「アルコールがないと眠れない」は嘘?!安全に眠れる方法は

アルコール

仕事を終えて、大好きなビールや焼酎を飲むのは至福のひとときですよね。気が付けば朝だった、などというエピソードも、時には微笑ましいものです。

しかし、アルコールを「楽しみ」ではなく、「眠るための手段」として利用していませんか?そのような方は、案外多く存在するようです。
つまり、「酒は百薬の長と言われているし、飲んで眠れればそれでいいじゃないか」と安易に考えている人が多いのでしょう。

でも、それは果たして真実でしょうか?

ここでは、「アルコールがないと寝付けない」と悩んでいる方に、飲酒が引き起こす重大な危険性を交えながら、その対処方法をアドバイスしていきます。

アルコール

アルコールでよく眠れるというのは、実は嘘?

ある統計によりますと、日本人はアルコールを不眠解消の手段として用いる割合が高いのに対して、医師に相談に行く割合は低いという結果が出ています。

アルコールは、少量であれば覚醒水準調節作用があります。その作用というのは、興奮状態にあれば沈静作用をもたらし、抑うつ状態であれば興奮作用をもたらします。簡単に言えば、緊張を和らげたり、憂うつ感(嫌なこと)を忘れさせたり、気分を良くしてくれるというわけです。
こう聞くと、聞こえは良いです。しかし、問題なのはアルコールで眠ろうとするためには、大量摂取しなければならないということです。加えて、就寝前に飲酒すると深酒となり、アルコール耐性を形成しやすくなります。

分かりやすく言えば、徐々に飲酒量は増加する一方で、最終的にはアルコール依存症となる。さらには、不眠も解消できなくなる(もしくは悪化する)という最悪のケースへと歩みを進めているわけです。

「毎日お酒を飲んで眠っているけれど、そんな問題は起こっていない..」

と、言いたい気持ちは分かります。
しかし、アルコールで眠ることが習慣化していくと、ある時期から飲酒の量が増え始めたり、依存度が増していくことになるでしょう。それは、仕事のストレスや人間関係がきっかけとなるかもしれません。

ほんのたまに、軽い晩酌をする程度なら問題はないと思います。ですが、毎晩のようにお酒を飲むことが習慣化しているのなら、注意するに越したことはありません。

あくまでもお酒は楽しみの範囲内で

アルコール

アルコールには、麻酔薬と同じような作用があり、中枢神経を麻痺させます。

つまり、お酒で眠っているというのは、実は本当の眠りではなく、意識を失っている状態に近いのです。また、睡眠は脳と身体を休息させることが目的ですが、過剰なアルコール摂取をすれば、肝臓などの器官は絶えず働き続けなければなりません。

肝臓疾患はよく「サイレントキラー」とも呼ばれます。これは、あまり自覚症状がなく、気付いた時には重篤な状態になっている場合が多いからです。
また、アルコールは利尿作用が強いので、何度もトイレに起きるようになり、結果的に睡眠不足になるのです。

ですが、お酒はモチベーションを維持する手段の1つでもあり、人間関係の潤滑油の役割を果たす時もあります。全てを否定するわけではありません。
ですから、就寝前の少なくとも2時間前には飲酒を切り上げ、脳と身体が十分に休める状態を自らで作り上げましょう。

そして、どうしてもお酒がないと眠れないと言う方は、早い段階で医師に相談すべきです。

睡眠薬は飲んだ方がいい?どうしても眠れない時

薬

さまざまな原因が絡み、どのような方法を試しても睡眠が充分に取れない、と悩んでいる方も多いのではないでしょうか。
睡眠は、日常生活を維持するために欠かせないものです。そのために、こういったケースでは、薬物療法も1つの選択肢になります。

薬

ストレス社会と呼ばれる昨今、睡眠障害に悩まされている人は、決して少数派ではありません。ただ、実際に病院で睡眠薬(入眠導入薬を含む:以下同様)を処方されているにも関わらず、抵抗感を示している方もいると思います。

ここでは、そのような方に睡眠薬とは何か?という解説を交えながら、アドバイスをしていきます。

睡眠薬にはどんな種類があるの?

はじめに、ご自身が服用されている睡眠薬は、一体どのようなものなのか?ということについて、知っておく必要があります。
睡眠薬は、大きく分類すると以下のような種類に大別できます。

  1. バルビツール酸系
  2. ベンゾジアゼピン系
  3. 非ベンゾジアゼピン系
  4. メラトニン受容体作動薬
  5. オレキシン受容体拮抗薬

現在、病院で処方薬として出されているものは、上記の2,3のが大半です。ここでは、この2つの睡眠薬について簡単に説明します。

まずベンゾジアゼピン系の睡眠薬についてですが、催眠作用はバルビツール酸系ほどではありません。効力はそれなりに強いですが、安全性も比較的高い薬と言われています。処方例として、ハルシオン(一般名:トリアゾラム)などが挙げられます。

次に、非ベンゾジアゼピン系です。作用の強さは、ベンゾジアゼピン系と同程度で、こちらも安全性が高い薬物として承認されています。
処方例としては、マイスリー(一般名:ゾルピデム)などが挙げられます。内科でも処方される場合がありますが、基本的には心療内科や精神科が多いようです。

抵抗感があって飲めない時は、どうすればいい?

個人差はありますが、一般的に睡眠薬には習慣性があると言われています。ですから飲まずに眠れるようになるのが本当は一番ベストです。特に、精神的な問題が背景にある場合は、考え方を変える(認知療法)、リラックスする方法を実践する(自律訓練法など)を実践してみることもお勧めできます。

しかし、先にも述べたように、日常生活に大きな支障が出るレベルの問題が起こっているのであれば、睡眠薬の助けを借りる方法も考えるべきでしょう。
くどいようですが、それでも睡眠薬の力を借りずに済む方法を実践できるのであれば、これに越したことはありません

なぜ、睡眠薬が必要か

疑問

なぜ、習慣性のリスクがある睡眠薬に頼った方が良い時もあるのか。その理由は、先ほど述べたような認知療法自律訓練法など、安全で根本的な治療は、時間がかかるからです。
他にも、生活習慣や睡眠のリズムを正しく保つ努力というのも、やはり時間がかかります。現実の生活を維持しながら、こうした努力を重ねるというのは、時には大きな負担になる場合があります。

眠れない状態が長く続くと、体力や精神力が衰え、やがては「うつ病」などの大きな病を引き起こす危険性も危惧されます。こうした状況は、一刻も早く改善すべきです。
ですから、時には睡眠薬に頼り、ひとまず眠りを確保する必要があるのです。

「納得した上での服薬」が大切な理由

それでも不安を感じている場合は、セカンドオピニオンを求めるというのも、1つの方法です。ただし、充分な説明を医師から受け、自分自身が納得した上で服薬すべきです。

服薬すべきかどうかで悩んでいる人は、根拠を明確に提示されないままに処方されているパターンが少なくありません。睡眠には、心理的作用も大きく関与しています。不安を抱えたままでは、薬の効果を実感することができない場合が実際にあるのです。

また、睡眠薬には習慣性があると書きました。睡眠薬は根本的な不眠治療ではありません。
自分なりに不眠を改善する工夫は、継続するようにしましょう。そうすれば、睡眠薬に頼らずに眠れる生活を取り戻せる確率が上がります。

「睡眠薬は依存しない」はやっぱりウソだった?

薬

私の家族は、私も含め、両親も(そして祖母までも)睡眠薬を毎日服用しています。私は最近になって、ようやく睡眠薬を断つことができましたが、未だに家族は薬をやめることができません。

特に薬の服用がやめられないのが、母です。

60歳を過ぎた母は、もうかれこれ5年以上、毎日欠かさず睡眠薬を服用しています。今でも2週間に1度、病院に通っては睡眠薬を処方してもらっています。5年間で睡眠薬だけに20万円以上は支払い続けている計算になります。

余談ですが、私たち家族全員の睡眠薬の購入費を換算すると、50万円くらいにはなる計算です。文字通り、薬漬けの状態です。

薬

「睡眠薬は依存しない」はやっぱり嘘?

こう書くと、医療関係者の方に怒られるかもしれませんが、実際に薬を服用している人達を見てみれば明らかです。
現在、日本で主流となっているのは、マイスリーハルシオンなど、ベンゾジアゼピン系非ベンゾジアゼピン系と呼ばれる部類のお薬です。これらの薬は、安全性が高いと言われているはずの薬です。
また、依存性が少ない薬として紹介されることが多い薬でもあります。

しかし、実際には、これまでにも説明してきた通り、これらの薬は長期間の服用により依存を形成する薬なのです
ですから、薬の添付文章には、長期間の服用をしないようにと書かれています。

実際に、私が長期間服用していた「マイスリー」の添付文章にも、以下のように書かれています。

マイスリー添付文章

画像:マイスリー 添付文章

継続投与を避け、短期間に留めること。これが、この薬の重要な注意事項です。
繰り返しますが、マイスリーは多くのお医者さんが「依存性のない、安全な薬」と言って処方しているお薬です。

なぜ継続して服用してはいけないのか?それは、習慣性(依存性)があるからです。これも、添付文章にはっきりと記載されています。

疑いたくはないけれど、、

私の友人に、看護婦として病院に勤務する30代の女性がいます。彼女も、病院の夜勤という仕事に勤務する特性上、不眠に悩み、彼女自身が働く病院で睡眠導入剤を処方してもらっています。

そしてやはり、薬の依存性に悩み、苦しんでいるのです。病院に勤務する医師や、薬剤師の方でも、実際に使用してみればこうした薬に依存性があることはすぐに分かるはずです。

そして、何よりも薬の説明にもそのように書かれています。

私の母や、私にしてみても、もし薬を使用する前に依存性があると知っていれば、こんなに睡眠薬に依存することは無かったと思います。
安全な薬だし、依存性がない。そう聞いていたから、安心して服用していたのです。

誰だって、自分の健康を預ける医師を疑いたくはありません。
疑いたくはないけれど、薬を処方していれば、病院が儲かることくらいは知っています。もし、薬を全く処方せずに、根本的な治療法があるのなら、病院が儲からないということも分かります。

いずれにしても、私は自分で調べ、自分で不眠を解消することができました。3年ほど睡眠薬を服用していて思ったことは、この薬は依存性があり、気分を憂うつにしてしまう薬だということです。
もう、睡眠薬だけは一生服用しないと決めています。

ストレスで眠れない夜の対策方法 – 薬は良くない?

眠れない

あまり大々的に報じられることもないので、いまいちピンときませんが、今や日本では、不眠症が国民病のひとつとも言える状況です。
国民の4人に1人は寝つきが悪い、夜中に目が覚める等の、睡眠の問題に悩まされているという統計データがあります。

眠れない

ストレスで眠れない夜が増えている?

不眠に悩む人が増えている背景には、いくつかの原因が考えられます。
時代の流れによって、夜の時間に働く人逹が増えたこと。眠らずに過ごすための環境が整ったことも、大きな要因です。

しかし、日本が不眠大国になった大きな原因として「ストレス」の問題を無視して考えることはできません。

日本人は、もともと気質的にストレスを感じやすい性格です。これは、欧米諸国の人と比べてみても、遺伝子の構造からそのような違いがあるとされています。
ストレスは、不眠症に直結する問題です。人は、ストレスを抱えたまま眠りにつくことはできません。

私たちの中枢神経は、少しでもストレスを抱えていると、眠れないようにできているのです。
仕事の問題や、人間関係。どのような理由にしろ、不安や悩み、イライラといった感情は、自立神経を刺激してしまいます。これは、昼間に脳が覚醒している状態と同じ状態を作り出してしまうのです。
脳は眠りにつくどころか、余計に考え事をしてしまったり、体の筋肉を硬直させてしまったりします。夜中や早朝に目が覚めるのも、同じことです。

安易に睡眠薬に頼ることの危険性

薬の危険性

あなたが眠れない原因が、もし「ストレス」にあるのなら、安易に薬に頼ることはおすすめできません。
ブログでは何度も説明してきているように、私自身(そして私の両親も)長年に渡って、安全と言われた睡眠薬を服用し続けていました。その結果、様々な問題が身体・精神面の両方で起こるようになってしまったのです。

ストレスや不安、悩み事で眠れない場合、病院で処方される睡眠薬は、気持ちをリラックスさせて眠らせるものが処方されます。
今、日本で処方される睡眠薬のほとんどは、こうした「向精神薬」と言われる、精神に影響するお薬です。

こうしたお薬は、一般的に考えられているよりも依存度が高いのが普通です。
実際に、お医者さんが安全だと言ったお薬でも、やめられずに苦しんでいる方は、私たちだけでなく、多くいらっしゃいます。

より安全な対策方法とは?

当然と言えば当然ですが、ストレスで眠れない場合の対処方法は、ストレスの原因となるものを取り除くことが最も有効です。
しかし、ストレスの元凶となる対象が、目の前から簡単に居なくなることはまずありません。
ストレスの原因となる、会社や学校をやめてしまうというのも、現実的にはなかなか難しいことです。すぐに決断できるようなことではないでしょう。

しかし、よく考えてみればストレスのない生活なんてまずあり得ません。どこに居ても、小さいか大きいかは別にしても、何かしらのストレスを感じるものです。
ストレスを全て取り除こうとしても、それは不可能です。
しかし、ストレスを溜め込まないように努力することはできます。やるとやらないでは、結果が全く変わってきます。

例えば、毎日必ず運動をするように心がけてみてください。
様々な研究によって、1日30分程度の運動によって、ストレスのかなりの部分が解消されることが分かっています。
他にも、休みの日の過ごし方が充実していれば、それだけで大きなストレス発散になります。

何もしないで過ごす。ストレスを感じていることを考え続ける。こうした行動は、ストレスを余計に溜め込み、憎大させます。
ストレスは、その都度意識して発散させることが重要なのです。これは、地道な生活習慣によって大きく改善できるものです。

安易に薬(睡眠薬や精神安定剤など)に頼っていては、いつまでも根本的な問題が改善されず、むしろ悪化してしまいます。
臭いものに蓋をし続けても、一向に問題の解決にはならないのです。

根本的な不眠対策に、安全なサプリメントとは

睡眠薬は、見た目も精神も「老ける」という噂の根拠は?

老ける

睡眠薬を服用し続けなければ、夜は満足に眠れない。そのため、昼間に活動しようとしても、疲れてしまう。
このように、意識するかしないかは別としても、睡眠薬は日中の活力の元になると考えている人が多くいることは確かです。特に、中高年の方には多いように思います。

しかし、睡眠薬(睡眠導入剤)が良くないものであるという事は、少し調べればすぐに気が付くはずです。
依存性や離脱症状など、最近では睡眠薬の処方についての規制が厳しくなり、危険性についての認識も広がってきています。

副作用で「顔が老ける」?

老ける

睡眠薬の副作用についての「噂」の中に、「顔が老ける」というものがあります。服用している人の話をまとめてみると、以下のようになります。

  1. 睡眠薬を服用し続けると、顔がたるんで老けて見える。
  2. 睡眠薬を服用し続けると、体内のホルモン分泌が代わり、老ける。
  3. 睡眠薬を服用し続けると、精神的に疲れやすくなる。
  4. 睡眠薬を服用し続けると、身体的に疲れやすくなる。

私自身、そして私の両親ともに、長年睡眠薬を服用し続けてきました(私はもう、怖くてやめましたが)。

その経験から言えることですが、上記の4つのことは、確かに当てはまります。また、個人的には上記には入れませんでしたが、「忘れっぽくなる」「考える力が弱くなる」といった傾向もあるように感じます。

そうして考えてみると、睡眠薬を継続して服用し続けると老けるというのは、あながち間違った話ではないと思います。

精神と身体に影響を与える睡眠薬

現在使われている主な睡眠薬には、ベンゾジアゼピン系非ベンゾジアゼピン系と言われるものです。
毎回説明している通り、これらの薬は中枢神経と呼ばれる思考や感情を制御する中枢に働きかけます。そして、お酒をたくさん飲んだ時のように、穏やかで心地よい気分を作り出し、眠りを誘います。簡単に言えば、脳に麻酔をかけているようなものです。

私が使用していたマイスリー、ハルシオンといった薬も、同様の原理で効果を発揮する薬です。しかし、こうした薬を長く服用していると、自身で感情をコントロールすることが難しくなるのです。
睡眠薬の成分は、精神安定剤や抗うつ剤の成分と全く変わりません。服用期間が長くなるほど、危険性は増えていきます。

身体的には、筋弛緩作用があります。薬が作用すると、全身の筋肉が緩んでしまうので、力の入らない締まりのない表情にもなります。
また、長く服用していると、自立神経にも悪影響を与えます。常に全身のだるさ、疲れを感じるようになってしまうのです。

睡眠薬と「老い」を早める健康の問題

薬

ここまで述べてきたように、睡眠薬を長期間服用しているということは、それ自体に老いを早めてしまう要因が多く隠されています。
精神的な快活さを失い、身体的にも疲れやすくなる。そして、何よりも薬をやめることができなくなってしまうのです。

睡眠薬を完全に否定するつもりは全くありません。しかし、睡眠薬はもともと長期間の服用が推奨されていない薬です。
眠れないのなら睡眠薬に頼れば良いという考えは、「老い」を早めてしまうだけです。

睡眠に問題があるのなら、生活習慣をしっかりと見直すことから始めるようにすべきです。