不眠を解消する、お風呂の入り方 – 理想的な温度と時間

お風呂のリラックス効果や、体温を下げる作用をうまく利用することで、睡眠を促し、眠りにつきやすい効果を得る事ができます。
ちょっとしたコツを心掛けるだけで良いので、不眠に悩んでいる方は参考にしてみてください。

寝る前のお風呂

体温を下げる事で、眠くなる?

体温は、睡眠と深い関係があります。眠気は、体温が下がる事で強くなっていきます。
体温と言っても、身体の中の温度『深部体温』と呼ばれる体温を下げる事で、人は眠気を感じるようになるのです。

深部体温を下げる為に効果的な方法が、ぬるめのお風呂に入る事なのです。
お風呂に入ると、普通は体温が上がるのでは?と不思議に思う方も多いと思います。しかし、実際は、血液の流れが良くなる事で、身体の外に熱を逃がしやすくなるのです。

暖かいお風呂に入って、血行を良くすれば、自然と身体の外に熱が逃げていき、眠気を感じるようになるのです。

お風呂に丁度良い温度と時間

血液の流れを良くし、深部体温を下げる為に丁度良いくらいの時間は、20分くらいが良いと言われています。
あまり長くお風呂に入り過ぎると、逆に深部体温が上がり過ぎてしまうためです。
また、お風呂の温度が熱すぎても、深部体温を上げ過ぎてしまいます。

交感神経と副交感神経の作用

身体の様々な器官をコントロールしている神経には、交感神経と副交感神経があります。
交感神経は身体の動きを活発にし、副交感神経はリラックスしたり、睡眠のために心拍をゆっくりにしたりする神経です。

熱過ぎるお風呂は交感神経を活発にさせてしまい、寝つきを悪くしてしまう働きもあります。
お風呂の温度は、熱くても40度くらいまでにしておくと良いでしょう。

眠りにつく1時間前がちょうど良い

就寝直前にお風呂に入ると、身体がほてって寝付けなくなる事があります。
遅くとも就寝の1時間前にはお風呂を済ませるようにしましょう。

 管理人おすすめ – 不眠サプリのランキング

 

安心・安全な不眠サプリメントなら

潤睡ハーブ

潤睡ハーブ

  • 10日間の返品保証
  • 今だけの 5,980円1,980円 に割引中
  • 定期購入はいつでも解約可(解約金不要)
マインドガードDX

マインドガードDX

  • ストレス対策にも効果的
  • ネットだけで10万本以上の販売実績
  • 自然な成分のサプリメント
ネムリス

ネムリス

  • 厳選された、自然なリラックス成分
  • 不眠ケア+ストレスケア+美容効果も!
  • トリプトファンやビタミン類を効率良く