朝ご飯で快眠を促す!摂取しやすい朝ご飯

残業に追われ、夕食の時間が夜の10時を過ぎてしまう、、働き盛りのお父さんによく見られる光景ですね。。

ご飯を食べるとすぐに眠くなり、そのまま布団に入って寝てしまう、、ということも多いのではないでしょうか。
でも、そんな時に限って、寝ようとしてもなかなか寝付けない。眠りが浅い、途中覚醒するというようなことはありませんか?

夕食

体は疲れているので、すぐに熟睡できそうなはずですが、一体なぜなのでしょうか。その原因は「満腹」にあるのです。

「ゲップ」や「胸焼け」が睡眠のジャマをする

満腹の状態ですぐに睡眠に入ると、ゲップが多く出たり、胸焼けを起こす事が多くあります。これは胃・食道逆流症という症状です。

寝る前に食べた物は、口から食道を通って胃に入り、消化活動を始めます。
この時点で入眠すると、全身の筋肉がゆるむと同時に、胃と食道の間を閉じ、逆流を防いでいる筋肉もゆるんできます。

すると、寝ている間に胃液が食道に上がってきてしまいます。
これが、胸焼けやゲップの要因となっているのです。
この不快感が原因で、目が覚めてしまう。次の日の朝は、喉がイガイガして一日中その症状が続くこともあります。

朝まで胃もたれが残る食べ方をしていると、睡眠の質もどんどんと落ちていくという事です。

胃がもたれる

夕食が遅くなりそうな時は、ひと工夫を

夕食の時間が遅くなりそうな時は、昼食を多めに摂り、夕食を分割して食べるように工夫してみましょう。
例えば、夕方6時頃に、コンビニのおにぎりやパンなど、軽めのものを食べておきます。すると、ブドウ糖が補給されるので、脳の働きも活発になり、仕事もはかどります。

奥様が作ってくれている夕食は、その分量を減らしてみてください。

うどんやパンなど、でんぷん質のものでは、消化時間が1〜2時間。
肉や油を含んだタンパク質や脂質は、4時間くらいかかると言われています。

肉類はメラトニンの原料となるトリプトファンを多く含んでいるので、おすすめの食材なのですが、消化が悪くお腹に負担をかけてしまいます。
時間が下がる食事の場合はなるべく避けた方がよいでしょう。

また、遅い時間のお酒にも要注意です。

 

 お酒(アルコール)を飲むと眠れなくなる – 不眠症の原因

 

仕事終わりの一杯は格別です。しかし、寝付きは良くなっても何度も目が覚めるという経験はありませんか?
これは、アルコールを取り入れると交感神経が刺激され、眠りが浅くなってしまう事が原因です。

余計に疲労を蓄積させる原因にもなりますので、寝酒の習慣がある方は気をつけましょう。

「満腹」「お酒」で睡眠の質を劣化させないよう、夕食の摂り方について、今一度考えてみてはいかがでしょうか。
消化機能も、睡眠時は一緒にお休みさせてあげましょうね。


2014年12月18日 朝ご飯で快眠を促す!摂取しやすい朝ご飯 はコメントを受け付けていません。 不眠症の改善

安心・安全な不眠サプリメントなら

潤睡ハーブ

潤睡ハーブ

  • 10日間の返品保証
  • 今だけの 5,980円1,980円 に割引中
  • 定期購入はいつでも解約可(解約金不要)
マインドガードDX

マインドガードDX

  • ストレス対策にも効果的
  • ネットだけで10万本以上の販売実績
  • 自然な成分のサプリメント
ネムリス

ネムリス

  • 厳選された、自然なリラックス成分
  • 不眠ケア+ストレスケア+美容効果も!
  • トリプトファンやビタミン類を効率良く