秋はうつ病になりやすい?不眠やだるい症状も – 対策方法は

私個人としては、秋の空気感は大好きです。気温も心地良く、過ごしやすいですし、外を出歩きたいと思います。
しかし、同時に気をつけなければいけない季節であるという事も、よく承知しています。

秋は、気を抜くと心が沈みやすく、落ち込みやすい季節でもあります。
せっかくの心地良い季節なのに、無気力や倦怠感で台無しにしてしまいたくはありません。

気分が沈みがち

秋はうつ病になりやすい?

気分の不調、無気力、体のだるさ、不眠、、。
結論から言えば、秋はうつ病にかかりやすい季節です。これにはれっきとした理由があります。

関係しているのは、実は太陽の光です。

あなたは、脳の中に存在する「セロトニン」と呼ばれる物質をご存知でしょうか?
セロトニンは、神経伝達物質と呼ばれています。
脳の中の、縫線核と呼ばれる場所にある、セロトニン神経という場所から作り出されています。

縫線核

うつ病は、セロトニンの分泌が不足することで引き起こされると考えられています。
セロトニンは、幸福ホルモンと呼ばれているように、感情の落ち込みや、興奮を抑える効果があります。

実は、セロトニンは日中の太陽の光が少なくなる、秋の時期から冬の時期にかけて、脳の中での分泌が少なくなるのです。これは、曇り空の日、雨の日でも同じことが言えます。
天気が悪いと、なんだか気分が落ち込みがちになりますよね。これは、セロトニンの分泌とも関係しているのです。

積極的に光を浴びること

夏が終わり、日照時間が短い秋から冬にかけて、急に気分が憂うつになる。身体がだるくなったり、日中にも関わらずひどい眠気が起こる。
このような症状のことを、一般的には冬季うつ病などと呼んだりもします。

うつ病と言っても、一般的なうつ病とは違い、この症状は秋〜冬の時期が終われば自然と症状が出なくなるのが普通です。
特徴的な症状には、倦怠感、強い眠気の他にも、食欲が異常に増えるという場合もあるようです。

もし、こうした症状に心当たりがあるのなら、対策の方法はあります。それは、秋から冬にかけては、なるべく太陽の光を朝早くから浴びることです。
光があまり出ていないという場合は、最近では専用の光療法機器も販売されています。

光療法については、そうした治療を扱う心療内科や精神科などの病院にも機器が設置されていることがあります。
朝の一定の時間、強い光を浴びることによって、症状はかなり緩和されるようです。また、症状の度合いによっては、一定期間抗うつ剤を処方されることもあります。

まずは、朝早くから起床し、外を散歩するなどしながら光を積極的に浴びることから始めてみては如何でしょうか。

安心・安全な不眠サプリメントなら

潤睡ハーブ

潤睡ハーブ

  • 10日間の返品保証
  • 今だけの 5,980円1,980円 に割引中
  • 定期購入はいつでも解約可(解約金不要)
マインドガードDX

マインドガードDX

  • ストレス対策にも効果的
  • ネットだけで10万本以上の販売実績
  • 自然な成分のサプリメント
ネムリス

ネムリス

  • 厳選された、自然なリラックス成分
  • 不眠ケア+ストレスケア+美容効果も!
  • トリプトファンやビタミン類を効率良く