熟眠障害 – 眠っても眠っても眠い!睡眠の質が低い理由と対処法

熟眠障害とは、単純に言えば、しっかり眠っているはずなのに眠った気がしない。熟睡感を得られないという、睡眠障害の症状のひとつです。
睡眠時間が確保できているのでに、眠った気がしない。日中の活動に影響が出る。朝が辛い、、

こうした症状こそ、熟睡できていない。つまり「熟眠障害」に該当します。
最近は、こうした熟眠障害に悩む方が増えているそうです。その理由はどこにあるのでしょう。

熟眠障害

睡眠の質が低過ぎる?

熟眠障害に限らず、不眠症や睡眠障害の原因として、近年最も多いと考えられているのが、「不安」や「ストレス」でしょう。
このブログでも何度もその事について触れていますが、不安やストレスと「睡眠障害」は、切っても切れない関係にあります。

私は、様々な身体の不調を全てストレスのせいにするつもりはありません。ただ、自分の体験した不眠の根本は、まさにストレスにありました。

ストレスや不安な感情は、睡眠の質を確実に低くしてしまいます。脳はストレスの影響を受け、交感神経を活発にする事で、神経を過敏にしてしまいます。
本来、就寝時にはリラックスを促す為の副交感神経が働くはずなのに、これとは真逆の、本来は日中の活動に必要な交換神経が働く訳ですので、質の良い睡眠が得られるはずはありません。

睡眠の質が低くなれば、自然と眠りが浅い状態(レム睡眠)が続く事になります。
この状態では、眠っているように見えても、脳は活動をしている状態です。深い眠り、質の良い睡眠は、脳を休める事が大切です。
眠りが浅ければ、嫌な夢を見たり、金縛りにあったりして、深い眠りを得る事ができていません。

睡眠の質を高く保つ為には

上記のストレスや不安以外にも、睡眠の質が低くなる原因はもちろんあります。
生活習慣や睡眠の時間が不規則になる事で、睡眠時間が不規則になると、睡眠の質は著しく害されます。
日曜日になると過剰に寝過ぎてしまったり、前日の夜は夜更かしをしてしまったり、、といった事も、睡眠の質を害する原因となります。

また、最近では運動不足やスマートフォンの使用が、睡眠の質を低くしてしまう原因にもなっているようです。
定期的な運動や、規則正しい生活は、睡眠の質を高く保つ為の神経伝達物質「セロトニン」を増加させます。セロトニンが増える事で、脳の中に睡眠ホルモンである「メラトニン」が分泌され、自然な睡眠を得る事ができます。

ストレスや、夜遅くまでスマートフォンや電子機器を触っていると、脳を覚醒させ、セロトニン神経を弱らせてしまいます。結果的に睡眠ホルモン「メラトニン」の分泌が少なくなってしまい、深い眠りを得る事ができなくなってしまいます。
睡眠の質を高く保ち、熟眠障害を防ぐ為には、継続的な運動や、規則正しい睡眠時間を守るなど、基本的な事をしっかりと続けていく必要があります。

 管理人おすすめ – 不眠サプリのランキング

 

安心・安全な不眠サプリメントなら

潤睡ハーブ

潤睡ハーブ

  • 10日間の返品保証
  • 今だけの 5,980円1,980円 に割引中
  • 定期購入はいつでも解約可(解約金不要)
マインドガードDX

マインドガードDX

  • ストレス対策にも効果的
  • ネットだけで10万本以上の販売実績
  • 自然な成分のサプリメント
ネムリス

ネムリス

  • 厳選された、自然なリラックス成分
  • 不眠ケア+ストレスケア+美容効果も!
  • トリプトファンやビタミン類を効率良く