不安感を消す方法 – 将来の不安で眠れない時

布団に入ると、考えたくもないのに将来の事を考えてしまう。
このままで大丈夫なのか?今の仕事で先々大丈夫なのか?
私の人生はこのままで良いのだろうか..

考えたくもない事ばかりを考えてしまい、結局、何時になっても眠れない。
..こんな事、本当は考えたくもないのに。
不安感を消す方法

真面目な人にこそ多い、不安感の症状

一般的に、真面目で神経質な人ほど、こうした性格の傾向が強いという事は言うまでもありません。
特にうつ病の初期の症状として、不安感や憂うつ感で眠れないという症状があります。もし、何日も同じような症状で眠れない日が続いているようなら、注意が必要です。
うつ病の方は、ほぼほとんどの人が不眠症を併発していると言われるほどです。

セロトニンが不足する事で起こる、不安の症状

なぜ、考えたくもないのに将来の事を考え、不安になったり、過去の反省ばかりをしてしまうのでしょうか。

原因として考えられている理由の1つが、脳内神経伝達物質である、「セロトニン」が不足することです。
近年、不安や憂うつ感の解消に役立つとして注目されている脳内物質、セロトニン。
一体何故、セロトニンが不安の解消に高い効果があると考えられているのでしょうか。

ノルアドレナリン神経が不安を作り出す

人の脳の中でも、不安を作り出す神経として考えられているのが、ノルアドレナリン神経と言われる神経です。この神経は、脳の機器回避機能を担う神経と考えられています。
危険を回避する為に、不安感や恐怖を作り出す為の神経です。
必要以上に危険や不安感を感じたり、恐怖を感じたりするのは、このノルアドレナリン神経が過敏になっている為とも考えられます。

しかし、この神経が過敏に働き過ぎると、うつ病や不安神経症、パニック障害などの、極端に不安を感じる症状を引き起こします。

セロトニン神経の役割は、この危機回避の神経である、ノルアドレナリン神経を適度に抑制する事です。
極端に不安感が強い人や、緊張感や恐怖感が強いという方は、セロトニンの分泌濃度が低いと考えられています。
うつ病やパニック障害の原因も、セロトニン不足が関係しているとされています。

セロトニンを増やす方法

セロトニンは通常、毎日の継続的な運動や規則正しい食生活を行う事で、分泌を促す事ができると考えられています。
普段から睡眠時間が不規則であったり、食生活のバランスが整っていないと、セロトニンを作り出す神経「セロトニン神経」が弱ってしまい、神経伝達物質であるセロトニンの分泌が減少してしまうそうです。

毎日の運動や、規則正しい生活は、不安感を消し去る為にも非常に重要な方法です。
最近では、セロトニンを増やす為のサプリメントも販売されていますので、活用すると良いと思います。

 セロトニンを増やすサプリメント – おすすめランキング

安心・安全な不眠サプリメントなら

潤睡ハーブ

潤睡ハーブ

  • 10日間の返品保証
  • 今だけの 5,980円1,980円 に割引中
  • 定期購入はいつでも解約可(解約金不要)
マインドガードDX

マインドガードDX

  • ストレス対策にも効果的
  • ネットだけで10万本以上の販売実績
  • 自然な成分のサプリメント
ネムリス

ネムリス

  • 厳選された、自然なリラックス成分
  • 不眠ケア+ストレスケア+美容効果も!
  • トリプトファンやビタミン類を効率良く