朝の居眠り、2度寝はよくない?朝だるい原因

通勤電車に乗っていると、朝からウトウトしていたり、降りる駅を乗り過ごして、慌てている人を時々見かけます。
それほど、朝の眠気は耐え難いくらい強い物があります。2度寝や朝の居眠りが襲ってくると、簡単には我慢できないほどの物があります。。
しかし『朝の』居眠り、2度寝は脳にとっては良くないもので、朝のだるさや、その日1日を棒に振ってしまう事になりかねません。

朝_2度寝

朝の居眠りや2度寝は、朝だるい原因に

朝は眠くてどうしようもない。原因は、一体どこにあるのでしょう?

その原因は、多くの場合『脳が覚醒していない』ことにあるそうです。

朝の眠気は、昼間にちょっとした眠気が襲うようなものとは性質が異なります。
根本的な原因は、朝になっても、夜の脳と同じ状態『脳が休息に入った状態』から抜け出す事ができていないからなのです。

本来なら、脳は朝になるとしっかり覚醒し、意識もシャキッと目覚め、その後は活発に活動できるはずなのです。
睡眠時間や生活習慣が不規則、ストレスなど、何らかの理由で脳が目覚めない状態が続いていると、朝から脳が覚醒出来ず、眠くてやる気が出ない。身体がだるい、という状態に陥ってしまいます。

自律神経のスイッチを切り替える

以下のような項目に当てはまる方は、朝からしっかり目覚めることができずに、身体のだるさなどを感じているのではないでしょうか。

 朝は、ギリギリまで布団から出ない。
 一度目覚めても、2度寝をする。
 通勤途中に居眠りをする。
 朝のコーヒータイムなど、目を覚まさせる時間がない。

脳には、自律神経という神経という、身体昨日を司る、重要な神経があります。
夜間寝ている間は、副交感神経という神経が優位に働きます。
副交感神経は、身体のほとんどの期間を、睡眠に適した状態にします。例えば、体温を下げ、心拍数をゆっくりにして、身体全体の活動を低下させるのです。

対して、朝起きると交感神経という神経が働き、日中の活動に最適な状態を作り出します。交感神経は、脳に適度な緊張感を持たせ、身体の器官も俊敏に動けるようにしているのです。

せっかく朝起きて、交感神経を優位に働かせようとしている時に、2度寝をしてしまっては、脳の覚醒スイッチが入らないのは当然のことなのです。

脳を覚醒させることが大切

2度寝をすると、脳の自律神経がうまく切り替わらないのは当然のことですが、その後の日中の活動にも悪い影響を与えます。
1度スイッチが入りそびれたまま、職場や学校に行っても、なかなか脳が覚醒してくれないのです。

本来であれば、朝の光を浴び脳の体内時計がリセットされるはずですが、こうなると日中はいつまで経ってもボーッとして、やる気のない状態が続いてしまいます。

朝の目覚めを良くする方法

朝から脳を覚醒させ、眠気を覚まし、日中の活力を向上させるには、以下のような事に気をつけるようにしましょう。

 朝は余裕を持って起床し、コーヒーを飲んだり、ゆっくりした時間を作る。
 朝起きたらすぐにカーテンを開け、朝日を浴びるようにする。
 2度寝や、通勤中の居眠りはしない。

朝日はセロトニン神経を刺激し、脳のセロトニンを分泌させ、覚醒させる働きがあります。慣れないうちは少々きつく感じるかもしれませんが、早めに起床し、ゆっくりした時間を持つ事も非常に大切です。

カフェインは、脳を覚醒させる作用があるので、朝飲む事で目覚めをすっきりさせることができます。

こうした習慣を実践してみると、ギリギリに目覚めるよりも、よほど気持ち良く目覚める事ができると分かるはずです。

 管理人おすすめ – 不眠サプリのランキング

 

安心・安全な不眠サプリメントなら

潤睡ハーブ

潤睡ハーブ

  • 10日間の返品保証
  • 今だけの 5,980円1,980円 に割引中
  • 定期購入はいつでも解約可(解約金不要)
マインドガードDX

マインドガードDX

  • ストレス対策にも効果的
  • ネットだけで10万本以上の販売実績
  • 自然な成分のサプリメント
ネムリス

ネムリス

  • 厳選された、自然なリラックス成分
  • 不眠ケア+ストレスケア+美容効果も!
  • トリプトファンやビタミン類を効率良く