不眠症を自分で治す – 自分でできることは?

不眠症の解消・対策について考えてしまうのが、病院に行くべきだろうか?睡眠薬に頼るべきだろうか?という判断ではないでしょうか。

不眠症の辛さは、実際に発症した方にしか理解できない辛さがあります。
本来なら病院や薬の治療に頼らずに、自分で治すのが1番良い事です。
しかし、仕事や家事が忙しい人にとっては、すぐにでも眠れなければ次の日に支障が出てしまうという、強い焦りも生じてしまいます。

病院に行くべきなのか。それとも自分で治す事ができるのか。。
自分でできることなども考えてみたいと思います。

不眠症_自分で治す

不眠症の根本にあるもの

不眠症は様々な理由から引き起されるものです。
一時的な不眠は、時間が経てば自然と治ります。
問題は、長く続く「慢性的な不眠」の症状です。慢性的な不眠の多くは、精神的な症状が引き金になっています。中でも、以下の2つはその代表的なものと言えるでしょう。

  • 不安や憂うつ感、心配からくるもの(うつ病など)。
  • 眠ろうと強く思う事で眠れない(精神生理性不眠)。

あなたにも、不眠に悩んでいるのなら、いずれかには心当たりがあるではないでしょうか。2つの不眠の、両方に心当たりがあるという方もいるでしょう。
実は、慢性化したこれらの2つの症状のいずれも、すぐに治すことができる不眠の症状ではありません。

完治を目指すには、それなりの根気、習慣を変える努力が必要となります。
根本に「うつ病」などの精神的な病気が隠されている場合、尚更、治療には専門的な知識が必要ですし、ストレスを元から絶たなければいけません。

こうした場合、自分で治す事は時間もかかりますし、困難を極めます。
これらの不眠の症状が引き金となり、日中の生活も毎日辛いようであれば、迷わず専門医に相談する事をおすすめします。

不眠の対策は、悩み過ぎない事

逆を考えてみると、日中の生活に大きな支障がないのなら、そこまで強く悩む必要はありません。自分が感じている「体感」の睡眠時間と、実際に眠っている時間は、大きく異なる可能性もあります。
いつまでも、眠れない事に悩んでいると、余計に眠れなくなるのは当然です。

あまり悩み過ぎない。「眠れなければそれでもいい」くらいに考える事も、不眠の対策には重要な事です。

ギリギリまで布団に入らない

自分でできる不眠対策の方法は、書店やインターネットでも様々な情報が出回っています。最近上記のような不眠の症状に対して考えられているのが、「眠くなるまでは布団に入らない」という方法です。

布団に入っても眠れない、という習慣付けが、体質として出来上がってしまうと、余計に不眠の症状が酷くなってしまいます。本当に必要な睡眠時間以外は、布団の中に入らない、という方法は、非常に効果的な方法です。

なるべく、眠気を催すギリギリの時間までは布団に入らずに、眠くなったら一気に眠る、という方法を実践するようにしましょう。

セロトニンを増やす方法

また、最近では睡眠を促す為のサプリメントも人気が高まっています。
特に、神経伝達物質である「セロトニン」を増やす事は、睡眠ホルモンを作り出し、自然な眠気を催す事に役立ちます。

更に、脳の中のセロトニンが不足すると、不安やイライラなどの感情がうまく抑制できなくなり、うつ病の根本原因にもなります。
「セロトニン」は、日頃から継続的に運動を行い、バランスの良い食事を心掛けていると、自然と体内で作り出される物質です。

セロトニンの材料となる必須アミノ酸、「トリプトファン」やビタミン群を、効率良くサプリメントで摂取する事も、不眠の根本的な解消にはおすすめできます。

 
 セロトニンのサプリ – おすすめランキング
 

 

安心・安全な不眠サプリメントなら

潤睡ハーブ

潤睡ハーブ

  • 10日間の返品保証
  • 今だけの 5,980円1,980円 に割引中
  • 定期購入はいつでも解約可(解約金不要)
マインドガードDX

マインドガードDX

  • ストレス対策にも効果的
  • ネットだけで10万本以上の販売実績
  • 自然な成分のサプリメント
ネムリス

ネムリス

  • 厳選された、自然なリラックス成分
  • 不眠ケア+ストレスケア+美容効果も!
  • トリプトファンやビタミン類を効率良く