不眠対策に効果的なお風呂の入り方 – ぐっすり眠れる入浴方法

お風呂の入り方で、その日の寝つきの良さが変わってきます。
お風呂に入る事で得られる良い効果は、挙げればキリがありません。以下の2点は、お風呂に入る事で、不眠対策に期待できる重要な効果です。

  • 深部体温(身体の中の熱)が逃げやすくなるため、寝つきが良くなる。
  • リラックス効果を高め、神経を穏やかにする事で、質の良い睡眠を得られる。

詳しく解説していきます。

不眠対策_入浴

深部体温が下がると眠くなる

私たちの身体は、体温が下がると眠気を感じるようになります。体温は、睡眠と密接に関係があります。
眠っている間に体温が下がる事で、身体を充分に休ませることができます。
眠っている間は身体を温めた方が良い、と聞かされていた方は、混乱してしまうかもしれませんが、ここでいう「体温」とは、身体の内部の温度。「深部体温」と呼ばれる体温のことです。

日中の体内は、この深部体温が上昇しています。
これは、日中に活動をする為のエネルギーを作り出す上で、体内に熱が発生してしまうからです。しかし、睡眠時は、この「熱」が邪魔になります。

この為、通常、人間の身体は夜になると手足の血流が上昇します。これは、体内の熱を血流に乗せて、手足から体外に放出しようとしているためです。

20分程度のお風呂で、深部体温を逃がしやすくする

そこで、深部体温を下げるために効果的な方法が、ぬるめのお風呂に入る事です。
お風呂に入ると身体が温まるのでは?と、思うかもしれません。
しかし、血流の流れが良くならなければ、深部体温が体外に放出される事が難しくなってしまいます。

暖かいお風呂に入る事で、血行を良くすると、効果的に深部体温を逃がし、結果的には良い睡眠が得られるようになるのです。

ポイントは、長風呂をし過ぎないことです。理想としては20分程度の入浴が好ましいです。あまり長くお風呂に浸かっていると、深部体温が上がり過ぎてしまいます。

「ちょっとぬるめの温度」がちょうど良い

リラックス効果を得て、寝つきを良くする為には温度も重要です。41度を超える、熱めのお湯は、あまりおすすめできません。

自律神経
という言葉を聞いた事がある方は多いと思います。自律神経の中でも、「副交感神経」は、緊張感を鎮めてリラックスするためには重要な神経です。
人が眠りについて、身体を休ませたり眠らせたりする為には、自律神経を「副交感神経」に切り替える必要があります。

通常は、眠りに着く頃には、意識せずとも「副交感神経」が働き始め、自然と眠気を催すようになります。
熱すぎるお風呂に入ると、副交感神経とは逆の神経「交感神経」を刺激してしまい、逆に神経を高ぶらせてしまいます。

理想的なお風呂の温度は、38度〜40度程度です。これ以上熱い温度のお風呂は、寝る前にはおすすめできません。

お風呂に入る時間

就寝直前にお風呂に入ってしまうと、身体が火照ってしまうので、寝つきが悪くなってしまいます。
就寝1時間前くらいが、お風呂に入る丁度よい時間です。

 管理人おすすめ – 不眠サプリのランキング

 


2014年7月26日 不眠対策に効果的なお風呂の入り方 – ぐっすり眠れる入浴方法 はコメントを受け付けていません。 睡眠薬に頼らない

安心・安全な不眠サプリメントなら

潤睡ハーブ

潤睡ハーブ

  • 10日間の返品保証
  • 今だけの 5,980円1,980円 に割引中
  • 定期購入はいつでも解約可(解約金不要)
マインドガードDX

マインドガードDX

  • ストレス対策にも効果的
  • ネットだけで10万本以上の販売実績
  • 自然な成分のサプリメント
ネムリス

ネムリス

  • 厳選された、自然なリラックス成分
  • 不眠ケア+ストレスケア+美容効果も!
  • トリプトファンやビタミン類を効率良く