頭が冴えて眠れない..考えすぎて不眠に悩んでいる時は

脳が興奮すると、寝つきが悪くなったり、夜中に目が覚めたりしてしまいます。
これは、睡眠が自律神経の影響を受ける事に関係しています。
難しい事や嫌な事を考え始めると、本人の意図はどうであれ、脳は興奮してしまうのです。

脳が興奮し、覚醒してしまう事で、自律神経は自動的に「交感神経」へと切り替わってしまいます。

頭が冴えて眠れない

「考え事」が不眠の根本に

なんだかややこしく聞こえてしまいそうですが、単純にまとめると「考え事」は脳を覚醒させてしまいます。
問題の本質は、脳の覚醒が不眠症を引き起こす、という事です。特にストレスを伴う考え事は、著しく脳を覚醒させます。
悩み事や不安、緊張を伴う考え。それに、後悔もよくありません。

マイナスの考えで頭が冴える

うつ病と不眠症が相関関係にあるという事は、既にご存知の方も多いと思います。
実際に不眠症で苦しんでいた私ですが、今になって振り返ると本当に良く分かります。特に、以下のような考え事は、特に不眠症を誘発する原因となります。

  • その日にあった出来事の反省
  • 過去の出来事の回想
  • 未来(将来)への不安
  • 今日も眠れないのでは、という不安

いずれも、マイナスの考えばかりです。。
きっかけは、その日にあった失敗や反省かもしれません。不眠症や生活リズムの乱れは、こうした考えに拍車をかけます。

自分への嫌悪や劣等感、反省にばかり考えを巡らせていると、不眠症ばかりでなく、うつ症状を引き起こす事にもなりかねません。

夜の思考習慣は止めるべき

マイナスの考えではなく、プラスの思考なら大丈夫なのかというと、そういう訳でもありません。嬉しい、ワクワクした感情も、結局は脳を覚醒させてしまいます。
脳が覚醒してしまえば、不眠からは逃れられません。
どのような事にしても、夜に考え事をするのは良くない事です。眠れなくて悩んでいる人は、夜に考え事をするべきではありません。

とは言う物の、考えるなと言われても、考えてしまうのは止められません。そこは、どうすべきなのでしょうか。

考えないための、リラックス法

心や身体がリラックスしていると、深い考え事やマイナスな思考に支配される可能性は低くなります。穏やかな心の状態、というと分かりやすいかもしれません。

そのためには、何をすれば良いか?というのは、人それぞれだと思います。
人と話す事が、リラックスする事に繋がるという事もあるでしょうし、運動で汗を流すとストレスが解消されるという人もいるでしょう。

手軽にできる、リラックス法と言えば、ぬるめのお風呂にゆっくり浸かる事です。これは、自立神経を落ち着かせるという意味でも、有効な方法です。
最近では、リラックスと睡眠を促す事を目的とした健康食品(サプリメント)も販売されるようになりました。こうした物を試してみる事も、ひとつの方法です。

個人的には、毎日決まった運動を20〜30分間、継続して行う事がお勧めです。
そんな事で根本的な問題が解決されるのか?と、不思議に考える人も多いと思います。運動はストレス発散の効果が高く、身体を疲れさせ、眠りの質を向上させる事ができる、有効な方法です。
同時に、休みの日も含めて、毎日決まった時間に起床する事。そして、同じ時間に眠る事。これだけでも、続けていけばとても効果が見込めます。

安心・安全な不眠サプリメントなら

潤睡ハーブ

潤睡ハーブ

  • 10日間の返品保証
  • 今だけの 5,980円1,980円 に割引中
  • 定期購入はいつでも解約可(解約金不要)
マインドガードDX

マインドガードDX

  • ストレス対策にも効果的
  • ネットだけで10万本以上の販売実績
  • 自然な成分のサプリメント
ネムリス

ネムリス

  • 厳選された、自然なリラックス成分
  • 不眠ケア+ストレスケア+美容効果も!
  • トリプトファンやビタミン類を効率良く