不眠は生理現象?年を取ると眠れないのは仕方がない..

季節の変わり目になると、体調を崩しやすくなります。
身体の調子が悪くなる人も多いでしょうが、それだけでなく、意外に多いのが、睡眠への影響です。
これまでは良く眠れていたのに、季節の変わり目から、突然不眠の症状を引き起こすケースもあります。

特に、年齢を重ねる毎にこうした症状は酷くなるものです。
これは、人間の身体が自然とそうなるようにできている、という事も原因の1つとして考えられます。

不眠を引き起こすと、高い確率で心の状態にも影響を及ぼす事が分かっています。
うつ病の患者さんのうち、約9割にも及ぶ方が不眠に悩んでいるとされています。不眠が続くと、自然と日中の意欲や、活動的な気分を妨げるのです。

しかし、なぜ歳をとると不眠の傾向が強くなるのでしょうか。

不眠_年齢

「睡眠ホルモン」と不眠の関係

このブログでも、何度も紹介している、神経伝達物質「セロトニン」
セロトニンが作り出す、「メラトニン」は、睡眠の質を左右する、「睡眠ホルモン」と呼ばれる物質です。

メラトニンは、夜の時間になると、人間の体内でセロトニンを材料にして作り出される物質です。メラトニンが作り出されることで、暗くなると眠気を感じ、睡眠中もぐっすりと、質の高い、「深い睡眠」を得ることができるのです。
実は、この睡眠ホルモン「メラトニン」について調べていくと、なぜ歳をとると眠れなくなるのか?という疑問が解けていきます。

なぜ歳をとると眠れない?

歳をとると眠れない、不眠の症状が悪化していく原因。
それは、睡眠ホルモンであるメラトニンの分泌量と関係しています。下の図は、メラトニンの分泌量と、年齢の関係を示したグラフです。

メラトニン_分泌量
人によって差はあるでしょうが、一般的には、メラトニンの分泌量はこのようになるそうです。
つまり、成人を超えた辺りから、著しくメラトニンの分泌量が落ちている事が分かります。

確かに、子供の頃は良く眠れていたのに、成人に近づくにつれ睡眠時間が徐々に減っていきます。年配と呼ばれる頃には不眠の症状で毎日悩むという方が多いのも現実です。実は、その大きな原因は、メラトニンの分泌量が減少していく事にあったのです。
睡眠を促す為のメラトニンは、不眠の原因の根本を解消してくれるのです。

不眠を根本から解決する為に

では、どうすればメラトニンを作り出し、不眠を解消することができるのでしょう。
実は、年齢をとる毎に、メラトニンの分泌量が減っていくのは、生理現象であり、人間なら仕方がないことなのです。

年々メラトニンが減っていく事を止めようとしても、これは難しい事となります。
ただし、メラトニンが減っていく事を止められなくても、メラトニンの分泌を増やす努力は、不眠の対策に効果があります。
例えば、運動や朝日を浴びる事は、脳のセロトニンの分泌量を増やし、メラトニンの生成を増加させてくれます。

不眠のサプリは効果的か?
また、海外では特に不眠の解消を目的としたサプリメントが多く販売されています。
中でも、睡眠ホルモンである「メラトニン」を、直接取り込む為のサプリメントは非常に人気が高いようです。

ただし、日本では副作用の観点から、ホルモン物質をサプリメントとして販売する事は禁止されています。ホルモン物質は通常人間の身体の中で作り出される物質です。これを、体外から取り込む事には、確かにリスクがあるでしょう。

セロトニンのサプリが効果的

日本では、メラトニンのサプリは販売されていませんが、メラトニンの材料となる、「セロトニン」を増やす為のサプリが販売されています。
日本製のメーカーのサプリは、品質も高く保たれているので、不眠の症状に悩む方には特におすすめです。

最近では、依存性の強い睡眠薬や睡眠導入剤には頼りたくないという人も多く、睡眠サプリに注目が集まっています。

 セロトニンを増やすサプリメント – おすすめランキング

 

 

安心・安全な不眠サプリメントなら

潤睡ハーブ

潤睡ハーブ

  • 10日間の返品保証
  • 今だけの 5,980円1,980円 に割引中
  • 定期購入はいつでも解約可(解約金不要)
マインドガードDX

マインドガードDX

  • ストレス対策にも効果的
  • ネットだけで10万本以上の販売実績
  • 自然な成分のサプリメント
ネムリス

ネムリス

  • 厳選された、自然なリラックス成分
  • 不眠ケア+ストレスケア+美容効果も!
  • トリプトファンやビタミン類を効率良く