掛け布団の選び方 – 寝返りのしやすい布団がポイント!

眠れない時に、掛け布団にこだわってみようと考える方は意外と少ないかもしれません。しかし、掛け布団は快眠のための重要な要素の1つです。

結論からか書くと、掛け布団を選ぶ時に注意した方が良いのは、以下の3点です。

  • 重く感じない掛け布団を選ぶ
  • 保温性が最適な掛け布団を選ぶ
  • 通気性の良い掛け布団を選ぶ

一つづつ、詳しく解説します。

不眠症で悩んでいるなら、掛け布団にも注意を

重過ぎる布団は、寝返りを妨げてしまいます。質の良い眠りのためには、自然な寝返りがとても大切です。
寝返りがスムーズにできなければ、せっかく深い眠りに入っても、その都度脳が目覚めてしまいます。

また、重い掛け布団では身体が圧迫されてしまうため、次の日にかなりの疲労感が残ります。朝起きても、身体がだるかったり、疲れている。眠った気がしないという方は、意外かもしれませんが、掛け布団を疑ってみるのも良いと思います。
寝具

保温性と、通気性も重要

保温性という面では、掛け布団はなるべく暖かいほうが良いと考えている方が多いと思います。。
しかし、ちょっと注意しなければいけないのは、掛け布団が熱を持ち過ぎても良くないという事。

眠っている人の脳波を測定してみると、布団の中の温度が、32〜34度くらいが1番最適な温度という結果が出たそうです。

以前にもちょっと紹介しましたが、質の良い睡眠や、寝つきを良くする為には「深部体温」と呼ばれる、身体の中心の熱を放出しなければいけません。
そこで重要になるのが、寝ている間に掻く「汗」です。

人は寝ている間に、コップ一杯分もの汗を掻くそうです。そして、汗が蒸発する時に、身体の表面から熱を放出し、深部体温を下げてくれます。
掛け布団がうまく汗を蒸発してくれなければ、布団の中に湿気がこもってしまいます。
こうなると、うまく体温を逃がしてくれません。。

こまめに干して、快適な睡眠を

改めて言うと、掛け布団を選ぶ時に注意するべき事は「重さ、保温性、通気性」となります。
これらの条件を満たす掛け布団を考えてみると「羽毛布団」が、多少高くても良い掛け布団であると気付かされます ^^;

また、羽毛の掛け布団以外でも、ちょとした工夫で、手持ちの掛け布団を、より快適に使う事ができます。
そのためには「こまめに干す」という事が、非常に大切な事です。汗を吸った掛け布団は重くなりますし、ダニ対策としても日干しは有効です。

ダニは人が快適にすごせる布団の環境で、しっかりと繁殖します。
不衛生で不快感を生む掛け布団になってしまうので、こまめに布団を干す事がとても大切なのです。

例えこまめに干す事ができなくても、布団乾燥器を頻繁に使用すると、感想やダニ対策になります。
これだけでも、寝心地はだいぶ変わってきますので、是非試してみてください。

安心・安全な不眠サプリメントなら

潤睡ハーブ

潤睡ハーブ

  • 10日間の返品保証
  • 今だけの 5,980円1,980円 に割引中
  • 定期購入はいつでも解約可(解約金不要)
マインドガードDX

マインドガードDX

  • ストレス対策にも効果的
  • ネットだけで10万本以上の販売実績
  • 自然な成分のサプリメント
ネムリス

ネムリス

  • 厳選された、自然なリラックス成分
  • 不眠ケア+ストレスケア+美容効果も!
  • トリプトファンやビタミン類を効率良く