朝日を浴びればセロトニンが増える? – うつ病にも効果

朝日をしっかり浴びる事で、うつ病や不眠症の改善・対策に効果があるという事は、これまでにも、このブログの中でも何度が紹介してきました。
基本的な事ですが、朝起きて太陽の光を浴びる事により、セロトニン神経は活性化されます。セロトニン神経が活性化されると、その分、脳の中で「セロトニン」が作り出されます。

今回は、朝日とセロトニン神経について、もう少し詳しく書いてみたいと思います。

朝の光を浴びる事が重要な理由

朝陽を浴びる
私たち人間は、この世に存在してからずっと、朝日が昇ると共に活動を始め、夜、日が沈むと共に寝床に着く、という習慣をずっと繰り返してきました。

もちろん、この基本的なリズムは、人間だけではなく、ほぼ全ての生物に当てはまる事ですが、、

地球が誕生して、数億年。歴史の中で朝日が一日の始まりを促す合図になっていたのは、間違いのない事です。人の脳は、朝日を浴びる事で一日をスタートさせます。これは、今になって変える事はできないものです。

長い歴史の中で、脳の中では、朝日を利用して様々な神経や器官を働かせたり、脳の活性化を促すという事を、自然と行ってきました。
その中でも、重要な神経の1つに、セロトニン神経が挙げられます。

セロトニン神経が活性化されるまで

具体的には、目から入った朝日は、目の中にある神経「網膜」に刺激を与えます。網膜が受け取った刺激は、脳の中のセロトニン神経を活性化します。
朝日の光の強さは、普段私たちが使用している照明とは光の性質が異なり、明るさも10〜100倍以上も明るいそうです。

ですので、残念ながら、市販されている明るい照明を朝から沢山浴びたところで、同様の効果は得られないのです。。
朝起きたら、朝日を浴びる為にカーテンを開ける事。これがセロトニンを分泌させるための鉄則です。

セロトニンの効果

脳の中でセロトニンが分泌されることで、不安やイライラ、うつ病など。様々な心の病の解消に、効果的に働くと考えられています。
もちろん、セロトニンは不眠症の解消や対策にも充分効果的です。セロトニンは、睡眠ホルモン(メラトニン)の前駆体となったり、体内時計を整えるなど、不眠症に多大な効果を発揮してくれます。

もしあなたも不眠症で悩んでいるならば、是非朝からしっかり朝日を浴びる事を実践してみてください。最も効果的なのは、朝のウォーキング。またはジョギングなどです。
短時間(10〜20分程度)でも、ある程度の効果が得られると言われています。

また、最近では効率的にセロトニンを分泌し、睡眠ホルモンであるメラトニンを増やす為の、サプリメントも販売されています。

 セロトニンを増やすサプリメント – おすすめランキング

安心・安全な不眠サプリメントなら

潤睡ハーブ

潤睡ハーブ

  • 10日間の返品保証
  • 今だけの 5,980円1,980円 に割引中
  • 定期購入はいつでも解約可(解約金不要)
マインドガードDX

マインドガードDX

  • ストレス対策にも効果的
  • ネットだけで10万本以上の販売実績
  • 自然な成分のサプリメント
ネムリス

ネムリス

  • 厳選された、自然なリラックス成分
  • 不眠ケア+ストレスケア+美容効果も!
  • トリプトファンやビタミン類を効率良く