どうすれば熟睡できる?何度も目を覚ましてしまう人の特徴

熟睡しようとしても、夜中に何度も目が覚めたり、なかなか眠れないという人には、普段の生活に共通の特徴があるようです。
夜になってもなかなか眠れない。熟睡感が得られないという方は、以下の内容が当てはまらないか、チェックしてみてください。

熟睡感が得られない人の特徴

  • 休日はつい睡眠時間が長くなってしまう。
  • 昼寝を長時間してしまう。
  • 悩み事や不安、またはストレスを感じている。
  • ほとんど運動をする機会がない。
  • 夜眠る時間が極端に遅い日がある。

上記のひとつでも当てはまるという方の場合、熟睡できない原因は普段の生活にあるかもしれません。

熟睡するために必要な事

まず、熟睡する為に必要な要素として、規則正しい睡眠の習慣が挙げられます。

  • 昨日は22時に寝たけど、今日は深夜2時まで起きていた。
  • 平日は睡眠の時間が少ないから、休日は昼過ぎまで寝る。

このような不規則な睡眠は、熟睡感を妨げる要因です。身体は、毎日同じくらいの時間に眠り、同じくらいの時間に目覚める事で、正しい睡眠のリズムを作り出します。
週にたった1日でも不規則な睡眠の時間を取ったりすると、睡眠のリズムが崩れ、寝つきが悪くなったり、朝の目覚めが辛くなったりします。

例え休日でも、前日はなるべく普段に近い時間に眠りにつくようにしましょう。起床時間も同様です。普段の時間と大きくかけ離れた時間まで眠っている事は、睡眠のリズムを狂わせ、身体にも毒となります。
また、睡眠のリズムを狂わせない為にも、昼寝は30分程度に抑えておくようにしましょう。

「不安」「考え事」は不眠の原因に

また、ストレスは熟睡を妨げる最大の原因になりうるという事も、認識しておいた方が良いでしょう。不安は、神経を過敏にさせます。布団に入って考え事などをしてしまうと、睡眠には不要となる、交感神経が働いてしまいます。
ストレスや不安を溜めこまないためにも、1日1度、日中に運動をするように心掛けましょう。

運動の効果は、ストレスを発散させるだけではありません。身体を疲れさせることによって、睡眠の質を向上させる事もできます。
毎日、最低でも20〜30分程度の運動をするようにしましょう。

年齢と共に「熟睡」は難しくなる

残念ながら、睡眠を促すための睡眠ホルモン「メラトニン」は、年齢と共に徐々に分泌が少なくなっていきます。

メラトニン_分泌量
20歳を過ぎたくらいから、徐々に眠りが浅くなったり、熟睡感が得られないような気がするのはこの為です。
熟睡感を得られなかったとしても、日中の行動に悪影響を与えなかったり、昼間に強い眠気を感じるような事がなければ、そこまで心配する必要はありません。

また、睡眠時間は人によって大きく個人差があるという事も分かっています。誰かが8時間眠っているからと言って、皆が8時間眠る必要はありません。6時間や、極端な人では5時間程度の睡眠でも健康に過ごしている人は沢山居ます。
日中の行動に支障が無ければ、例え睡眠時間が短くても、心配しなくても大丈夫です。

熟睡を妨げる飲み物、食べ物

最後に、よく知られている事なので、あえて最初のリストに加えませんでしたが、カフェインは睡眠を妨げる大きな要因となります。コーヒーだけに留まらず、緑茶やコーラなどにも含まれているので、注意が必要です。
チョコレートはGABAというリラックス成分も含まれているので、賛否両論がありますが、やはり無難に避けていた方が良いでしょう。

最近は、GABAや睡眠に必要なセロトニンを増やす為の「必須アミノ酸」を含む、睡眠サプリが販売されるようになりました。
熟睡感をなかなか得られないという方は、こうしたサプリメントを試してみることもおすすめです。

安心・安全な不眠サプリメントなら

潤睡ハーブ

潤睡ハーブ

  • 10日間の返品保証
  • 今だけの 5,980円1,980円 に割引中
  • 定期購入はいつでも解約可(解約金不要)
マインドガードDX

マインドガードDX

  • ストレス対策にも効果的
  • ネットだけで10万本以上の販売実績
  • 自然な成分のサプリメント
ネムリス

ネムリス

  • 厳選された、自然なリラックス成分
  • 不眠ケア+ストレスケア+美容効果も!
  • トリプトファンやビタミン類を効率良く