不安や憂うつの改善

脳のセロトニンが不足する事で引き起される、最も有名な症状と言えば、うつ病を始めとした心の病ではないでしょうか。睡眠のリズムや不規則な生活習慣によって引き起される、セロトニン神経の不調に引き起されるこうした症状。
1度このような症状に陥ると、余計に不眠や不規則な生活が悪化してしまい、症状が酷くなってしまいます。

関連カテゴリ 一覧

 うつ病とセロトニン

セロトニンの分泌が不足する事で、うつ病やパニック障害などの心の病を引き起こします。セロトニンがどのような物質で、なぜうつ病を引き起すのか。記事にまとめています。

 

 憂うつ感の原因

うつ病とまではいかなくとも、毎日の生活が憂うつで、何をしても楽しくない。こんな症状に悩む方は、セロトニン不足の症状に当てはまる可能性も考えられます。

 

 ストレスの原因とセロトニン

ストレスが、セロトニン神経を弱らせるということはご存知でしょうか。更にやっかいなのは、脳のセロトニンの濃度が少なくなる事で、余計にストレスへの耐性が弱くなってしまいます。こうした悪循環に陥ると、うつ病のような病気を発症しやすくなるので要注意です。

 

 平常心を作り出す、セロトニン

セロトニンが恒常的に高い人の特徴として、何事にも動じず、平常心を保てる心境です。セロトニンには、極度の不安や舞い上がるような感情を抑制する働きがあるためです。

 

 不安の原因

不安で眠れない。常に何かに不安を抱えているのは、もしかすると、セロトニン神経が弱っているからかもしれません。私自身の体験も踏まえつつ、普段の生活から不安を取り除く方法を探っていきたいと思います。

 

 セロトニンを増やすサプリメント

不安や憂うつ感に対処する為には、脳のセロトニン神経を鍛え、常にセロトニン濃度を高く保つ事です。最近では、セロトニンを増やす為のサプリメントも多く販売されています。個人的におすすめなサプリメントを、実際に試しながら紹介していきたいと思います。

 

 身体がだるい・疲れやすい理由

憂うつ感や、不安な症状が続くと、心だけではなく、身体にも悪影響を与えます。「隠れうつ」に代表されるように、病院でも原因が特定されにくい症状に、身体のだるさや疲れやすい、といった症状があります。