授業中の酷い眠気..耐えられない睡魔の原因は?

授業中に突然酷い睡魔が襲ってくる、、
このような症状の場合は、一体どのような原因が考えれるのでしょうか。

突発的な睡魔の原因には、難病を含む、睡眠障害の原因も考えられます。代表的な突発的な睡魔の病気を調べてみました。

授業中_睡魔

突然睡魔が襲ってくる原因

突然の眠気や、朝起きられない場合など、原因として1番多いのが、不規則な睡眠生活です。昼夜逆転の生活などは、1番分かりやすい例です。

夜間にしっかりと眠らなければ、日中に眠くなるのは当然の事です。
また、睡眠時間が短いだけでなく、「睡眠時間が不規則」な場合も、日中の突然の眠気の原因となります。

普段は7時には起床しているのに、休日はお昼頃まで眠ってしまう、といったケースはありがちです。
こういった眠り方をしていると、睡眠サイクルが著しくずれてしまいます。
休日も普段と同じ時間に起床する事が望ましいですが、どうしても普段より多めに眠りたい場合は、普段の起床時間よりも、遅くとも2時間くらいの余分な睡眠に留めると良いでしょう。

具体的な睡眠障害

不規則な睡眠時間が原因でないと思われる場合、稀な例ですが、以下のような睡眠障害が疑われる場合もあります。

ナルコレプシー

主な症状は、突然の眠気と、「入眠時幻覚」と呼ばれる症状です。
入眠時幻覚は、眠り始めにとても恐ろしい夢を見るという症状です。眠り始めに夢を見るという事は、正常な睡眠ではあまりない症状です。
また、ナルコレプシーの突然の眠気(睡眠発作)は、非常に強い症状で、例えどんな重要な場面でも、突然眠り込んでしまう程の強い眠気です。

突発性過民症

突発性過民症の場合、昼も夜も眠気を感じ、実際に長く眠ります。
ナルコレプシーの場合は、短い睡眠時間でもすっきりしますが、突発性過眠症の場合は、昼間でも1時間以上眠り込む場合があるほどです。
起きた後もすっきりした感じはしないと言われています。

周期性過民症

周期性過眠症の患者さんは、原因不明の眠気で、時には20時間以上も眠ることもあるそうです。
非常に稀な病気ですが、強い眠気で、一日の睡眠時間も長く、若い男性に症状が見られる事が多いそうです。治療は非常に困難と考えられています。

異常な眠気は、病院で診察して貰う

このように、突発的な酷い眠気、耐え難い眠気は難病を含む、何らかの病気である可能性も考えられます。
眠気や居眠りというと、どうしても「だらしがない」「怠けているだけ」と思われる傾向があります。

また、突発的な眠気や、朝から酷い眠気が襲ってくる場合は、うつ病の可能性も考えられます。
思い当たるという方は、無理をせずに、なるべく睡眠の専門医に、早めに診てもらうようにしましょう。

 管理人おすすめ – 不眠サプリのランキング

 

安心・安全な不眠サプリメントなら

潤睡ハーブ

潤睡ハーブ

  • 10日間の返品保証
  • 今だけの 5,980円1,980円 に割引中
  • 定期購入はいつでも解約可(解約金不要)
マインドガードDX

マインドガードDX

  • ストレス対策にも効果的
  • ネットだけで10万本以上の販売実績
  • 自然な成分のサプリメント
ネムリス

ネムリス

  • 厳選された、自然なリラックス成分
  • 不眠ケア+ストレスケア+美容効果も!
  • トリプトファンやビタミン類を効率良く