お昼過ぎになると、どうしても眠くなる..眠くて眠くて仕方ない時は

睡眠時間が足りていないと、どうしても昼間の1番集中しないといけない時間に、強い睡魔に襲われる事があります。
また、昼間の強い眠気は、睡眠時間が足りていない事だけでなく、体内の睡眠リズムなどにも起因しています。
最近は、昼寝の習慣が見直され、積極的に昼寝を推奨する企業も増えているようです。
眠っても眠っても眠い

なぜお昼に突然眠くなるの?

人間がお昼頃になると眠くなるのには、理由があります。
多くの人は、まず、お昼ご飯を食べたくらいの時間になると、最初の眠気が襲ってきます。ご飯を食べて、お腹が一杯になると、満腹ホルモンである「レプチン」が体内に分泌されます。これには、睡眠を促す作用があるのです。

更に、ここを乗り切っても、14時くらいになると再度眠気が襲ってきます。私の場合、この時間の眠気の方が強く、我慢し難いものです。
人によっては、14時〜16時くらいでしょうか。

これは、体内に存在する「体内時計」の影響によるもので、避けたくても避けようがありません。単調な作業をしている時、長距離の運転をしている時は、この眠気が益々酷くなるはずです。

眠くて眠くて仕方がない時は

14時頃に訪れる眠気は、体内時計のリズムから生まれてくるもので、避けたくても避けようのないものです。仕事や勉強をしていると、この眠気のせいで著しく作業能率が下がってしまうことがあります。
運転などの、命に関わる仕事をしている場合は、この眠気は深刻な問題です。

しかし、眠気をひたすら我慢していても、能率はどんどん下がっていく一方です。経験済みの方も多いでしょう。パソコンのキーボードだと打ち間違え、書類の記入も、気がついたら筆が曲がっています。
極端に言えば、作業効率は下がる一方なのです。実は、このような場合には、無理に仕事や勉強を続けようとするよりも、身体の欲求に対して、素直に睡眠の時間を確保してあげることが最も理にかなっています。

もちろん、仕事中に思いっきり深い眠りにつく事は難しいでしょうし、布団を敷く必要もありません。
むしろ、一時的な眠気を紛らわし、作業効率を高めるだけならば、15分程度の睡眠でも充分です。

短時間の睡眠休憩で、能率を上げる

お昼寝は、午後の疲れを取り除き、その後の眠気を取り除く効果もあります。
やり方としては、本格的に眠る必要はありませんので、ほんの10分〜30分程度で良いので、椅子やソファーに座ったまま仮眠をとると良いでしょう。
深い睡眠や、30分を超える睡眠は、かえって逆効果です。脳が深い睡眠に入ってしまうと、活動状態に戻すまでに時間がかかってしまいます。

なるべく、短時間の睡眠で済ますようにした方が、その後もスッキリ過ごす事ができます。

 管理人おすすめ – 不眠サプリのランキング

 

安心・安全な不眠サプリメントなら

潤睡ハーブ

潤睡ハーブ

  • 10日間の返品保証
  • 今だけの 5,980円1,980円 に割引中
  • 定期購入はいつでも解約可(解約金不要)
マインドガードDX

マインドガードDX

  • ストレス対策にも効果的
  • ネットだけで10万本以上の販売実績
  • 自然な成分のサプリメント
ネムリス

ネムリス

  • 厳選された、自然なリラックス成分
  • 不眠ケア+ストレスケア+美容効果も!
  • トリプトファンやビタミン類を効率良く