育児で眠れない – 産後うつの予防に、気をつける事

育児疲れによるノイローゼを発症してしまう方は、意外なほど多いのが現実です。
特に、第1子が誕生して始めて育児を経験する際や、近くに親御さんが居ないために、子育てを手伝ってくれる身内がいない。
夫が仕事が忙しく、どうしても自分だけが育児にかかりっきりになってしまうような場合は、要注意です。

ところで、産後うつの前兆としてよく見られるのが、育児やストレスで眠れなくなる症状。疲れているのに、なかなか眠る事ができない。
産後に限らず、うつ病の前兆として不眠の症状が現れる事はよくあります。傾向と対策を知っておくことで、事前に産後うつを回避する事ができるかもしれません。

育児_眠れない

疲れているのに眠れないのは何故?

1人目の子供が誕生して、慣れない育児に四苦八苦して身も心も疲れきっているのに眠れない。原因は一体どこにあるのでしょうか。
大きな理由は2つあります。

体内時計が乱れる生活

まず、自身の体内時計が乱れている事。子育ては、夜泣きや授乳で、夜中や明け方に目が覚めたり、行動しないといけない事が沢山あります。
それまでは、夜に寝て、朝決まった時間に起きる、という生活をしていたのに、急に不規則な睡眠時間の生活に切り替わってしまう。この事が、夜になっても眠れない原因のひとつです。
人間は、1度睡眠のサイクルが乱れてしまうと、なかなか元に戻す事が難しくなってしまいます。

不安や考え事が不眠を作る

子育てを進める中で、それまでは考えた事もなかった、様々な不安に思い当たる事があると思います。
夫の仕事や家計の事。将来が突然不安になったり、自分の力不足で自身を責めてしまったり。。
もしかすると、育児を手伝わない夫に対して、急に不安やイライラを覚えたりする事もあるかもしれません。こうした不安やイライラは、不眠の原因となる、自律神経の乱れに繋がります。

これらの2つの原因だけでも、不眠の原因としては充分過ぎると思います。
不安やイライラを抱えたまま、眠れない生活が続くと、高い確率で引き起されるのが「産後うつ」と呼ばれるうつ病の症状です。

「産後うつ」を避ける、1番の方法

育児による不眠や、産後うつを回避する為の1番の方法は、1人きりで悩まない事です。育児は1人で全てをこなそうとすると、どうしても無理が生じてしまいます。1人でも多くの「味方」や「仲間」を作るようにする事が大切です。

もし今、育児をあまり手伝ってくれない夫に対してストレスを感じているのなら、しっかりと正面から話し合う時間を作り、一緒に育児を行う「仲間」にする事が大切です。
近い距離に親御さんや近しい方がいるのなら、頼れる事はなるべく頼るようにする。手伝いに来てもらえると、相談ができ、負担も減るので更に負担が軽くなります。

1人でも多くの仲間を作る

何らかの事情があり、家族や親御さんには頼めないのなら、市町村や保健所に問い合わせて、育児サークルや悩み相談が無いか確認をしてみると良いでしょう。
同じような事で悩み、不安を抱えている方とお話しをするだけでも、ストレスが大きく軽減します。
育児の経験がある相談員などに話をするだけでも良いでしょう。

とにかく、育児を1人きりで抱え込み、1人で悩む事は良くありません。
1人でも多くの仲間や理解者を集め、悩んだ時に話ができるようにすると、だいぶ心が楽になります。
まず、ストレスや不安、イライラを減らす事。この事が、育児の不眠や産後うつを予防する第一歩です。

安心・安全な不眠サプリメントなら

潤睡ハーブ

潤睡ハーブ

  • 10日間の返品保証
  • 今だけの 5,980円1,980円 に割引中
  • 定期購入はいつでも解約可(解約金不要)
マインドガードDX

マインドガードDX

  • ストレス対策にも効果的
  • ネットだけで10万本以上の販売実績
  • 自然な成分のサプリメント
ネムリス

ネムリス

  • 厳選された、自然なリラックス成分
  • 不眠ケア+ストレスケア+美容効果も!
  • トリプトファンやビタミン類を効率良く