不眠解消に効果のある、お風呂の入り方 – 眠くなる入浴法

以前に、深部体温についての記事を書きました。
大まかに書くと、体温が下がる事で人間は眠くなる、というお話です。実際に、人の身体は、眠る時にどんどん体温が下がっていくのです。

そこで、不眠を改善するためには、眠る1時間以上前にぬるめのお風呂に漬かって、血行を良くしておく事。
そうすることで、布団に入った瞬間に体温が逃げて行き、眠くなるという事を紹介しました。

深部体温を下げる事は、スムーズな睡眠にとって重要な事なので、今日はもう少しこの点(特に入浴法)について、詳しく書いてみようと思います。

お風呂の入り方で変わる、睡眠の質

しつこいかもしれませんが、眠くなる為に大切な事。それは「深部体温」を下げる事です。そして、深部体温とは、身体の中心の熱の事を意味しています。

お風呂に入って身体の深部まで、体温を上げてしまうと、布団に入っても体温が下がらず、眠りにくくなってしまいます。
ですので、あくまでお風呂に入る時間は長過ぎないようにしましょう。

理想は20分程度と言われています。深部体温が体外に逃げやすくなるくらいの、適度な時間が20分程度なのです。

これくらいの時間なら身体の表面が適度に暖まる程度で済み、血流も良くなっているので、布団に入る頃には一気に熱が逃げていき、体温を下げてくれるのです。
また、お風呂は眠る1時間くらい前に済ますようにしておきましょう。

お風呂の温度にも要注意!

また、理想的なお風呂の温度もあります。
先ほども書いたように、身体の深部まで暖かくなりすぎると、快適な睡眠には良くありません。

理想的な温度は、38度〜40度くらい、という事も覚えておきましょう。
どんなに熱くても、41度を超えないように注意しておきましょう。

冷え性の改善も、不眠解消に

ところで、この入浴法は冷え性などにも効果があります。冷え性とは、血行が悪く熱が体内にこもる事を言います。

つまり、冷え性の方は、体温をうまく循環させる事ができていないのです。こうなると、寝つきが良くないのも分かります。

お風呂の入り方に注意して、冷え性を改善し、しっかり不眠の解消にも役立ててください。

 管理人おすすめ – 不眠サプリのランキング

安心・安全な不眠サプリメントなら

潤睡ハーブ

潤睡ハーブ

  • 10日間の返品保証
  • 今だけの 5,980円1,980円 に割引中
  • 定期購入はいつでも解約可(解約金不要)
マインドガードDX

マインドガードDX

  • ストレス対策にも効果的
  • ネットだけで10万本以上の販売実績
  • 自然な成分のサプリメント
ネムリス

ネムリス

  • 厳選された、自然なリラックス成分
  • 不眠ケア+ストレスケア+美容効果も!
  • トリプトファンやビタミン類を効率良く