秋はうつ病になりやすい?不眠やだるい症状も – 対策方法は

気分が沈みがち

私個人としては、秋の空気感は大好きです。気温も心地良く、過ごしやすいですし、外を出歩きたいと思います。
しかし、同時に気をつけなければいけない季節であるという事も、よく承知しています。

秋は、気を抜くと心が沈みやすく、落ち込みやすい季節でもあります。
せっかくの心地良い季節なのに、無気力や倦怠感で台無しにしてしまいたくはありません。

気分が沈みがち

秋はうつ病になりやすい?

気分の不調、無気力、体のだるさ、不眠、、。
結論から言えば、秋はうつ病にかかりやすい季節です。これにはれっきとした理由があります。

関係しているのは、実は太陽の光です。

あなたは、脳の中に存在する「セロトニン」と呼ばれる物質をご存知でしょうか?
セロトニンは、神経伝達物質と呼ばれています。
脳の中の、縫線核と呼ばれる場所にある、セロトニン神経という場所から作り出されています。

縫線核

うつ病は、セロトニンの分泌が不足することで引き起こされると考えられています。
セロトニンは、幸福ホルモンと呼ばれているように、感情の落ち込みや、興奮を抑える効果があります。

実は、セロトニンは日中の太陽の光が少なくなる、秋の時期から冬の時期にかけて、脳の中での分泌が少なくなるのです。これは、曇り空の日、雨の日でも同じことが言えます。
天気が悪いと、なんだか気分が落ち込みがちになりますよね。これは、セロトニンの分泌とも関係しているのです。

積極的に光を浴びること

夏が終わり、日照時間が短い秋から冬にかけて、急に気分が憂うつになる。身体がだるくなったり、日中にも関わらずひどい眠気が起こる。
このような症状のことを、一般的には冬季うつ病などと呼んだりもします。

うつ病と言っても、一般的なうつ病とは違い、この症状は秋〜冬の時期が終われば自然と症状が出なくなるのが普通です。
特徴的な症状には、倦怠感、強い眠気の他にも、食欲が異常に増えるという場合もあるようです。

もし、こうした症状に心当たりがあるのなら、対策の方法はあります。それは、秋から冬にかけては、なるべく太陽の光を朝早くから浴びることです。
光があまり出ていないという場合は、最近では専用の光療法機器も販売されています。

光療法については、そうした治療を扱う心療内科や精神科などの病院にも機器が設置されていることがあります。
朝の一定の時間、強い光を浴びることによって、症状はかなり緩和されるようです。また、症状の度合いによっては、一定期間抗うつ剤を処方されることもあります。

まずは、朝早くから起床し、外を散歩するなどしながら光を積極的に浴びることから始めてみては如何でしょうか。

20代〜40代に多い疲れやすい原因は、セロトニン不足?

疲れ

20代を過ぎると、急に疲れやすくなる。特に、40代を過ぎる頃にはこの「疲れ」が酷くなっていると感じる人が多いようです。

歳を重ねれば、老化に伴ってそれだけ体に負担がかかりやすくなるのは当然です。しかし、疲れを感じやすくなる理由はそれだけではありません。

疲れ

セロトニンの不足で、疲れやすい体に

このブログでは頻繁に紹介している「セロトニン」と呼ばれる脳内物質。この物質が不足することによって、身体的にも精神的にも疲れやすい体になってしまうことが明らかになってきています。

セロトニンは、脳の中で神経と神経の間を行き来する、神経伝達物質と呼ばれる脳内物質です。
セロトニンが分泌されるのは、セロトニン神経という場所からで、実はこの神経は自律神経や筋肉、大脳の働きまで、脳全体の広い領域とネットワークが繋がっています。

縫線核

セロトニンの分泌が不足すると、うつ病の原因となる、ということはよく知られています。
これは、感情の浮き沈みがセロトニンの分泌によって、ある程度バランスよく抑えることができるためです。

しかし、感情だけではありません。セロトニンは、体の疲れやすさにも大きく関係しています。自律神経は、脊髄を通して体全体に行き渡り、様々な筋肉や内臓、心臓といったほとんどの器官を動かしています。
セロトニンは、この重要な自律神経の働きにも影響を与えています。

あなたが疲れやすいと感じるのは、セロトニンの分泌が不足し、精神面と身体面、両方が健全に作用していないからなのかもしれません。

20代を過ぎるとセロトニンが不足する?

セロトニンが不足すると、心と体の両面で疲れやすくなるということについては、理解してもらえたと思います。

この脳内物質は、実は20代を過ぎた辺りから分泌が不足する傾向が高いのです。その理由は、もちろん仕事(社会生活)に原因があります。
社会人となって仕事を始めるようになると、夜は遅い時間に帰ることが多くなります。土日は昼過ぎまで疲れて眠ってしまうことが多くなり、運動をする習慣が減ってしまう傾向があります。

こうした生活は、セロトニンの分泌が減少してしまう大きな原因となり得ます。

40代にもなると、加えて加齢により余計に運動量が減ってしまい、更にストレスの原因となる要素が増えていきます。
家族の問題や、これまでとは違った仕事の責任。老いとの戦いなど、、、数え上げればキリがありません。
ストレスも、セロトニンの分泌を妨げる大きな要因となります。

セロトニンを増やす努力は日常でもできる

だからといって、心配する必要はありません。セロトニンは、日常で意識することによって分泌量を増やすことができます。
セロトニンを増やす方法は、主に3つあります。

  1. 毎日、なるべく早起きして朝の光を浴びる。
  2. ウォーキングなど、リズムを意識した運動を心がける。
  3. ストレスを溜めないように、適度に息抜きをする。
  4. セロトニンの材料となるように、バランスよく食事をする。

見ての通り、特に難しいことをする必要はないのです。
健康的な毎日を送っている方なら、ほとんど自然に実行しているようなことばかりです。上記のような生活を毎日継続している人で、疲れやすく不健康な人は見たことがありません。
バランスの良い食事が難しいという方は、サプリメントなどを活用してみると良いでしょう。

セロトニンの材料を、サプリメントで効率よく摂取する

疲れにくい体質は、ある程度遺伝で決まると考えている人もいると思います。
確かに、セロトニンの分泌量は、遺伝や体質により多少異なります。しかし、上記のような生活を毎日心がけるだけでも、精神面、肉体面の両方に、目を見張るほどの変化が起こります。

諦めずに、3ヶ月間は先ほど書いたような生活を続けてみるようにしましょう。

眠りの途中で目が覚める人に足りない「脳内物質」とは..

眠りの途中で目が覚める

眠りの浅い人は、多くの場合、共通して脳内のある物質が不足しているという事が分かっています。
このブログでは、何度も紹介していますが、セロトニンと呼ばれる脳内物質が不足することによって、不眠の症状を引き起こしたり、不眠が慢性化する事があるのです。 「眠りの途中で目が覚める人に足りない「脳内物質」とは..」の続きを読む…

セロトニンの効果 – 身体と心に与える影響まとめ

セロトニン_太陽の光

近年、メディアを中心に注目されている「セロトニン」ですが、まだまだ正しく理解されていない部分もあるのではないかと感じます。

セロトニンが心と身体に与える影響と、その理由を簡単にまとめてみました。
セロトニン神経は、日頃からの心掛けで、健全に保つ事ができます。
正しい知識が無ければ、セロトニン効果を過剰に期待してしまったり、不要な努力をしてしまうかもしれません。 「セロトニンの効果 – 身体と心に与える影響まとめ」の続きを読む…

朝すっきり目覚めるためには、セロトニンが必要?

昔から、朝起きたらカーテンを開けて、太陽の光を浴びるように言われているのには理由があるようです。
朝から太陽の光を浴びる事で、脳の中では「セロトニン」と呼ばれる神経伝達物質が放出されます。
セロトニンが放出されると、脳内神経が活性化され、朝からすっきりとした目覚め感や、心を穏やかに保ち、ストレスのない生活を送る事ができます。 「朝すっきり目覚めるためには、セロトニンが必要?」の続きを読む…