心の不安を取り除けば、睡眠薬は必要ない?不眠症の対策

タイトルに書いてある通り、そのままになってしまいますが、心が健康なら、不眠症は高い確立で防げると、最近感じています。

不眠症にも様々な物があり、心因性(精神に関係があるもの)ではないケースもあります。
ここではそうした、環境や身体的な病気が問題である場合など、外因性の不眠は除きます。ただし、睡眠になんらかの問題があるほとんどの場合では、精神的な状態。つまり、心の状態に関係していると思います。

不安や恐怖は、正常な睡眠を害します。
不眠症の根本的な原因は、ほとんどの場合これにあるのではないかと、最近は以前より強く思うようになりました。

不安_不眠症

睡眠を邪魔する、不安な症状

不安で眠れないと言っても、その症状は様々です。

1. 仕事や人間関係の事が頭に浮かび、考えだすと明日が不安になる。
2. 将来の事を考えると、不安がどんどん大きくなる。
3. 布団に入ると「今日もまた眠れないのでは」という不安が先行し、眠れない。
4. 気がついたら、今日の失敗、過去の失敗について考えてしまい、自分を責め続けている。

ここに書いたのはごく一部です。
これら意外にも、様々な不安な感情や恐怖の感情が湧いてきて、睡眠の邪魔をしてきます。
多くの人は、「きっと、仕事で疲れているから、、」と、無理に自分を納得させ、そのうちなんとかなると考えるのではないでしょうか。
現実は、これらの症状は時間をかけてしっかりケアしていけなければ、症状は酷くなる一方です。長引く程に、自分ではどうしようもない症状へと変化していきます。

精神が病むと、眠れないのは当然

私は過去に不眠症を悪化させ、精神的に参ってしまい、精神科で治療を受けた経験があります。睡眠薬も処方してもらっていました。

不眠症は、ただ眠れないという症状では終わりません。日中の行動を辛くし、頭の回転や考えるスピードを鈍化させます。
日を追う毎に、仕事の能率は下がっていき、身体が怠くて何もする気がしない症状に苦しむ事になります。
不眠症とうつ病は密接な関係があると言われています。不眠は、行動力や思考力、コミュニケーション力を奪っていくので、それも当然のことだと思います。

健康な精神を保つ事で、不眠は解消される

はじめにも書いた通り、健康な精神の状態を保つように心掛ければ、必ず不眠の症状は和らぎます。

心を健全に保とうとすれば、必然的に早起きするでしょうし、早く眠るように心掛けるでしょう。昔から、「心と身体は一体」だと考えられています。
適度な運動も必要ですし、人とのコミュニケーションも、やはり大切です。
精神を健全に保とうとすれば、必然的に行動も怠惰ではいられなくなります。これは、不眠症の解消にとって、非常に良い影響を与えるはずです。

書店には、不眠症を改善する為の様々な方法が並んでいますが、そのどれもが異なった方法だったりします。
大切な事は、精神と身体を継続して健康に保つ事なのかもしれません。

 管理人おすすめ – 不眠サプリのランキング

 

安心・安全な不眠サプリメントなら

潤睡ハーブ

潤睡ハーブ

  • 10日間の返品保証
  • 今だけの 5,980円1,980円 に割引中
  • 定期購入はいつでも解約可(解約金不要)
マインドガードDX

マインドガードDX

  • ストレス対策にも効果的
  • ネットだけで10万本以上の販売実績
  • 自然な成分のサプリメント
ネムリス

ネムリス

  • 厳選された、自然なリラックス成分
  • 不眠ケア+ストレスケア+美容効果も!
  • トリプトファンやビタミン類を効率良く