また夜中に目が覚めてしまった..中途覚醒は治らない?

イライラ

深夜に目が覚めてしまい、もう一度眠ろうとしてもなかなか寝付くことができない。
明け方の3〜4時くらいに目が覚め、もう一度眠りにつこうとしても眠れない。

このように、熟睡したくても深夜に目が覚めてしまい、なかなか寝付けない不眠症のことを、中途覚醒と言います。
多少似ていますが、明け方早くに目が覚め、再度寝つくことができなかったり、寝つくまでに時間がかかる不眠症は、早朝覚醒と呼ばれています。 「また夜中に目が覚めてしまった..中途覚醒は治らない?」の続きを読む…

熟眠障害 – 眠っても眠っても眠い!睡眠の質が低い理由と対処法

仕事が夢に出る

熟眠障害とは、単純に言えば、しっかり眠っているはずなのに眠った気がしない。熟睡感を得られないという、睡眠障害の症状のひとつです。
睡眠時間が確保できているのでに、眠った気がしない。日中の活動に影響が出る。朝が辛い、、

こうした症状こそ、熟睡できていない。つまり「熟眠障害」に該当します。 「熟眠障害 – 眠っても眠っても眠い!睡眠の質が低い理由と対処法」の続きを読む…

睡眠ホルモンを増やす方法で、劇的に眠れる?!

朝型夜型切り替え

睡眠ホルモンは、人間の脳の中で自然に分泌される、睡眠を促すためのホルモン物質です。なぜだか寝つきが悪い、、夜中に目が覚めて眠れない。早朝に目が覚めてしまう。。

脳の中の睡眠ホルモンを増やせば、こうした症状に悩む事も少なくなるでしょう。
睡眠ホルモンの増やし方は、特別難しいことはありません。
この記事を読んで、睡眠の質をしっかり向上して貰えれば幸いです。 「睡眠ホルモンを増やす方法で、劇的に眠れる?!」の続きを読む…

早朝覚醒とセロトニン不足 – 明け方・早朝に目が覚める

早めに寝ても眠れない

遅い時間に寝ても、何故か早朝に目が覚める。
早いときは3時、4時くらいに目が覚めてしまい、そのまま眠れない。。
こうした不眠症状の事を、早朝覚醒と呼びます。比較的、高齢者の方に多い症状とされています。
若い方で早朝覚醒に悩んでいる場合は、ストレスや身体的な不調等の原因が考えられるので、注意が必要です。
「早朝覚醒とセロトニン不足 – 明け方・早朝に目が覚める」の続きを読む…

免疫力を高める、メラトニンの効果

胸腺

仕事が忙しい日が続き、徹夜をした次の日に急に体調を崩す。

そんな経験は誰にでもあると思います。それまでは一生懸命に頑張っていたけれど、徹夜明けに急に風邪をひいたりするのは、もちろん疲れているせいもあるかもしれませんが、免疫力を高める脳内物質、メラトニンが不足している可能性もあります。
「免疫力を高める、メラトニンの効果」の続きを読む…