睡眠障害の原因は、うつ病?

うつ病の患者さんのほとんどの方が、不眠症(睡眠障害)に悩んでいるという事実を知っていましたか?
逆もまたしかり、です。自分がうつ病であるという事は、なかなか気付きにくい物ですが、睡眠障害はすぐに自分で自覚が出来る症状です。
睡眠障害_うつ病
眠れない症状に悩んでいる方に知っておいて欲しい事は、もしかして、うつ病の初期症状ではないか?「隠れうつ」と呼ばれる病気ではないか?
という事を、1度疑ってみるという事です。

本当に、眠れないだけ?隠れうつの症状

最近は、うつ病についての知識も広がり、心療内科や精神科を受診する事も、敷居が低くなっているように感じます。

ここで少し、私の話を書くと、元々、神経質で寝つきは良くない方でした。
しかし、ある時期を境に、極端に眠れない症状に悩むようになりました。丁度、転職や実の母の病気など、普段は経験しないような悪い事が度々重なったことが1つ。

もう1つの原因は、休日に不規則な過ごし方をするようになったことだと思います。
眠れない、と言っても、勿論まったく眠れないというわけでは無かったのですが、それでも11時過ぎに布団に入って、やっと寝付けたのは深夜の3時〜4時。朝
起きる時間は、だいたい6時半か7時くらいだったので、実質寝ていたのは、2〜3時間くらいだったでしょうか。

その短い睡眠時間の中でも、何度も目が覚めたり嫌な夢ばかり見るので、ほとんど眠った気がしないのです。
もちろん、朝はぐったりしていて、とても仕事に集中できるような状態ではありませんでした。

原因の分からない身体症状

この頃から、不眠症に伴って、原因の分からない妙な症状に悩むようになりました。

  • ほぼ毎日繰り返される頭痛
  • 喉の乾きや、喋りにくさ
  • 耳に膜が張ったような感じ
  • 異様な肩の凝りや、痛み

喉の乾きや、耳に膜が張ったような感触は、耐えられずに耳鼻科に行き、診てもらいました。
空気を通してみたり、薬を処方してもらったり、色々と手を尽くしてもらいました。それでも結局のところ、耳鼻科医が首をかしげるくらい、全く治らなかったのです。

自分の不眠症を疑ってみる

後になって知ったのですが、「隠れうつ」と言われる症状は、このような原因不明の身体症状を伴うそうです。
その後、心療内科で軽度のうつ病と診断されたのですが、不眠症が始まった頃に、すぐにうつ病の治療や対策を始めていれば良かったと考えています。

原因不明の身体症状は、うつの症状(不安や恐怖、イライラ)が消えていくと共に、治まってくれたからです。

不眠症は、当初睡眠薬に頼っていましたが、今は睡眠サプリメントだけで充分眠れています。
私は、不眠症とうつ病は紙一重だと考えています。特に、不安で眠れない時は、「隠れうつ」などの、軽度のうつ病を疑ってみてください。

 管理人おすすめ – 不眠サプリのランキング

 

安心・安全な不眠サプリメントなら

潤睡ハーブ

潤睡ハーブ

  • 10日間の返品保証
  • 今だけの 5,980円1,980円 に割引中
  • 定期購入はいつでも解約可(解約金不要)
マインドガードDX

マインドガードDX

  • ストレス対策にも効果的
  • ネットだけで10万本以上の販売実績
  • 自然な成分のサプリメント
ネムリス

ネムリス

  • 厳選された、自然なリラックス成分
  • 不眠ケア+ストレスケア+美容効果も!
  • トリプトファンやビタミン類を効率良く