概日リズム睡眠障害とは – サプリメントで解消出来る?

概日リズム睡眠障害(サーカディアンリズム睡眠障害)は、不眠症の症状とは異なった睡眠障害の症状です。
不眠症とは、「眠れない」症状の事ですが、概日リズム睡眠障害は、眠る時間が一般の人と大きくズレている症状の事を指しています。

夜型の概日リズム性障害

概日リズム性睡眠障害
概日リズム障害で1番分かりやすく、問題になりやすい例は、睡眠のリズムが夜型になる事(睡眠相遅延症候群)です。
平たく言うと、明け方に眠り、昼頃に起きて行動し始めるようなタイプの眠り方です。

概日リズム障害というと、この夜型のタイプの方が問題にされやすいですが、夕方に寝て明け方に起きるような、「早型」タイプの方もいます。

気にならなければ、問題の無い症状

概日リズム睡眠障害の治療法として、1番効果的な方法は、睡眠時間のずれを気にしない(本人が容認する)事だそうです。
こう書くと実もふたも無いように思われてしまいそうですが、現実的な治療法です。普段の社会生活に支障が出ない場合は、睡眠のズレを気にしなくとも、大きな問題はありません。

例えば、どうしても夜に活動をして、昼間は寝ないといけないような仕事の場合、こうした睡眠リズムで生活をすることになるでしょう。
フリーランスのアーティストや、在宅業務をしている方の中には、夜型(睡眠相遅延症候群)の方が多くいらっしゃるそうです。

治療方法

しかし、現実には社会的に見ても、夜型の生活を容認してくれる環境や職場は、数少ないでしょう。どうしても朝起きて行動をしなければならない場合は、無理にでも睡眠時間を一般的な時間に矯正していかなければなりません。

その際の治療法としては、朝の時間に1時間ほど強い光を浴びる光療法や、後述の時間療法というものがあります。
この他にも、薬物療法として用いられるのが、睡眠薬や睡眠導入剤です。

睡眠薬は、一般的な時間に眠れるよう、徐々に睡眠時間を固定していく為に使います。

サプリメントを活用する

個人でできる治療法としては、サプリメントを活用する方法があります。
効果があるとされている物は、メラトニンのサプリメントです。メラトニンは、睡眠を促す作用のある、睡眠ホルモンです。

眠る前に服用することで、自然に眠気を引き起こす作用があります。
日本の場合は、ホルモン物質をサプリメントとして販売・製造する事は禁止されているので、メラトニン自体が販売される事はありません。

そこで使用されているのが、メラトニンを作り出す前駆物質となる、脳内物質 セロトニンを増やす為のサプリメントです。

 セロトニンを増やすサプリメント – おすすめランキング

自分でできる改善方法としては、サプリメント意外にも、時間をかけて、徐々に眠るタイミングをずらしていく「時間療法」という方法があります。
いきなり、朝起きて夜眠るようにするのではなく、時間をかけて徐々に起床時間と睡眠時間をずらしていく治療法です。

安心・安全な不眠サプリメントなら

潤睡ハーブ

潤睡ハーブ

  • 10日間の返品保証
  • 今だけの 5,980円1,980円 に割引中
  • 定期購入はいつでも解約可(解約金不要)
マインドガードDX

マインドガードDX

  • ストレス対策にも効果的
  • ネットだけで10万本以上の販売実績
  • 自然な成分のサプリメント
ネムリス

ネムリス

  • 厳選された、自然なリラックス成分
  • 不眠ケア+ストレスケア+美容効果も!
  • トリプトファンやビタミン類を効率良く