光目覚まし時計 OKIRO(オキロー)で、朝のだるさが解消できる!

目覚まし時計をセットする時間や、アラームの音(ボリューム)によって、朝の目覚めの気分はだいぶ変わってきます。
朝から身体がだるかったり、目覚めの気分がどうしてもスッキリしないという方は、目覚まし時計を変えてみる事も、ひとつの方法です。

最近ネット通販で話題の商品「光目覚まし時計 OKIRO(オキロー)」は、光で起こしてくれる目覚まし時計です。

光目覚まし時計_OKIRO(オキロー)

 

光で起きるという方法は、人間にとっては脳を覚醒させる上で、とても自然な方法です。
OKIRO(オキロー)は、太陽の光に近い、非常に明るい照度(〜13,000ルクス)で光を照射することができます。また、セットした時間が近づくにつれて、徐々に明るくなるという効果もとてもおすすめです。

自然に近い形で覚醒させくれので、「無理に起こされた」ような感覚が残らず、身体には負担になりません。

OKIRO(オキロー)を購入するなら、1年間の無料修理保証が付いた「公式ショップ」がおすすめです。

光で目覚めると、朝だるくない?

これまでも、このブログでは「朝起きたらまず太陽の光を浴びる」事を強くおすすめしてきました。
その理由は、朝の光を浴びる事によって、網膜を介して脳の中にあるセロトニン神経を刺激する事ができるからです。

セロトニン神経は、脳内に神経伝達物質であるセロトニンと呼ばれる物質を分泌し、他の様々な神経系に情報を伝達していきます。朝から心身共に活発で居られるのは、セロトニンが強く影響しているとも考えられています。

心にも影響する、セロトニン

体調面だけでなく、朝から太陽の光を浴びる事は、精神の安定にも繋がります。
セロトニンが分泌される事で、ノルアドレナリン神経ドーパミン神経といった、感情を作り出す神経にも影響を与えます。
朝から脳を覚醒させ、活発な気分を演出してくれるのが、セロトニンなのです。
また、「幸福ホルモン」とも言われる事の多いセロトニンは、不安や緊張感を沈め、心の安定にも寄与します。

光目覚まし時計で、心も安定する

精神科では、うつ病の治療で「高照度光療法」という治療法が行われる事があります。朝から専用のライトで、高照度の光を浴びる事によって、体内時計を正常に戻すと同時に、セロトニン神経を活性化させる狙いがあります。
特に、日照時間が短い冬の時期に発症しやすいと言われる「冬季うつ病」には、高い効果があるとされています。

OKIRO(オキロー)は目覚まし時計とは言え、高い照度の光を照射することができるので、高照度光療法と同じような効果が期待できるのです。
朝から気分が冴えない、、気持ちが落ち込む。という方にも、この目覚まし時計はとてもおすすめできます。



安心・安全な不眠サプリメントなら

潤睡ハーブ

潤睡ハーブ

  • 10日間の返品保証
  • 今だけの 5,980円1,980円 に割引中
  • 定期購入はいつでも解約可(解約金不要)
マインドガードDX

マインドガードDX

  • ストレス対策にも効果的
  • ネットだけで10万本以上の販売実績
  • 自然な成分のサプリメント
ネムリス

ネムリス

  • 厳選された、自然なリラックス成分
  • 不眠ケア+ストレスケア+美容効果も!
  • トリプトファンやビタミン類を効率良く