激しい運動をすると逆効果?!眠れない原因と対策

眠れない時、運動をして疲れたら眠れるようになるかも、、そう思って運動をしてみると、逆に眠れなくなったという経験をした方はいないでしょうか。
適度な運動では眠気を誘うことができるのですが、普段しないような激しい運動をしてしまうと、かえって眠気はやってきません。

これには、脳の興奮に関係する神経が作用しています。

脳

激しい運動をすると眠れない原因とは

例えば、ダンスなどの激しい運動。全身を動かして、体が疲れたらきっと眠れるはず。そう思って寝る前にやってみると、逆に眠れなくなります。
これには、脳の興奮に関係する交感神経副交感神経の働きが関係しています。

交感神経は、脳を興奮させる作用があります。具体的には、血圧を上げる、心臓の動きを早くする、体温を上げるなどの働きがあります。
激しい運動をした後に、ドキドキして熱くなるというのは、交感神経が脳を興奮させているから起こっているのです。また、内臓の温度も上げてしまうので、体の中も興奮している状態です。

眠気が来る時というのは、リラックス効果をもたらす副交感神経が優位になった時です。そう考えると、この状態では眠気が来ることがないというのも、納得できますよね。

どんな運動だったら眠れるのだろう?

朝の運動

眠れない時に試してみてほしい運動は、ストレッチジョギング散歩などの有酸素運動です。有酸素運動は、適度な疲れをもたらしてくれます。また、体温も一時的に上がります。

人間は、脳や体の温度を下げることで眠気を高め、熟睡できるようになっています。また、適度な疲労が眠くなる効果をもたらしてくれます。
このことから、有酸素運動は眠くなる効果を持っている運動と言えるのです。

また、夕方から寝る前3時間くらい前に有酸素運動をすると、さらに効果的です。その時に上がった体温が徐々に下がっていくため、眠気を誘ってくれるのです。

まずは生活の中に運動を

眠れないと悩んでいる方は、生活の中での運動が不足しているのかもしれません。
特に、座りっぱなしの仕事の方は運動不足になりやすいのです。
また、外に出て動くことが多い、営業などの仕事をしているという方でも、油断は禁物です。その理由は、ストレスで脳だけが緊張している状態になりやすく、家に帰ってきてからも脳の緊張が続いているため、交感神経が優位になってしまうからです。

そのような方たちこそ、寝る前のストレッチをしてみてはいかがでしょう。
難しいストレッチでなくても、ゆっくりと深呼吸をしながら横になって全身を伸ばす程度でも良いです。
ゆっくりとお風呂に浸かりながらストレッチをしても、リラックス効果があります。簡単にできるストレッチで、リラックス効果を高め、快眠できる状態を作っていきましょう。

2016年1月21日 激しい運動をすると逆効果?!眠れない原因と対策 はコメントを受け付けていません。 不眠症の改善

安心・安全な不眠サプリメントなら

潤睡ハーブ

潤睡ハーブ

  • 10日間の返品保証
  • 今だけの 5,980円1,980円 に割引中
  • 定期購入はいつでも解約可(解約金不要)
マインドガードDX

マインドガードDX

  • ストレス対策にも効果的
  • ネットだけで10万本以上の販売実績
  • 自然な成分のサプリメント
ネムリス

ネムリス

  • 厳選された、自然なリラックス成分
  • 不眠ケア+ストレスケア+美容効果も!
  • トリプトファンやビタミン類を効率良く