快眠のための「室温、湿度」の調整!エアコンの活用法

眠れない原因は人によって様々ですが、睡眠のための環境作りはとても重要です。
特に、室温や湿度は睡眠に大きく影響します。

その時の気温に合わせて、布団や寝間着を変えるのは大切な事です。

また、熱帯夜や真冬の寒さなど、どうしても寝具や衣類だけでは防ぎようがない室温の場合もあります。
こうした場合は、我慢せずにエアコンを使用するようにしましょう。もちろん、朝までつけっぱなしにする必要はありません。
タイマー機能などで、眠りに入ってから3時間程度の時間までつけておくようにすると良いでしょう。

睡眠に大きく影響する、室温・湿度

それでは、快適な室温が一体どのくらいの温度なのかとというと、以下の温室温を目安に保っておくと良いでしょう。

  • 夏:25度〜28度
  • 冬:15度〜18度

あとは、寝間着や布団を調節して、ちょうど良い温度を保つようにしましょう。
また、朝起きた時に熱すぎたり寒すぎたりすると、布団から出る気になりません。グズグズしてしまう事で、結果的に睡眠の質を落とす事になってしまいます。

それを避ける為にも、真夏や真冬には、起床時間の30分くらい前に、再びエアコンのスイッチが入るようにタイマーをセットしておくのも良いでしょう。

健康を守る、湿度にも気をつける

温度だけでなく、湿度にも充分な気を遣う事が大切です。

ビジネスホテルなどで寝ると、喉や鼻が乾燥して、朝起きると痛くなったという経験をした事がある人も多いと思います。
睡眠時に最適な湿度は40〜60%くらいと言われています。

極端に部屋が乾燥していると、呼吸器系に負担がかかるために、健康に影響が出ます。寝室の湿度が40%を切るようなら、加湿器を使用してみるのも良いかもしれません。

環境に気を配る、大切さ

就寝時の環境は、質の良い睡眠を作り出す為には、とても重要な事です。
温度や湿度、配色や匂いに至るまで、一見、そこまで気にしなくても良いのでは、というような事に気をつけるだけでも、睡眠に大きな影響を与える事になります。

安心・安全な不眠サプリメントなら

潤睡ハーブ

潤睡ハーブ

  • 10日間の返品保証
  • 今だけの 5,980円1,980円 に割引中
  • 定期購入はいつでも解約可(解約金不要)
マインドガードDX

マインドガードDX

  • ストレス対策にも効果的
  • ネットだけで10万本以上の販売実績
  • 自然な成分のサプリメント
ネムリス

ネムリス

  • 厳選された、自然なリラックス成分
  • 不眠ケア+ストレスケア+美容効果も!
  • トリプトファンやビタミン類を効率良く