緊張して眠れない.. 仕事が原因の不眠症

小さい頃は、旅行や遠足の前の日に緊張して眠れない、という経験は、誰にでもあるのではないでしょうか。
次の日が遠足ならまだしも、大人になると、緊張して眠れないと困ることが沢山有ります。大事な仕事や、大切な入試の日。重要なイベントの前の日に眠れないと、次の日に本来のパフォーマンスを発揮出来ないからです。

緊張して眠れない

睡眠薬や睡眠導入剤には頼りたくない

多くの病院では、入院患者さんが次の日に手術を控えている夜、緊張して眠れない時は、睡眠導入剤(または、睡眠薬)を処方してあげるそうです。
手術の時に体力が弱っていては、身体に大きな負担がかかってしまうからです。

しかし、普段の生活で簡単に睡眠導入剤や睡眠薬を手に入れる事は、あまり現実的とは言えません。
入院中の患者さんのように、1回限りで睡眠導入剤を処方してもらうのであればまだしも、普段の生活で薬に頼ってしまうと、やめること自体が難しくなってしまいます。
例え副作用や依存症の少ないとされる最近の薬でも、1度精神的に頼ってしまうと、次回も同じ理由で頼ってしまう、精神依存の原因となるのです。

眠る前に、リラックスする事が大切

では、大切な仕事や入試、試験の前の日に、緊張して眠れない時は、どのように対処すれば良いのでしょうか。
重要なのは、眠る前にリラックスした時間を作る、という事です。無理に眠ろうと思えば思うほど余計に緊張感が高まり、眠れなくなってしまうので要注意です。

寝る直前は、何もしないこと

眠る前に緊張感をほぐし、良く眠る為には、なるべく眠る直前の1時間は何もせず、リラックスした時間を作る事です。
特に仕事や試験勉強を眠る直前までやってしまうと、脳は緊張感を維持するための自律神経「交感神経」を優位に働かせてしまいます。

交感神経が優位の状態では、身体も心も緊張感が解けず、眠ること自体が困難になってしまいます。眠る直前の1時間は、少し暗めの部屋で音楽を聴いたり、軽いストレッチなどで緊張をほぐすようにする事が望ましいでしょう。

また、寝床に着く少し前に、暖かいミルクを1杯飲む事もおすすめです。ミルクには、睡眠を誘発するホルモン、メラトニンを作り出す効果があります。
また、暖かいミルクは緊張感をほぐし、胃や腸の粘膜を保護してくれる効果があります。
次の日に、胸焼けや、胃や腸の調子を良くしてくれる効果も期待出来るのです。

眠る前のリラックス

寝る前に、やってはいけない事

緊張して眠れない時に、スマホやテレビをいつまでも見る事は良くない事です。
目から入った光の刺激は、脳を覚醒させ、余計に緊張感を高めてしまいます。
また、眠れない日は「寝酒」をする方もいるかもしれませんが、夜中に目が覚める「中途覚醒」や睡眠の質を下げる原因となります。

次の日に身体がだるく感じたり、徐々にお酒の量が増えてしまい、アルコール依存となる危険性もあります。とてもお勧めできる方法ではありません。
くれぐれも、寝る前は電子機器や画面を使用しないようにしましょう。

 管理人おすすめ – 不眠サプリのランキング

 

安心・安全な不眠サプリメントなら

潤睡ハーブ

潤睡ハーブ

  • 10日間の返品保証
  • 今だけの 5,980円1,980円 に割引中
  • 定期購入はいつでも解約可(解約金不要)
マインドガードDX

マインドガードDX

  • ストレス対策にも効果的
  • ネットだけで10万本以上の販売実績
  • 自然な成分のサプリメント
ネムリス

ネムリス

  • 厳選された、自然なリラックス成分
  • 不眠ケア+ストレスケア+美容効果も!
  • トリプトファンやビタミン類を効率良く