どうしても意欲が湧かない日 – 今すぐ神経を切り替える方法

朝の時間

仕事にしても、学習にしても、何をするにしても「意欲(モチベーション)」が生活に与える影響は計り知れません。

泣いても笑っても、1日は24時間、1年は365日しかありません。意欲がないままダラダラと仕事や学習、家事をただこなすだけでは、貴重な人生にとって、損失は計り知れません。
なにより、意欲が無ければ、本人が何をやっていても楽しく感じないはずです。 「どうしても意欲が湧かない日 – 今すぐ神経を切り替える方法」の続きを読む…

ポジティブになれる食べ物 – 噂のセロトニンって?

ストレス

何をやっても、「自分はダメだ」「きっと未来に良い事なんて無い」と、自分を卑下してばかりな人を見かける事があります。
こうしたマイナス思考は、遺伝的な要素が大きく関わっているという事は、研究でも明らかにされています。
しかし、遺伝が関係しているからと言って、一生ポジティブな性格にはなれないのかと言うと、そんな事はないようです。
「ポジティブになれる食べ物 – 噂のセロトニンって?」の続きを読む…

精神科医から見た「セロトニン」の減少 – うつ病の適薬とは

不眠_病院で治らない

現代を生きる人にとって、避ける事のできないストレス。
神経伝達物質であるセロトニンは、ストレスや不安感を抑制し、うつ病の治療や改善に重要な役割を果たすと考えられています。

セロトニンと聞くと、様々な精神・身体の不調や改善に効果あるとされ、万能薬のようなイメージを持っている方も多いと思います。
事実とかけ離れたような、突拍子もない噂話が出ると、セロトニン自体の信憑性を疑ってしまいそうになります。 「精神科医から見た「セロトニン」の減少 – うつ病の適薬とは」の続きを読む…

夜になると心が不安定になる – 穏やかな気持ちになる方法

夜になると不安定

夜になると、心が不安定になって、眠れない。
特に「眠れなかったらどうしよう」と考える事で、心が不安定になる。。
これは、精神生理性不眠と言われる症状です。

他にも、考えたくもないのに将来の事や仕事の事を考えてしまい、不安で眠れない。
明日の予定が頭の中に浮かび、緊張して寝付く事ができない。。など。 「夜になると心が不安定になる – 穏やかな気持ちになる方法」の続きを読む…

ネガティブ思考は克服できる!

ネガティブ思考

どれだけ意識しても、1度ネガティブな考えが頭の中を支配してしまうと、なかなか消えてくれる事はありません。

日本人は欧米人に比べてネガティブな思考の人が多いという事実を知っていましたか?これは、ある遺伝子の研究に基づいた確かな事実です。 「ネガティブ思考は克服できる!」の続きを読む…