ドーパミンとセロトニン – 心のバランスを保つために

ドーパミンとセロトニン、穏やかな心を保つには

脳は、社会で生きて行く為に必要な「モチベーション=動機づけ」を行う為に、ある神経を備えているそうです。

それが「報酬系」とも呼ばれる神経。ドーパミン神経のことです。
このドーパミン神経は、心や感情に密接に関連する脳領域に伸びています。
きっと、聞いた事のある人も多いのではないでしょうか。

ポジティブな気分を作るドーパミン

ドーパミンは、人の心に強い「心地良い感情」を与えることで知られています。

例えば、ゲームで勝った時や、テストで良い点をとった時、昇進した時の、舞い上がるような心地良い感情がそれに当たります。
何かに勝利した時や、何かを手に入れた時の「心地良い感情」。これが「報酬系」とよばれるドーパミンの正体です。
このドーパミンが、セロトニンとどのように関係するかについては、後ほど紹介いきます。

まずは、ドーパミンがもたらす「悪い面」について紹介しておきたいと思います。

行き過ぎた快の情動..

ドーパミンは、仕事や勝負事、競争において「動機づけをしてくれる」。
つまり、モチベーションを上げてくれるという意味では、とても大切な役割を果たす物質であると言えます。

ただし、この「心地良い感情」に囚われすぎると、良くない結果を招きます。
一例を挙げると、ギャンブル依存症や、アルコール・ニコチン依存症過食などもこれに当たります。

意外かもしれませんが、ドーパミンによる心地良い感情のひとつに「美味しいものを食べた時に出るもの」もあるそうです。
獲物を手に入れたい、という感情に近いのかもしれませんね。。

もっと意外なところでは、異性を「自分の物にしたい」という欲求も、ドーパミンによる1つの作用だそうです。

欲求が止まらない

あなたにも心当たりがありませんか。
どうしても我慢できない、という事。

パチンコや競馬を止めたいのに「きっと勝てる」「儲ける事ができる」という感情で、またやってしまった。

これ以上食べると、また太ってしまうと分かっていても、大好きなスイーツを食べてしまう。

いけないと分かっていても、浮気心が芽生えてしまう。

こうした感情は、単純にドーパミンによる、快の感情による操作だと気付くと、納得がいくのではないでしょうか。
また、麻薬や喫煙などへの依存も、このドーパミンによるものだと考えられています。
いずれも、ドーパミンを刺激して心地良い感情を作り出す作用があるのです。

ただし、ドーパミンによる「快楽」は、慣れてしまうと、「快楽が無くなる事」を心地悪く感じるようになります。
この事は、麻薬による依存を考えれば分かりやすいと思います。

セロトニンが心のバランスを作り出す

では、止めたくても止められない。または、ドーパミンによる、異様な高揚感。ポジティブ過ぎる感情。。

こうした気持ちはどうすればコントロールできるようになるのでしょうか。
その答えの1つが、セロトニンなのです。

セロトニンが不安やイライラなどの感情を抑制してくれ、うつ病などの心の病に効果があるという事は、良く知られています。
同様に、セロトニンは極端にポジティブな感情や、舞い上がるような感情を、ある程度抑制する作用があるとされています。

セロトニン神経を鍛えるという事は、うつ病の改善などだけでなく「強い心」や「穏やかな心」を作り出す為に重要な役割を果たすようです。

最近では、セロトニンの材料となる必須アミノ酸、トリプトファンを効率的に摂取する為のサプリメントも販売されています。
日本製で安全性の高いサプリメントを以下にまとめていますので、参考にされてみてください。

 セロトニンを増やすサプリメント – おすすめランキング

安心・安全な不眠サプリメントなら

潤睡ハーブ

潤睡ハーブ

  • 10日間の返品保証
  • 今だけの 5,980円1,980円 に割引中
  • 定期購入はいつでも解約可(解約金不要)
マインドガードDX

マインドガードDX

  • ストレス対策にも効果的
  • ネットだけで10万本以上の販売実績
  • 自然な成分のサプリメント
ネムリス

ネムリス

  • 厳選された、自然なリラックス成分
  • 不眠ケア+ストレスケア+美容効果も!
  • トリプトファンやビタミン類を効率良く