緊張しない方法 – セロトニンが緊張を抑える

以前、NHKのある番組で「緊張しない方法」についての特集がされていました。
番組の内容を簡単に説明すると。

①セロトニンが不足すると緊張しやすくなる。
②脳のセロトニンを増やす事で、緊張を和らげる事ができる。

という内容の説明がされていました。
私も、人前に出る事が、小さい頃から本当に苦手でした。

社会人として、この歳(30代)になると、スピーチや、朝礼での発表、会議での発言など、なかなか逃げられません。

どうしても人前に出ないといけない場面が出てきます。。
どちらにしても、根本的に緊張しないのなら、それに越した事はありません。

あがり症を治す為の、セロトニン

不眠やうつ病、心の病とセロトニンが密接に関係しているという事は、このブログでも何度か紹介してきました。それでは、緊張することとセロトニンは、どのような関係があるのでしょうか。

セロトニンが、不安やイライラなどの感情を抑制する作用があるということは、ご存知でしょうか。

緊張は、脳が不安を感じる事と関係しています。
知らない人に会った時に不安を感じたり、動悸が早くなったりする。手に汗を掻く。
こうした反応を起こす理由は、脳の中のノルアドレナリン神経という部分に影響される為と考えられています。

危機を察知する、ノルアドレナリン神経

ノルアドレナリン神経は、自分の身に危険を感じると興奮を起こす神経です。
不審な人物が近づいて来た時、何らかの不安を感じた時に、身体が強ばったり動悸が早くなったり、なるべくその場から逃避しようという行動に出るのは、このノルアドレナリン神経が危機を感じている為です。

もちろん、このノルアドレナリン神経の、危機察知の基準は人によって差があります。
私のように、緊張しやすい人・不安を感じやすい人は、このノルアドレナリン神経の危機察知能力が、人一倍敏感というふうに考えられます。

穏やかな感情、心の平穏

脳の中にある、セロトニン神経から分泌される、脳内物質「セロトニン」は、ノルアドレナリン神経の極端な興奮を抑える働きをしてくれます。
ポジティブで不安を感じにくい人の脳は、セロトニン濃度が高く、逆に緊張や不安を感じやすい人の脳は、セロトニン濃度が低い、とも言われています。

一概に、不安や緊張の原因の全てを、セロトニンが原因。と言うつもりはありません。
ただし、心の振れ幅を抑制し、穏やかな気持ちを作り出す働きとして、セロトニンがとても重要な役割を果たしている事は、間違いないようです。

最近では、セロトニンの材料となる必須アミノ酸、トリプトファンを効率的に摂取する為のサプリメントも販売されています。
日本製で安全性の高いサプリメントを以下にまとめていますので、参考にされてみてください。

 セロトニンを増やすサプリメント – おすすめランキング

安心・安全な不眠サプリメントなら

潤睡ハーブ

潤睡ハーブ

  • 10日間の返品保証
  • 今だけの 5,980円1,980円 に割引中
  • 定期購入はいつでも解約可(解約金不要)
マインドガードDX

マインドガードDX

  • ストレス対策にも効果的
  • ネットだけで10万本以上の販売実績
  • 自然な成分のサプリメント
ネムリス

ネムリス

  • 厳選された、自然なリラックス成分
  • 不眠ケア+ストレスケア+美容効果も!
  • トリプトファンやビタミン類を効率良く