あがり症の改善

緊張しやすい(あがり症)事と、脳内物質のセロトニンに関係があるというと、意外に感じるでしょうか。
しかし、不安や緊張感を感じる神経(ノルアドレナリン神経)は、セロトニンによって、ある程度抑制できる事が分かっています。

脳のセロトニンレベルが低くなると、緊張感や不安感を抑制出来なくなり、パニック障害不安神経症あがり症を引き起してしまう原因となります。

関連カテゴリ 一覧

 緊張しやすい(あがり症)原因は?

普段から、人一倍不安や緊張感を感じやすいのは、遺伝や元々の性格だけでなく、脳のセロトニン神経が弱っている可能性も考えられます。
遺伝が影響するのは、その人の性格の一部分に過ぎず、ある程度は努力によって変える事もできると考えられています。

 

 平常心を作り出すセロトニン

脳のセロトニンレベルが高い人は、何事にも動じず、平常心を保つ事ができるという特徴があります。セロトニンには、極度の不安や舞い上がるような感情を抑制する働きがあるためです。

 

 緊張を和らげる方法

セロトニンを増やす為には、普段から生活習慣を規則正しく保つ事が大切と考えられていますが、一時的に緊張感を和らげる為の方法もあります。

 

 セロトニンを増やすサプリメント

不安や緊張を和らげるためには、脳のセロトニン神経を鍛え、常にセロトニン濃度を高く保つ事が大切です。最近では、セロトニンを増やす為のサプリメントも販売されています。おすすめなサプリメントを、ランキング形式で紹介していきたいと思います。