自律神経失調症と不眠症の関係 – 不眠の理由

自律神経失調症、と言われても、具体的にどんな病気なのかを知る人は少ないように思います。自律神経は、身体のほとんどの器官をコントロールしています。

私たちが意識をしていないところで、正常に働くように各器官を動かしているのが、自律神経なのです。自分でも原因が分からない身体の異状、不眠の症状は、自律神経失調症である可能性が高いと言えます。

自律神経失調症_不眠

自律神経失調症と不眠の症状

一言に「自律神経失調症」と言っても、その症状は数えきれないくらい多岐に渡ります。例えば、代表的な症状の一例を挙げただけでも、以下のようになります。

  • 偏頭痛
  • めまい
  • 神経性下痢
  • 神経性嘔吐
  • 過敏性大腸症候群
  • 不整脈
  • 起立性調整障害
  • 口内異常感症

いわゆる、「神経性の、、」と呼ばれる症状は、ほとんど自律神経失調症です。
朝になると気持ちが悪い。仕事の事を考えるとお腹が痛い。原因不明の頭痛がする、、などなど。数え上げればキリがありません。
病院に行っても原因が分からない症状は、自律神経失調症の可能性も考えられます。

もちろん、不眠症も、この自律神経失調症で引き起される場合がよくあります。
自律神経は、動悸や体温にも大きく影響します。通常、眠りにつく際、自律神経は体温を低く、呼吸をゆっくりにして、リラックスを促します。脳から自然に睡眠ホルモンが分泌され、眠気を促す環境を作り出すのです。

何かの原因で、ストレスや緊張感が強ければ、自律神経が正常に働かず、これとは逆の現象が起こります。
つまり、自律神経が体温や動悸を高め、緊張感をより強くするのです。これでは、とても眠りにつく事はできません。

自律神経失調症とストレス

自律神経失調症は、多くの人が発症する病気です。
この病気の厄介なところは、身体的に辛い症状が現れているにも関わらず、医師でさえ診断を誤ってしまう事です。
特に、総合診療科や内科などで、すぐに原因を特定する事は難しく、様々な検査を受け続けた挙げ句、別の科を紹介されるという事も珍しくありません。
自律神経失調症とは、それだけ見分けるのが困難な病気です。

自律神経失調症を引き起す原因として非常に多いのが、ストレスです。

実は、先に上げたような症状は、うつ病の患者さんが、うつ病の初期の頃に感じる症状でもあります。
特に、不眠症、中途覚醒、倦怠感、全身の怠さ。朝の吐き気や嘔吐など、、ストレスを感じる状況に陥ると、これらの症状が現れるという患者さんも多いようです。

自律神経失調症を早めに見極める

では、どうすれば自分が感じる様々な不調の症状や、不眠症が、自律神経失調症であり、ストレスから引き起されるものであると見極める事ができるのでしょうか。

まず、病院に行く際、内科や総合診療科ではっきりと原因が分からなかったり、曖昧な答えが返ってきた場合、心療内科を受診してみると良いでしょう。
心療内科は、心と身体の病を総合的に診てくれる場所です。不眠や自律神経失調症に関しては、通常の総合診療科よりも専門的に診てくれます。もちろん、内科的な検査にも対応してもらえます。

不眠やストレスからくる自律神経失調症を放っておくと、他の身体的な症状も増えたり、うつ病などに繋がる事例もよくあります。気になる方は、早めの受診を心掛けるようにしましょう。

 管理人おすすめ – 不眠サプリのランキング

 

安心・安全な不眠サプリメントなら

潤睡ハーブ

潤睡ハーブ

  • 10日間の返品保証
  • 今だけの 5,980円1,980円 に割引中
  • 定期購入はいつでも解約可(解約金不要)
マインドガードDX

マインドガードDX

  • ストレス対策にも効果的
  • ネットだけで10万本以上の販売実績
  • 自然な成分のサプリメント
ネムリス

ネムリス

  • 厳選された、自然なリラックス成分
  • 不眠ケア+ストレスケア+美容効果も!
  • トリプトファンやビタミン類を効率良く