秋はうつ病になりやすい?不眠やだるい症状も – 対策方法は

気分が沈みがち

私個人としては、秋の空気感は大好きです。気温も心地良く、過ごしやすいですし、外を出歩きたいと思います。
しかし、同時に気をつけなければいけない季節であるという事も、よく承知しています。

秋は、気を抜くと心が沈みやすく、落ち込みやすい季節でもあります。
せっかくの心地良い季節なのに、無気力や倦怠感で台無しにしてしまいたくはありません。

気分が沈みがち

秋はうつ病になりやすい?

気分の不調、無気力、体のだるさ、不眠、、。
結論から言えば、秋はうつ病にかかりやすい季節です。これにはれっきとした理由があります。

関係しているのは、実は太陽の光です。

あなたは、脳の中に存在する「セロトニン」と呼ばれる物質をご存知でしょうか?
セロトニンは、神経伝達物質と呼ばれています。
脳の中の、縫線核と呼ばれる場所にある、セロトニン神経という場所から作り出されています。

縫線核

うつ病は、セロトニンの分泌が不足することで引き起こされると考えられています。
セロトニンは、幸福ホルモンと呼ばれているように、感情の落ち込みや、興奮を抑える効果があります。

実は、セロトニンは日中の太陽の光が少なくなる、秋の時期から冬の時期にかけて、脳の中での分泌が少なくなるのです。これは、曇り空の日、雨の日でも同じことが言えます。
天気が悪いと、なんだか気分が落ち込みがちになりますよね。これは、セロトニンの分泌とも関係しているのです。

積極的に光を浴びること

夏が終わり、日照時間が短い秋から冬にかけて、急に気分が憂うつになる。身体がだるくなったり、日中にも関わらずひどい眠気が起こる。
このような症状のことを、一般的には冬季うつ病などと呼んだりもします。

うつ病と言っても、一般的なうつ病とは違い、この症状は秋〜冬の時期が終われば自然と症状が出なくなるのが普通です。
特徴的な症状には、倦怠感、強い眠気の他にも、食欲が異常に増えるという場合もあるようです。

もし、こうした症状に心当たりがあるのなら、対策の方法はあります。それは、秋から冬にかけては、なるべく太陽の光を朝早くから浴びることです。
光があまり出ていないという場合は、最近では専用の光療法機器も販売されています。

光療法については、そうした治療を扱う心療内科や精神科などの病院にも機器が設置されていることがあります。
朝の一定の時間、強い光を浴びることによって、症状はかなり緩和されるようです。また、症状の度合いによっては、一定期間抗うつ剤を処方されることもあります。

まずは、朝早くから起床し、外を散歩するなどしながら光を積極的に浴びることから始めてみては如何でしょうか。

「睡眠薬は依存しない」はやっぱりウソだった?

薬

私の家族は、私も含め、両親も(そして祖母までも)睡眠薬を毎日服用しています。私は最近になって、ようやく睡眠薬を断つことができましたが、未だに家族は薬をやめることができません。

特に薬の服用がやめられないのが、母です。

60歳を過ぎた母は、もうかれこれ5年以上、毎日欠かさず睡眠薬を服用しています。今でも2週間に1度、病院に通っては睡眠薬を処方してもらっています。5年間で睡眠薬だけに20万円以上は支払い続けている計算になります。

余談ですが、私たち家族全員の睡眠薬の購入費を換算すると、50万円くらいにはなる計算です。文字通り、薬漬けの状態です。

薬

「睡眠薬は依存しない」はやっぱり嘘?

こう書くと、医療関係者の方に怒られるかもしれませんが、実際に薬を服用している人達を見てみれば明らかです。
現在、日本で主流となっているのは、マイスリーハルシオンなど、ベンゾジアゼピン系非ベンゾジアゼピン系と呼ばれる部類のお薬です。これらの薬は、安全性が高いと言われているはずの薬です。
また、依存性が少ない薬として紹介されることが多い薬でもあります。

しかし、実際には、これまでにも説明してきた通り、これらの薬は長期間の服用により依存を形成する薬なのです
ですから、薬の添付文章には、長期間の服用をしないようにと書かれています。

実際に、私が長期間服用していた「マイスリー」の添付文章にも、以下のように書かれています。

マイスリー添付文章

画像:マイスリー 添付文章

継続投与を避け、短期間に留めること。これが、この薬の重要な注意事項です。
繰り返しますが、マイスリーは多くのお医者さんが「依存性のない、安全な薬」と言って処方しているお薬です。

なぜ継続して服用してはいけないのか?それは、習慣性(依存性)があるからです。これも、添付文章にはっきりと記載されています。

疑いたくはないけれど、、

私の友人に、看護婦として病院に勤務する30代の女性がいます。彼女も、病院の夜勤という仕事に勤務する特性上、不眠に悩み、彼女自身が働く病院で睡眠導入剤を処方してもらっています。

そしてやはり、薬の依存性に悩み、苦しんでいるのです。病院に勤務する医師や、薬剤師の方でも、実際に使用してみればこうした薬に依存性があることはすぐに分かるはずです。

そして、何よりも薬の説明にもそのように書かれています。

私の母や、私にしてみても、もし薬を使用する前に依存性があると知っていれば、こんなに睡眠薬に依存することは無かったと思います。
安全な薬だし、依存性がない。そう聞いていたから、安心して服用していたのです。

誰だって、自分の健康を預ける医師を疑いたくはありません。
疑いたくはないけれど、薬を処方していれば、病院が儲かることくらいは知っています。もし、薬を全く処方せずに、根本的な治療法があるのなら、病院が儲からないということも分かります。

いずれにしても、私は自分で調べ、自分で不眠を解消することができました。3年ほど睡眠薬を服用していて思ったことは、この薬は依存性があり、気分を憂うつにしてしまう薬だということです。
もう、睡眠薬だけは一生服用しないと決めています。