朝までぐっすり眠れない.. 眠りが浅い夜の対策

眠りについてから朝起きるまでの間に、あなたは何度くらい目が覚めているでしょうか。通常、人間は眠りについてから朝目が覚めるまでの間に、浅い眠りと深い眠りの間を何度か行き来しています。

就寝時に夢を見たり、夜中に目を覚ますこと自体は異常な事ではありません。
ただし、夜中や明け方に目が覚めて、しばらく寝付けないような事が頻繁に続くようなら、睡眠になんらかの異常がある可能性もあります。

朝までぐっすり眠れない

朝までぐっすり眠れない理由

寝ている間に浅い眠りが訪れるのは、睡眠サイクルと呼ばれる、浅い眠り深い眠りのサイクルが交互に訪れるためです。
健康な睡眠でも、1回の睡眠で3回〜5回程度の浅い眠り(これをレム睡眠と呼びます)が訪れます

この浅い眠りの時に人は夢を見たり、それがきっかけで寝言を言ったりもします。
浅い眠りは、短時間の間に訪れますが、この時脳は覚醒しきっていません。
通常、この時に夢を見たことや、一瞬目が覚めたりしても、人はそのこと自体をほとんど覚えていません。

つまり、浅い眠りそのものは、特に問題ではないのです。
睡眠の特性上、朝までぐっすり眠れないこと自体は、当然といえば当然のことなのです。

問題は、浅い眠りそのものではなく、浅い眠りが長く続いたり、何度も目が覚めたりすること。または、目が覚めて、再び寝付けないような事なのです。
このような場合、朝起きても眠った感じがしなかったり、すっきりせずに頭がぼーっとしたりします。
「朝までぐっすり眠れない」と感じるようなことがあるのは、この為です。

朝までぐっすり眠れない症状とは

  • 眠りが浅いこと自体は問題ではない。
  • 眠りが浅い時間が長く続く。
  • 何度も目が覚める。
  • 一度目が覚めると再び寝付くまでに時間がかかる。

眠りが浅いのは、体内時計のせい?

なぜ、浅い眠りが通常より多く訪れたり、再び寝付くまでに、長い時間がかかったりしてしまうのでしょうか。こうした症状によくある症状として、生活習慣や睡眠時間の乱れによる、体内時計の乱れが考えられます。

体内時計は、概日リズムとも呼ばれます。
体内時計が正常に働くことによって、浅い眠りと深い眠りのサイクルや、脳の覚醒が正常に保たれています。
生活習慣だけでなく、ストレス(不安やイライラ)によっても、睡眠のリズムが乱れる場合もあります。

睡眠のリズムを正しく保つための対処法

このブログでは何度も紹介しているように、脳内物質であるセロトニンには、体内時計を正常に保つ作用をしてくれます。
正確に書くと、セロトニンが分泌されることによって、夜になると眠りを促す成分である、メラトニンが分泌されるのです。

セロトニンとメラトニンをしっかり分泌させるためには、規則正しい生活習慣が重要となります。朝からしっかりと朝日を浴び、日中は適度な運動を心掛けるだけでも、セロトニンの分泌が促されます。

セロトニンを増やす食べ物

また、セロトニンを増やすためには、トリプトファンと呼ばれる、必須アミノ酸を摂取することも重要となります。トリプトファンは、大豆食品や肉類にも含まれますが、普段の食生活で効率良く摂取するためには、トリプトファンを豊富に含むサプリメントもおすすめです。

最近は、不眠の対策の為のサプリメントに、トリプトファンを含むものが多く販売されるようになりました。普段の食生活に自身のない方や、朝起きた時のぐっすり感が感じられない方は、こうした不眠対策のサプリメントを試してみると良いでしょう。

以下は、トリプトファンを含む、おすすめのサプリメントです。

 管理人おすすめ – 不眠サプリメント

セロトニンは、メラトニンの分泌による睡眠を促す効果だけでなく、朝から脳を覚醒させ、ストレスの解消効果も期待される脳内物質です。
普段から規則正しい生活習慣を心がけ、セロトニンの分泌と、体内時計を正常に保つための努力を心がけるようにしましょう。

安心・安全な不眠サプリメントなら

潤睡ハーブ

潤睡ハーブ

  • 10日間の返品保証
  • 今だけの 5,980円1,980円 に割引中
  • 定期購入はいつでも解約可(解約金不要)
マインドガードDX

マインドガードDX

  • ストレス対策にも効果的
  • ネットだけで10万本以上の販売実績
  • 自然な成分のサプリメント
ネムリス

ネムリス

  • 厳選された、自然なリラックス成分
  • 不眠ケア+ストレスケア+美容効果も!
  • トリプトファンやビタミン類を効率良く