「アルコールがないと眠れない」は嘘?!安全に眠れる方法は

仕事を終えて、大好きなビールや焼酎を飲むのは至福のひとときですよね。気が付けば朝だった、などというエピソードも、時には微笑ましいものです。

しかし、アルコールを「楽しみ」ではなく、「眠るための手段」として利用していませんか?そのような方は、案外多く存在するようです。
つまり、「酒は百薬の長と言われているし、飲んで眠れればそれでいいじゃないか」と安易に考えている人が多いのでしょう。

でも、それは果たして真実でしょうか?

ここでは、「アルコールがないと寝付けない」と悩んでいる方に、飲酒が引き起こす重大な危険性を交えながら、その対処方法をアドバイスしていきます。

アルコール

アルコールでよく眠れるというのは、実は嘘?

ある統計によりますと、日本人はアルコールを不眠解消の手段として用いる割合が高いのに対して、医師に相談に行く割合は低いという結果が出ています。

アルコールは、少量であれば覚醒水準調節作用があります。その作用というのは、興奮状態にあれば沈静作用をもたらし、抑うつ状態であれば興奮作用をもたらします。簡単に言えば、緊張を和らげたり、憂うつ感(嫌なこと)を忘れさせたり、気分を良くしてくれるというわけです。
こう聞くと、聞こえは良いです。しかし、問題なのはアルコールで眠ろうとするためには、大量摂取しなければならないということです。加えて、就寝前に飲酒すると深酒となり、アルコール耐性を形成しやすくなります。

分かりやすく言えば、徐々に飲酒量は増加する一方で、最終的にはアルコール依存症となる。さらには、不眠も解消できなくなる(もしくは悪化する)という最悪のケースへと歩みを進めているわけです。

「毎日お酒を飲んで眠っているけれど、そんな問題は起こっていない..」

と、言いたい気持ちは分かります。
しかし、アルコールで眠ることが習慣化していくと、ある時期から飲酒の量が増え始めたり、依存度が増していくことになるでしょう。それは、仕事のストレスや人間関係がきっかけとなるかもしれません。

ほんのたまに、軽い晩酌をする程度なら問題はないと思います。ですが、毎晩のようにお酒を飲むことが習慣化しているのなら、注意するに越したことはありません。

あくまでもお酒は楽しみの範囲内で

アルコール

アルコールには、麻酔薬と同じような作用があり、中枢神経を麻痺させます。

つまり、お酒で眠っているというのは、実は本当の眠りではなく、意識を失っている状態に近いのです。また、睡眠は脳と身体を休息させることが目的ですが、過剰なアルコール摂取をすれば、肝臓などの器官は絶えず働き続けなければなりません。

肝臓疾患はよく「サイレントキラー」とも呼ばれます。これは、あまり自覚症状がなく、気付いた時には重篤な状態になっている場合が多いからです。
また、アルコールは利尿作用が強いので、何度もトイレに起きるようになり、結果的に睡眠不足になるのです。

ですが、お酒はモチベーションを維持する手段の1つでもあり、人間関係の潤滑油の役割を果たす時もあります。全てを否定するわけではありません。
ですから、就寝前の少なくとも2時間前には飲酒を切り上げ、脳と身体が十分に休める状態を自らで作り上げましょう。

そして、どうしてもお酒がないと眠れないと言う方は、早い段階で医師に相談すべきです。

2016年2月18日 「アルコールがないと眠れない」は嘘?!安全に眠れる方法は はコメントを受け付けていません。 睡眠薬に頼らない

安心・安全な不眠サプリメントなら

潤睡ハーブ

潤睡ハーブ

  • 10日間の返品保証
  • 今だけの 5,980円1,980円 に割引中
  • 定期購入はいつでも解約可(解約金不要)
マインドガードDX

マインドガードDX

  • ストレス対策にも効果的
  • ネットだけで10万本以上の販売実績
  • 自然な成分のサプリメント
ネムリス

ネムリス

  • 厳選された、自然なリラックス成分
  • 不眠ケア+ストレスケア+美容効果も!
  • トリプトファンやビタミン類を効率良く