するお薬です。

こうしたお薬は、一般的に考えられているよりも依存度が高いのが普通です。
実際に、お医者さんが安全だと言ったお薬でも、やめられずに苦しんでいる方は、私たちだけでなく、多くいらっしゃいます。

より安全な対策方法とは?

当然と言えば当然ですが、ストレスで眠れない場合の対処方法は、ストレスの原因となるものを取り除くことが最も有効です。
しかし、ストレスの元凶となる対象が、目の前から簡単に居なくなることはまずありません。
ストレスの原因となる、会社や学校をやめてしまうというのも、現実的にはなかなか難しいことです。すぐに決断できるようなことではないでしょう。

しかし、よく考えてみればストレスのない生活なんてまずあり得ません。どこに居ても、小さいか大きいかは別にしても、何かしらのストレスを感じるものです。
ストレスを全て取り除こうとしても、それは不可能です。
しかし、ストレスを溜め込まないように努力することはできます。やるとやらないでは、結果が全く変わってきます。

例えば、毎日必ず運動をするように心がけてみてください。
様々な研究によって、1日30分程度の運動によって、ストレスのかなりの部分が解消されることが分かっています。
他にも、休みの日の過ごし方が充実していれば、それだけで大きなストレス発散になります。

何もしないで過ごす。ストレスを感じていることを考え続ける。こうした行動は、ストレスを余計に溜め込み、憎大させます。
ストレスは、その都度意識して発散させることが重要なのです。これは、地道な生活習慣によって大きく改善できるものです。

安易に薬(睡眠薬や精神安定剤など)に頼っていては、いつまでも根本的な問題が改善されず、むしろ悪化してしまいます。
臭いものに蓋をし続けても、一向に問題の解決にはならないのです。

根本的な不眠対策に、安全なサプリメントとは

睡眠薬は、見た目も精神も「老ける」という噂の根拠は?

老ける

睡眠薬を服用し続けなければ、夜は満足に眠れない。そのため、昼間に活動しようとしても、疲れてしまう。
このように、意識するかしないかは別としても、睡眠薬は日中の活力の元になると考えている人が多くいることは確かです。特に、中高年の方には多いように思います。

しかし、睡眠薬(睡眠導入剤)が良くないものであるという事は、少し調べればすぐに気が付くはずです。
依存性や離脱症状など、最近では睡眠薬の処方についての規制が厳しくなり、危険性についての認識も広がってきています。

副作用で「顔が老ける」?

老ける

睡眠薬の副作用についての「噂」の中に、「顔が老ける」というものがあります。服用している人の話をまとめてみると、以下のようになります。

  1. 睡眠薬を服用し続けると、顔がたるんで老けて見える。
  2. 睡眠薬を服用し続けると、体内のホルモン分泌が代わり、老ける。
  3. 睡眠薬を服用し続けると、精神的に疲れやすくなる。
  4. 睡眠薬を服用し続けると、身体的に疲れやすくなる。

私自身、そして私の両親ともに、長年睡眠薬を服用し続けてきました(私はもう、怖くてやめましたが)。

その経験から言えることですが、上記の4つのことは、確かに当てはまります。また、個人的には上記には入れませんでしたが、「忘れっぽくなる」「考える力が弱くなる」といった傾向もあるように感じます。

そうして考えてみると、睡眠薬を継続して服用し続けると老けるというのは、あながち間違った話ではないと思います。

精神と身体に影響を与える睡眠薬

現在使われている主な睡眠薬には、ベンゾジアゼピン系非ベンゾジアゼピン系と言われるものです。
毎回説明している通り、これらの薬は中枢神経と呼ばれる思考や感情を制御する中枢に働きかけます。そして、お酒をたくさん飲んだ時のように、穏やかで心地よい気分を作り出し、眠りを誘います。簡単に言えば、脳に麻酔をかけているようなものです。

私が使用していたマイスリー、ハルシオンといった薬も、同様の原理で効果を発揮する薬です。しかし、こうした薬を長く服用していると、自身で感情をコントロールすることが難しくなるのです。
睡眠薬の成分は、精神安定剤や抗うつ剤の成分と全く変わりません。服用期間が長くなるほど、危険性は増えていきます。

身体的には、筋弛緩作用があります。薬が作用すると、全身の筋肉が緩んでしまうので、力の入らない締まりのない表情にもなります。
また、長く服用していると、自立神経にも悪影響を与えます。常に全身のだるさ、疲れを感じるようになってしまうのです。

睡眠薬と「老い」を早める健康の問題

薬

ここまで述べてきたように、睡眠薬を長期間服用しているということは、それ自体に老いを早めてしまう要因が多く隠されています。
精神的な快活さを失い、身体的にも疲れやすくなる。そして、何よりも薬をやめることができなくなってしまうのです。

睡眠薬を完全に否定するつもりは全くありません。しかし、睡眠薬はもともと長期間の服用が推奨されていない薬です。
眠れないのなら睡眠薬に頼れば良いという考えは、「老い」を早めてしまうだけです。

睡眠に問題があるのなら、生活習慣をしっかりと見直すことから始めるようにすべきです。

20代〜40代に多い疲れやすい原因は、セロトニン不足?

疲れ

20代を過ぎると、急に疲れやすくなる。特に、40代を過ぎる頃にはこの「疲れ」が酷くなっていると感じる人が多いようです。

歳を重ねれば、老化に伴ってそれだけ体に負担がかかりやすくなるのは当然です。しかし、疲れを感じやすくなる理由はそれだけではありません。

疲れ

セロトニンの不足で、疲れやすい体に

このブログでは頻繁に紹介している「セロトニン」と呼ばれる脳内物質。この物質が不足することによって、身体的にも精神的にも疲れやすい体になってしまうことが明らかになってきています。

セロトニンは、脳の中で神経と神経の間を行き来する、神経伝達物質と呼ばれる脳内物質です。
セロトニンが分泌されるのは、セロトニン神経という場所からで、実はこの神経は自律神経や筋肉、大脳の働きまで、脳全体の広い領域とネットワークが繋がっています。

縫線核

セロトニンの分泌が不足すると、うつ病の原因となる、ということはよく知られています。
これは、感情の浮き沈みがセロトニンの分泌によって、ある程度バランスよく抑えることができるためです。

しかし、感情だけではありません。セロトニンは、体の疲れやすさにも大きく関係しています。自律神経は、脊髄を通して体全体に行き渡り、様々な筋肉や内臓、心臓といったほとんどの器官を動かしています。
セロトニンは、この重要な自律神経の働きにも影響を与えています。

あなたが疲れやすいと感じるのは、セロトニンの分泌が不足し、精神面と身体面、両方が健全に作用していないからなのかもしれません。

20代を過ぎるとセロトニンが不足する?

セロトニンが不足すると、心と体の両面で疲れやすくなるということについては、理解してもらえたと思います。

この脳内物質は、実は20代を過ぎた辺りから分泌が不足する傾向が高いのです。その理由は、もちろん仕事(社会生活)に原因があります。
社会人となって仕事を始めるようになると、夜は遅い時間に帰ることが多くなります。土日は昼過ぎまで疲れて眠ってしまうことが多くなり、運動をする習慣が減ってしまう傾向があります。

こうした生活は、セロトニンの分泌が減少してしまう大きな原因となり得ます。

40代にもなると、加えて加齢により余計に運動量が減ってしまい、更にストレスの原因となる要素が増えていきます。
家族の問題や、これまでとは違った仕事の責任。老いとの戦いなど、、、数え上げればキリがありません。
ストレスも、セロトニンの分泌を妨げる大きな要因となります。

セロトニンを増やす努力は日常でもできる

だからといって、心配する必要はありません。セロトニンは、日常で意識することによって分泌量を増やすことができます。
セロトニンを増やす方法は、主に3つあります。

  1. 毎日、なるべく早起きして朝の光を浴びる。
  2. ウォーキングなど、リズムを意識した運動を心がける。
  3. ストレスを溜めないように、適度に息抜きをする。
  4. セロトニンの材料となるように、バランスよく食事をする。

見ての通り、特に難しいことをする必要はないのです。
健康的な毎日を送っている方なら、ほとんど自然に実行しているようなことばかりです。上記のような生活を毎日継続している人で、疲れやすく不健康な人は見たことがありません。
バランスの良い食事が難しいという方は、サプリメントなどを活用してみると良いでしょう。

セロトニンの材料を、サプリメントで効率よく摂取する

疲れにくい体質は、ある程度遺伝で決まると考えている人もいると思います。
確かに、セロトニンの分泌量は、遺伝や体質により多少異なります。しかし、上記のような生活を毎日心がけるだけでも、精神面、肉体面の両方に、目を見張るほどの変化が起こります。

諦めずに、3ヶ月間は先ほど書いたような生活を続けてみるようにしましょう。

最新の睡眠薬、新しい睡眠薬は安全?信頼していいの?

市場規模

意外に思われるかもしれませんが、睡眠薬の市場規模は年々拡大傾向にあります。
こんな言い方をすると気分を悪くするかもしれません。しかし、一度使い始めたらなかなか手放すことができなくなる「睡眠薬」は、薬を売る側の人達からしてみると、見過ごすことのできない金脈に見えるはずです。

市場規模

最新の睡眠薬は信頼できる?

少し古い情報ですが、2001年の時点で、日本の睡眠薬の市場規模は、なんと480億円にもなっていました。

みずほ証券によると、日本国内の睡眠薬の市場規模は2001年で480億円。98年以降の3年間で年率10%超の伸びを示している。
一方、米国の睡眠鎮静剤市場は2001年で11億7400万ドル(約1400億円)。2002年では14億7200万ドル(約1770億円)となった。

出展:Bloomberg.co.jp

アメリカではなんと1,400億円です。
これは10年以上も前のデータですから、もちろんここからかなり市場は大きくなっているはずです。

睡眠薬を使う患者さんにしてみれば、なるべく副作用や依存性のないもの。安全な睡眠薬があるのだとしたら、喉から手が出るほど手に入れたいと考えるのではないでしょうか。
不眠症というのは、それほど深刻な症状なのです。私自身、長く不眠症を経験したからこそ、よく理解できます。

しかし、よく効くとされる睡眠薬ほど、副作用や依存の問題は避けて通れません。

新しい薬ほど気をつけて

私は不眠症になって、合計2回薬を替えました。最初に処方されたのは、ハルシオンと呼ばれる睡眠薬(睡眠導入剤)です。
数年前の話ですが、当時はハルシオンが安全でよく効く薬として、非常に多くの人が利用していました。不眠症に悩む方なら1度は聞いたことのある薬ではないでしょうか。

私自身よく覚えているのですが、この薬を処方される際に、「この薬は最近出たばかりの薬で、安全性は高いから安心してください。」そういうふうに説明を受けて処方されたものです。

しかし、実際に毎日服用してみると、状況は変わってきます。

使えば使うほど、薬をやめようとしてもやめられないのです。ハルシオンはベンゾジアゼピン系と呼ばれる部類の薬です。これは長期間使用すれば、ほとんど間違いなく依存性や離脱症状の問題が出てくる怖い薬です。
未だに信じたくないと思っている方も一部いるようですが、様々なデータを見てみれば一目瞭然です。薬の説明書きにもそのように記載されています。

しかし、不思議なことに、この薬が発売された当初は「安全」という言葉が一人歩きをはじめ、「依存性がない」「副作用がない」という話にまで発展してしまったのです。

マイスリーの安全性

私が一番長く服用していた睡眠薬に、マイスリーと呼ばれる睡眠薬(睡眠導入剤)があります。
ハルシオンで、「やはり睡眠薬は危険なものだ」と思い始めていた私に、病院の先生はマイスリーを勧めてきました。
「この薬は依存性がない、安心して使ってください。」そのように教えてくれたのです。

しかし、現実はというと、長く使用し続ける程にやめることができない。薬の量はどんどん増えていく。状況は、ハルシオンとほとんど変わらないのです。
それどころか、安全と言われ、それを信じてしまっているので、平気で服用してしまいます。これでは余計にタチが悪いです。

今では、私にマイスリーを勧めてきた医師も、「最近の調査ではマイスリーに依存性があることが分かった。なるべく服用しないでください。」と、自身の非を認めてくれるようになりました。

時間が経つまでは信用できない

薬についてのデータは、薬が発売されてからしばらく経たないと、「本当のデータ」は明らかになりません。多くの人々が使用して始めて、多くの問題が噴出するのが普通です。

特に、睡眠薬や抗うつ剤、精神安定剤といった部類の薬は、中枢神経に作用する危険性の高い薬です。人間が実際に服用して、しばらく時間が経たなければ、何が起こるのかは分からないのです。

睡眠薬の市場規模は膨大です。この、大きな金脈を目指して、今沢山の製薬会社(国外も含め)が新しい薬を作り、販売しています。
いずれも共通して言えるのは、睡眠薬は脳に作用を与える薬であり、今は安全と言われていても、数年後はどうなるのかは誰にも分からないということです。