9月病?!やる気が出ない、眠れない – 秋のうつ病とは?

秋になると気分が沈みがちになる。
夜になっても眠れない、、そんな症状に悩む人がいると言うと、不思議に思うのではないでしょうか。

食欲の秋、スポーツの秋、そして「睡眠の秋」とも呼ばれるほど、気候が穏やかで気持ちの良い秋の季節。
なぜそんな季節に気分が沈み、やる気が出ずに、満足な睡眠を得る事ができなくなるのでしょうか。

その原因は、秋という独特な季節の特性にあります。

9月病_不眠

秋特有のうつ病の原因

「9月病」と言っても、これは病名ではありません。「5月病」同様、分かりやすくこのように呼ばれています。

実態は、軽度のうつ病、またはうつ病の初期症状と考えると良いでしょう。
うつ病の患者さんの9割以上が、不眠に悩んでいるという事を考えれば、9月病で睡眠に不調を及ぼす。不眠に陥るというのも納得です。
ではなぜ、秋の季節に軽度のうつ病を発症するのでしょうか。理由はいくつか考えられます。

夏の疲労が、秋に襲ってくる

私たちが知らない間にも、夏の暑さは身体にダメージを与えています。
特に夏休みやお盆休みに、普段はしないような長期の旅行をしたり、熱さと日差しの中で身体を動かしたり。体力は想像以上に消耗されています。
そのまま、気温が一気に下がり始める秋に突入すると、身体は急激な変化に付いていく事ができません。どうしても、体力が奪われたり、不調を感じたりしてしまうのです。

また、夏休みには普段とは違う生活習慣で身体が慣れています。突然秋から規則正しい生活に切り替えるというのも、身体にとっては中々辛いものです。

冬期うつ病 – 日照時間の影響

追い討ちをかけるように、身体に負担をかけるのが、日照時間の影響です。
当然の事ですが、夏の間は陽が長いですが、冬になると短くなります。そして、日照時間が短くなると、脳のセロトニンの濃度は減少してしまいます。

セロトニンとは、神経伝達物質と言われる脳内物質のことで、うつ病やパニック障害、不安神経症などの患者さんは、このセロトニンが不足している事が原因で心の病を発症するとされています。
日照時間が短くなると、冬季うつ病に代表されるように、うつ症状が強く出る事があるのです。

秋の不眠を解消するには

この事からも、秋のやる気が出ない症状や、不眠を解消する為には、脳のセロトニンを高く保つ事が大切なのです。
その為には、なるべく朝日をしっかりと浴び、普段から運動を心掛けるようにする事が重要です。

人口的に、太陽光に近い高照度の光を浴びる事で、人工的にセロトニンを増やす「高照度光療法」という治療法も、精神科によっては受診する事ができます。
また、最近ではセロトニンを増やす為のサプリメントも販売されています。気分が沈みがちな季節には、活用する事もおすすめできます。

 セロトニンを増やすサプリメント – おすすめランキング

脳のセロトニンを増やす事によって、気分の落ち込みだけでなく、不眠を根本的に解消する事にも繋がります。

安心・安全な不眠サプリメントなら

潤睡ハーブ

潤睡ハーブ

  • 10日間の返品保証
  • 今だけの 5,980円1,980円 に割引中
  • 定期購入はいつでも解約可(解約金不要)
マインドガードDX

マインドガードDX

  • ストレス対策にも効果的
  • ネットだけで10万本以上の販売実績
  • 自然な成分のサプリメント
ネムリス

ネムリス

  • 厳選された、自然なリラックス成分
  • 不眠ケア+ストレスケア+美容効果も!
  • トリプトファンやビタミン類を効率良く