体がだるい・疲れやすい原因は「神経」にあった?

体がだるく、常に疲れやすい。寝ても疲れがとれない、やる気が出ない。

現代人には特に多い症状です。しかし、このような症状で病院に行ってみても、はっきりとした病名が出てこないというのは、よく聞く話です。様々な検査を繰り返し、結局は「疲れ」や「ストレス」という言葉で片付けられてしまう。

患者さんにしてみれば、本気で悩んでいる訳です。はっきりとした病名が分からないままでは、なんだか落ち着きませんし、不安も残ったままです。

疲れとだるさ

体がだるい・疲れやすい原因は神経にある?

あなたは、「自立神経失調症」という言葉を聞いたことがありますか?この病名(正式には病名ではないようですが)を聞いても、正直どういった病気なのかよく分からないという人の方が多いのではないでしょうか。

私自身、以前は不眠憂うつ感体のだるさ疲れ全身の凝りお腹の違和感などの症状に、長く悩まされていました。これは、まさに自立神経失調症の症状と一致します。しかし、病院では軽度のうつ病などと診断されます。
また、症状の深刻度は異なりますが、周りを見回してみると、そうした症状に悩んでいる人が多くいることに気づきます。

では、自立神経失調症とは一体なんなのか?このことを調べていると、このブログでも紹介している「セロトニン神経」と、深く繋がっていることが分かります。

自律神経失調症とセロトニン

自律神経は、交感神経と副交感神経から成り立っており、私たちの体の、頭からお尻の方まで通っています。全身に行き渡る神経系は、私たちのほとんどの臓器、器官の働きに影響を与えています。

例えば、全身の凝り。これは、血流や冠動脈の働きが関係しています。仕事や人間関係など、精神的に「ストレス」を感じていると、冠動脈が収縮し、皮膚や筋肉も収縮してしまいます。
これが長く続くと、全身の凝りや疲れ、だるさにも繋がっていきます。

筋肉の働き一つをとってみても、このように自立神経の働きが大きく関わっているのです。日を追うごとに酷くなる倦怠感や疲労感は、まさに自立神経失調症の特異的な症状です。
自立神経を管理しているのは、目の奥にある「視床下部」と呼ばれる場所にあります。視床下部は、感情や理性を司る大脳とも直接繋がっているのです。
全身の倦怠感や疲労感は、視床下部での自立神経のコントロールが、うまくできなくなったために生じるものです。

脳

なぜ、視床下部は自律神経のコントロールをうまくできなくなってしまうのでしょうか。そのひとつの原因と考えられているのが、神経伝達物質である「セロトニン」です。

セロトニン不足は、自律神経を狂わせる

あなたは、セロトニンという言葉を聞いたことがありますか?
セロトニンとは、脳の中で分泌される、神経伝達物質といわれるものです。簡単に説明すると、この物質が神経から神経へと行き来することで、脳内で情報が伝達されていくのです。セロトニンが正常に分泌されなければ、神経の間で情報がやりとりされません。
セロトニンの分泌が正常な人は、自律神経のバランスがしっかりと取れているのです。

セロトニンは、自律神経のバランスを整える働きがあります。覚醒とともに交感神経に働きかけて、血圧や呼吸を活発にするのです。
といっても、交感神経が緊張して活発になりすぎるわけではなく、適度な状態に上げるのです。

出典:「脳内セロトニン活性法 – 有田秀穂 著」

元来、セロトニンはうつ病や神経症の患者さんに不足していることが指摘されていました。抗うつ剤や精神安定剤には、セロトニンを化学的に増幅させる作用のものもあります。
しかし、そうした薬に頼るのではなく、生活の中で自然にセロトニンを増やす方法を実践することも本来は大切です。

そのような心掛けが、最後には体の疲れやだるさを根本的に解消することに繋がるからです。

セロトニンを増やすために、できること

自律神経失調症に長く悩んでいる方なら、生活習慣を改めることによって、症状の改善が見込めるということは、知識として知っている人も多いのではないでしょうか。
私自身、いくつか実践してみた結果、具体的には以下のようなことに継続して取り組むことが、一番効果的なのではないかと感じています。

  1. 朝は早く起床し、夜は早く眠る。
  2. 毎日最低でも20分以上は運動をする。
  3. バランスのとれた食事を心がける。
  4. 普段からストレスの解消を心がける。

いずれも、自律神経失調症についての書籍などを読むと、必ずと言っていいほど書かれていることばかりです。
セロトニンの分泌を促すにしても、結局は同じことなのです。毎朝しっかりと早起きを心がけ、夜は早く眠る。毎日運動をする。これだけでも、疲れやすい体質は大きく改善されることになります。

こう言っても、おそらくほとんどの方は「ただでさえ疲れているのに、早起きなんて無理」「毎日運動するなんて、考えられない」と思うのではないでしょうか。
私自身がそうでしたから、よく分かります。
しかし、適度な運動は、不思議なことに疲れどころか元気を与えてくれます。
早起きは、慣れるまでは辛いです。しかし、これができると、夜は早く眠れるようになり、心は自然と安定してきます。

セロトニンや自律神経という話は置いておいたとしても、早起きと運動は疲れにくい体を作る上では、絶対に必要なことなのです。

セロトニンを増やす運動

神経を鍛えることが、元気への近道

誰だって、なるべく楽をして健康を手に入れたいと思うはずです。しかし、実際には地道に生活習慣を改善していくことこそが、健康を手にいれる近道です。
年をとっていても、疲れにくい、元気な生活をしている人を1人、想像してみてください。

そうした人は、ほとんどの場合、上記に挙げた4つのことを、自然に実行できているはずです。

ただし、いきなり全部やろうとはしないでください。まずは1つづつ、できることから始めて慣れていくことが大切です。

安心・安全な不眠サプリメントなら

潤睡ハーブ

潤睡ハーブ

  • 10日間の返品保証
  • 今だけの 5,980円1,980円 に割引中
  • 定期購入はいつでも解約可(解約金不要)
マインドガードDX

マインドガードDX

  • ストレス対策にも効果的
  • ネットだけで10万本以上の販売実績
  • 自然な成分のサプリメント
ネムリス

ネムリス

  • 厳選された、自然なリラックス成分
  • 不眠ケア+ストレスケア+美容効果も!
  • トリプトファンやビタミン類を効率良く