生々しい夢、気持ち悪い夢ばかりみる理由.. 浅い睡眠と不安

浅い眠りの時(レム睡眠)に、人は夢を見やすいと言われています。
ただの夢ならいいのですが、とんでもなく気持ち悪い夢や、恐ろしい夢をみると、後味も悪いですし、「なぜあんな夢をみたんだろう?」と考え込んでしまいます。

人は、悩んでいるときや不安を抱えている時こそ、このような夢を見やすい傾向にあります。
気持ち悪い夢

無意識の中のメッセージ

私が1番見たくない夢は、、おぞましいのであまり書きたくもないのですが、誰かが殺されたり、血が出てくるような生々しい夢です。
普段から血なんて見たくないですし、どちらかというと温厚?な性格な私は、争い事や戦いは大の苦手です。
アニメの戦闘シーンでさえ、なるべく見たくないくらいです。

殺し合いとは全く無縁の私ですが、ふとした時に見るのが、誰かが殺されてしまったり、血生臭い夢を見る事があります。
このブログにも書いてある通り、ただでさえ不眠に悩んでいた私です。こんな夢を見た時は本当に最悪な気分です。
夜中でもすっかり目が覚めてしまいますし、神経が高ぶり、動悸がしてその後はなかなか寝つけません。

私は普段、夢をはっきりと長く記憶しません。しかし、生々しい夢はそれなりに時間が経っても覚えてしまいます。
思い出す度に気持ちが悪いですし、「なぜ私があんな気持ちの悪い夢をみるのだろう。」「もしかして頭が変なのかな?」とさえ思ってしまいます。

..「夢」とは、本当に不思議な物で、未だになぜ、人が夢を見るのか。夢の内容は何を意味しているのか、はっきりとは分かっていないそうです。
それでも、「なぜ自分はあんな夢を見たのか?」を考えるヒントになるのが、「フロイトの夢診断(分析)」です。

ジークムント・フロイトは、夢(独: Traum)とは抑圧されていた願望を幻覚的に充足することによって睡眠を保護する精神の機能であると考えた。
夢を思い出すためには自由連想を行い、夢を構成していた場面や要素をたどってゆく。そして前日の体験、本人の性格、生育歴などを考慮しながら浮かんできた夢を分析する。
夢分析において分析の対象になるのは無意識の内容(エス、欲求、願望、衝動)と夢の表現を歪める傾向(超自我、自我の防衛機制)のふたつである。

夢分析 – Wikipediaより引用

 

上記を読むと、ちょっとややこしく感じてしまいますが、フロイトによると、夢は「無意識から生まれるメッセージである」と考え、夢を通じて精神分析を行ったそうです。

普段の意識は「氷山の一角」

人は、自分が意識している部分は、氷山のほんの一角に過ぎないそうです。
本当は、心(脳)の中にはその人を作り出す、大きな潜在意識(無意識)が眠っています。これらは、その人が意識する・しないに関わらず、その人の行動や考えに大きく影響を与え、人格を作り出します。
極端な例を出すと、「私はあの人が好き!」と言っているにも関わらず、無意識ではその人を嫌っていることだってあるのです。
何故そんなウソをつく必要があるの?と思うかもしれませんが、現実は本心を隠していたほうが生きやすい事が、沢山あります(よね)、、。
「嫌い!」と言っている割には、本当は好きだったりする事だってあります。

夢は、こうした本人も知り得ない潜在意識が渦巻いており、夢が発するメッセージをしっかり捉えることができれば、本当の自分を知る事ができるかもしれないのです。

連想する事で自分が見える

どうすれば自分の夢を分析して、自分自身をもっと知る事ができるの?!と思われた方も多いかもしれません。フロイトの夢分析についての本を読みましたが、その分析法をここで説明すると、とても長くなりそうです。。

フロイトの夢分析は、入門書など読みやすいものが書店にもあるので、おかしな夢ばかりを見て心配だという方は、是非ご一読されてみてください。
ただし、例え「誰かがが亡くなる夢をみた」からと言って、「その人なんか居なくなれば良いのに!」と、無意識に思っているという単純な考え方では決してありません。

フロイトの夢分析は、対象にどのようなイメージを持っているかを連想していきながら深く掘り下げていきます。
普段はほとんど交流のない、「ある女性」と必死に競争をする夢を見たとして、あなたがその女性にどのようなイメージを持っているかを連想していきます。
例えば、高校時代を代表するような優等生だったとしたら、あなたは無意識に過去の同級生(高校時代の同期や、その女性から連想される何か)達に劣等感を抱き、未だに負けたくないと思って頑張っているのかもしれません。。

分析ばかりに凝ってはいけない?

最後に、フロイトの夢分析は、私自身自分の夢を掘り下げてみると、改めて自分の事が良く分かるきっかけとなりました。
しかし、だからと言って、夢分析で何もかも全てが分かるという訳ではないと思います。

嫌な夢ばかり何度も見て、その事がしっかりと記憶として残っているのなら、あなたは眠りが浅く、普段の生活に何かしらの不安やストレスを抱いている可能性もあります。
そんな時に、自分を分析することばかりしていると、逆に疲れてしまうかもしれません。。

通常、人は自分が見た夢をそんなに長くは覚えません。フロイトも、夢分析をする時は、夢を見た瞬間、忘れないうちに詳細を書き留めておくように患者さんに指示していたそうです。1日に夢を何度も見たり、嫌な夢ばかりを見て気分が冴えない時は、ストレスで睡眠が浅くなっている事も充分に考えられます。
分析はほどほどにして、ストレスを溜めずに、心穏やかに過ごす方法を考える時も必要です。

私自身、一時期ストレスで眠りが浅く、嫌な夢ばかりを見ていまいた。
しかし、不安の種がなくなると同時に、睡眠は深くなり、嫌な夢はあまりみなくなりました。

安心・安全な不眠サプリメントなら

潤睡ハーブ

潤睡ハーブ

  • 10日間の返品保証
  • 今だけの 5,980円1,980円 に割引中
  • 定期購入はいつでも解約可(解約金不要)
マインドガードDX

マインドガードDX

  • ストレス対策にも効果的
  • ネットだけで10万本以上の販売実績
  • 自然な成分のサプリメント
ネムリス

ネムリス

  • 厳選された、自然なリラックス成分
  • 不眠ケア+ストレスケア+美容効果も!
  • トリプトファンやビタミン類を効率良く