過眠の症状が酷い場合の原因は(過眠症)

不眠症と同じく、睡眠障害の症状として多いのが、過眠症です。
周りから見ると、だらしなく見えたり、なぜこんな時間まで寝ているのだろうと不思議に思われる場合もあるでしょう。

しかし、本人にしてみればとても辛い病気であることは確かです。
うつ病などで過眠症を患う方の場合、眠ってばかりいる自分に対して、強い自責の念を抱く事があるそうです。

特に、小さい頃から規則正しい生活を厳しくしつけられていたり、「寝坊は悪い事」と言われてきた方の場合は尚更です。

過眠症_原因

過眠の症状の原因は

多くの場合、眠り過ぎてしまう症状や、朝が憂うつで起き上がれない。体がきつくて、苦しくて布団から出れない症状は、うつ病(またはそれに近い症状)の可能性が高いとされています。

隠れうつ病」という言葉を聞いた事はあるでしょうか。
これは、軽度のうつ病の事を指しています。隠れうつ病の特徴は、精神的な症状よりも、身体的な症状として異変が現れます。
本当は、慢性的な抑うつ症状や、焦燥感など、精神的な症状も現れているのですが、本人が「まさかうつ病なんて..」という気持ちでいるために、いつまで経ってもうつ病とは気付かないのです。

このような方の場合、自分の体に身体的な異変が起きて始めて、精神的に良くない状態が起きているのではないかと気付き始めます。
その中の1つが、不眠症であったり、過眠症などの睡眠障害です。
特に、過眠症の症状が酷く、仕事や日常生活に支障をきたすようなら、うつ病を疑ってみる必要があります。

うつ病患者さんに多い、睡眠障害

実は、うつ病患者さんのほとんどの方が、不眠症にしろ過眠症にしろ、何らかの睡眠障害を患っている事が分かっています。
先ほども書いた通り、朝になると気持ちが悪くなったり、布団から起き上がれないほど、苦しくて辛い症状などは、うつ病の初期症状としては、比較的多いようです。

また、夜になると、不安や心配事で、なかなか寝付けないという症状も同様です。
こうした症状は、早ければ早いうちに対処した方が良いでしょう。
そのうちに治ると考えていると、なかなか治らず、うつ病を悪化させてしまうからです。
うつ病が悪化してしまうと、徐々に仕事や通常の生活さえも、苦しく辛いものになってしまいます。

うつ病以外にも、注意しなければいけない過眠症

また、過眠症の中でも、危険性の高い物もあります。
突発的な強い睡魔や、長時間気絶をしたかのように眠ってしまう症状の場合、非常に稀なケースですが、難病を発症している場合も考えられます。
具体的な症状は過去の記事にも掲載していますので、参考にしてみてください。

 酷い眠気..耐えられない睡魔の原因は?

ナルコレプシーや、突発性過眠症周期性過眠症などがこれに該当します。
ただし、こうした症状は非常に稀です。あまり頻繁に発症する事はありません。

安心・安全な不眠サプリメントなら

潤睡ハーブ

潤睡ハーブ

  • 10日間の返品保証
  • 今だけの 5,980円1,980円 に割引中
  • 定期購入はいつでも解約可(解約金不要)
マインドガードDX

マインドガードDX

  • ストレス対策にも効果的
  • ネットだけで10万本以上の販売実績
  • 自然な成分のサプリメント
ネムリス

ネムリス

  • 厳選された、自然なリラックス成分
  • 不眠ケア+ストレスケア+美容効果も!
  • トリプトファンやビタミン類を効率良く