昼寝の仕方で「眠れなくなる」!正しい昼寝の時間とは

昼寝をしたら、夜眠れなくなる。と言われた事はありませんか?
確かに、夜しっかり眠る為には、昼間しっかり活動し、脳のセロトニン濃度を高くする事が重要です。そうすることで、夜の間にセロトニンから作り出される睡眠ホルモン、『メラトニン』が分泌されるようになるからです。

昼寝をすると眠れなくなる?

昼寝_眠れない
それでは、昼寝はしない方がよいのでしょうか?

実は、短い時間の昼寝は、脳の疲労を回復させる方法としては、とても効果的なのです。むしろ、昼寝は積極的にするべきだと考えられています。
ただし、昼寝の時間を間違うと、昼間の作業効率を落としたり、夜眠れなくなったりしてしまい、逆効果です。

昼寝をする時は、最適な時間で収まるように注意しましょう。

最適な昼寝の時間は、何分?

研究では、脳の疲労回復には、5分〜10分程度の時間でも効果があると言われています。
理想的なのは、30分以内の昼寝です。入眠までに最低5分ほどかかりますし、深い睡眠に入ってから5分、、15分〜30分の昼寝でも、充分に疲労回復ができるという事が分かります。

30分以上の昼寝になると、身体も脳もしっかり眠りに入ってしまうので、その後の覚醒に時間がかかってしまいます。
午後から仕事を始めようとしても、脳を覚醒させるまでに時間がかかってしまいます。

長い昼寝はセロトニンを消費する?!

質の良い睡眠に必要なセロトニンですが、あまり長く昼寝の時間を取ると、夜ぐっすり眠る為に必要なセロトニンを消費してしまいます。
眠っている間はセロトニンは分泌されませんし、睡眠に必要なホルモンであるメラトニンは、セロトニンを材料にして作られているためです。

昼寝の時間が長過ぎると、その分セロトニンが減ってしまい、夜の睡眠に悪影響を与えるので、注意が必要です。
最近では、セロトニンの材料となる必須アミノ酸、トリプトファンを効率的に摂取する為の、サプリメントも販売されています。
日本製で安全性の高いサプリメントを以下にまとめていますので、参考にされてみてください。

 セロトニンを増やすサプリメント – おすすめランキング

安心・安全な不眠サプリメントなら

潤睡ハーブ

潤睡ハーブ

  • 10日間の返品保証
  • 今だけの 5,980円1,980円 に割引中
  • 定期購入はいつでも解約可(解約金不要)
マインドガードDX

マインドガードDX

  • ストレス対策にも効果的
  • ネットだけで10万本以上の販売実績
  • 自然な成分のサプリメント
ネムリス

ネムリス

  • 厳選された、自然なリラックス成分
  • 不眠ケア+ストレスケア+美容効果も!
  • トリプトファンやビタミン類を効率良く