負担の少ないシフト勤務の組み方 – 体内時計を意識する

夜勤などのシフト勤務で、不規則な時間で働いている方は、どんなに努力しようとしても体内時計のリズムが崩れてしまいます。

若い頃は体力もあってなんとかなったけど、歳を取ると身体へのダメージが大きくなっていく、、と感じている方も多いのではないでしょうか。

疲れているのに眠れない。そのせいで、疲労感が溜まっていく。睡眠時間が不規則になってしまい、体内時計が狂って体調を壊してしまう。
そうなあないためにも、夜勤の方にとって、少しでも負担の無いシフト勤務の組み方について調べてみました。

シフト勤務は、ちょっと組み方を変えると、睡眠の確保や、疲労の軽減に役立てる事ができます。

身体に負担の少ない、シフト勤務の組み方

正しい睡眠のリズムを維持する為にも、シフト勤務を組む時は、なるべく「朝、昼、夕方、夜」という、自然のリズムに沿って徐々に時間をずらす事で、身体への負担を軽くできます。
シフト勤務ならば、以下のように、起床時間を徐々に遅くしていくようなイメージです。

・日勤 ⇒ 準夜勤 ⇒ 夜勤 ⇒ 早朝勤

このようなシフトにすると、体内時計が徐々に身体への負担も少ないという研究結果が出ています。
逆に、夜勤 ⇒ 準夜勤  日勤 というような、時計を逆に回すような勤務にすると、体内時計のリズムが著しく狂ってしまい、普段の睡眠に悪影響を与え、眠れなくなるそうです。

シフトの組み方は、慎重に!

体内時計が狂ってしまうと、時差ぼけのように疲れが抜けず、睡眠不足で苦しい思いをすることになってしまいます。
こうなると、仕事中のミスや、交通事故を起こす事にも繋がりかねません。

シフト時間を組む時は、仕事への影響を考慮し、なるべく身体の負担を減らすように、職場全体で取り組みをしてみては如何でしょうか。

 管理人おすすめ – 不眠サプリのランキング

安心・安全な不眠サプリメントなら

潤睡ハーブ

潤睡ハーブ

  • 10日間の返品保証
  • 今だけの 5,980円1,980円 に割引中
  • 定期購入はいつでも解約可(解約金不要)
マインドガードDX

マインドガードDX

  • ストレス対策にも効果的
  • ネットだけで10万本以上の販売実績
  • 自然な成分のサプリメント
ネムリス

ネムリス

  • 厳選された、自然なリラックス成分
  • 不眠ケア+ストレスケア+美容効果も!
  • トリプトファンやビタミン類を効率良く