病院に行った方が良い、不眠症の症状とは

5人に1人が不眠症と言われる昨今。
専門の睡眠外来を受診し、不眠症の治療を行ったり、睡眠薬を服用している方が増えています。
その一方で、なるべくなら睡眠薬や病院にはお世話になりたくないという方が多いのも事実です。しかし、不眠症の症状が悪化すると、多くの場合、うつ病などの精神的な症状へと発展していきます。
病院を受診するべき、不眠の症状の基準は人それぞれですし、明確にこうとは言えません。
しかし、気をつけるべき兆候はあります。
病院に行った方がいい不眠症

こんな不眠の症状には要注意

  • 「昨日はいつもより、ちょっと眠れなかった。」
  • 「最近夜更かしが続いてちょっと睡眠不足。」

このくらいの不眠の症状ならば、誰にでも経験があるかもしれません。不眠症の症状は、本人の感じ方にも大きく左右されます。
本人が「まだまだ寝たりない、、睡眠薬が欲しい」と思えば、お医者さんも無理に否定することはできないでしょう。

では、気をつけるべき不眠症とはどのような症状なのでしょうか。以下を参考にされてみてください。

  • 不眠の症状が原因で、日中の仕事や学校、家事に悪影響がでるようになった。
  • 不眠の症状が原因で、毎日の生活が体力的にも、精神的にも辛く苦しい。
  • 日中ボーっとして、何をする気も起こらない。
  • 起きれない、眠れない自分に腹が立って、毎日辛く苦しい。
  • 1日に3〜4時間しか眠れないような日々が何にも続く。
  • 食欲や活力がなくなり、外出するのも億劫

上記のような症状を感じるようになったら、あまり躊躇せずに心療内科、精神科、睡眠外来などの専門医を訪ねるようにしましょう。

日常生活に支障がでるなら、それは病気

リストアップした項目に共通して言えることは、日常生活に支障を来しているか?という点です。
明らかに不眠の症状が原因で体調や精神面に異常が認められる場合や、学業や仕事に影響が出ているのなら、それは病気と考えても差し支えありません。

無理をせず、早期に病院で治療を始めて、睡眠の時間を正常な時間にシフトしていく事で、不眠症もある程度早期に完治させる事が可能です。
不眠の症状を放っておき、慢性的なうつ病を発症してしまうと、短期間で完治させる事は非常に困難です。

 管理人おすすめ – 不眠サプリのランキング

 


2014年8月7日 病院に行った方が良い、不眠症の症状とは はコメントを受け付けていません。 不眠症の原因

安心・安全な不眠サプリメントなら

潤睡ハーブ

潤睡ハーブ

  • 10日間の返品保証
  • 今だけの 5,980円1,980円 に割引中
  • 定期購入はいつでも解約可(解約金不要)
マインドガードDX

マインドガードDX

  • ストレス対策にも効果的
  • ネットだけで10万本以上の販売実績
  • 自然な成分のサプリメント
ネムリス

ネムリス

  • 厳選された、自然なリラックス成分
  • 不眠ケア+ストレスケア+美容効果も!
  • トリプトファンやビタミン類を効率良く