自分の家以外では眠れない!原因は?出張や外泊時の対策

友人の家にお泊まりをしたり、出張や旅行など、自分の家では眠る事はできるのに、外泊となるとなかなか寝つけない。
そんな症状に悩む方は、きっと私だけではないと思います。

眠れない

「外泊にになると眠れない」原因と対策は?

私の場合、学生の頃から、キャンプや修学旅行など、当時から外泊となるとなかなか寝付けない。せっかく眠っても眠りが浅く、次の日は頭がぼーっとしてしまい、旅行先でも楽しめない、という事が良くありました。

環境が変わると、神経が高ぶる

普段、自宅ではそれなりに眠れるのに、外泊となると寝つきが悪くなるという方は、ほとんどの場合、環境の違い神経が高ぶる事によって、寝つきが悪くなることが多いそうです。

人は、1度ある環境に慣れてしまうと、違う環境に行くと、慣れるまで不安に感じたり、緊張感が生じるのは当然の事です。もちろん、性格によって感じ方は人それぞれですので、全くそんなふうに感じない人も沢山います。
例えば、職場の新しい環境にすぐ馴染める人も居れば、時間が経たなければ、中々落ち着かないという人が居る事にも似ています。

睡眠の場合、脳がリラックスできなければ、寝付く事ができないのは当然の事です。考え事や緊張感、不安な感情があると、眠りにつくことは難しいのです。

環境に馴染めば、普段通り眠れる

では、友人の家や出張先のホテル、旅行先などの外泊中。。
始めての環境や、落ち着かない場所で、なるべく普段通りに眠る為には、どのようにすれば良いのでしょうか。
私が実践している事も含めて、以下におすすめの方法をご紹介します。

 パジャマなどは、普段着ている物と全く同じ物を用意する。
 可能であれば、自分が慣れている枕を持参する。
 できるだけ、普段と同じ就寝時間に眠る。

なるべく普段と同じ環境を作る事が、外泊時でもしっかり眠れるようにするコツだと言えます。特に、着るものはその時の気分を大きく変える効果があります。
旅館やホテルの浴衣は、普段の服装とは全く違い、落ち着かない気分になる方も多いと思います。

なるべく普段と同じ物を着用するようにしましょう。
また、普段、自宅でアロマなどの香りを使用している方は、外泊先の寝室でも是非使ってみてください。
アロマ本来のリラックス効果と、いつもと同じ匂い、という安心感で、リラックス効果が高いと言えます。

睡眠薬には、なるべく頼らない

出張中に眠れないという方は、次の日の仕事の事を考えると、切実な問題であると思います。特に、日中は移動で疲れている事が多いと思いますので、尚更です。

だからと言って、睡眠薬を処方してもらう、という事はあまりおすすめできません。最近では、副作用や依存度の少ない睡眠薬や、睡眠導入剤を、内科などでも気軽に処方してくれます。
しかし、普段は眠れている方が睡眠薬を使用するという事は、睡眠薬に対する耐性を作ってしまい、少しでも眠れないと、すぐに睡眠薬に頼ってしまう体質を作り出してしまいます。

リラックス効果の高い「飲み物」を活用する

睡眠薬を使用する前に試して欲しいのが、ハーブティー、それからホットミルクです。ハーブティーなら、パックの物も沢山販売されていますので、電子ポットとコップさえあれば、すぐに作る事ができます。

ハーブティー
おすすめなのは、カモミールティーです。リラックス効果が高く、出張中の身体の凝りをほぐしたり、炎症を抑える効果もあります。
すぐに飲むのも良いですが、香りにもリラックス成分がありますので、まずは香りを嗅いでから飲むのがおすすめです。

サプリメントを試してみる

ハーブティーやホットミルクなどでは眠れないなら、緊張感やリラックス効果を鎮めるサプリメントもおすすめです。
最近では、睡眠サイクルを整え、睡眠ホルモンであるメラトニンを作り出す脳内物質「セロトニン」を増やすサプリメントの人気が。セロトニンは、興奮や不安感を抑制する働きの高い、神経物質でもあります。

セロトニンを増やすだけでなく、ハーブなどのリラックス成分も合わせて配合されたサプリも販売されているので、自分に合った物を探すと良いでしょう。

 管理人おすすめ – セロトニンサプリのランキング

 

安心・安全な不眠サプリメントなら

潤睡ハーブ

潤睡ハーブ

  • 10日間の返品保証
  • 今だけの 5,980円1,980円 に割引中
  • 定期購入はいつでも解約可(解約金不要)
マインドガードDX

マインドガードDX

  • ストレス対策にも効果的
  • ネットだけで10万本以上の販売実績
  • 自然な成分のサプリメント
ネムリス

ネムリス

  • 厳選された、自然なリラックス成分
  • 不眠ケア+ストレスケア+美容効果も!
  • トリプトファンやビタミン類を効率良く