薬で増やすのは間違い?うつ病とセロトニン

うつ病や、不眠の根本的な改善を目的として、脳のセロトニン濃度を一時的に上げる薬が処方されることがあります。

最近ではあまり聞かなくなりましたが、少し前までは有名人の方が、うつ病の闘病記などで、こうしたお薬を紹介して話題になっていましたね。
そうした事もあって、なんとなく、うつ病ってお薬で簡単に治るんだ!というイメージが浸透したように思います。

うつ病はお薬で治ります、と言った広告なども時々目にします。うつ病や、うつを原因とした不眠は、本当に辛い症状です。
こういう広告を見ると、少し勇気を貰いますし、病院に行ってお薬を貰おう、という気持ちにさせられます。

セロトニンを増やすための薬とは

うつ病や、心の病に悩んでいる方のブログなどを読んでいると、必ずしも薬を飲めば問題が解決されるわけではないという事が分かります。
それどころか、人によっては、中々薬を止めることができなくなり、余計に苦しんでいる方もいらっしゃるようです。

抗うつ剤は、脳のセロトニンを増加させますが、それもお薬が効いている間だけなのです。

つまり、ほとんどの場合お薬を止めた途端に効き目が無くなり、元の症状に悩むことになります。お薬に頼っていると、セロトニンを自分で作り出す能力が落ちてしまうので、お薬が切れる度に余計に辛い症状に悩むことになります。

こうなると、余計にお薬を増やさなければいけない。
お薬の種類を変えてごまかす。と言った事も起こり得ます。

最近のお薬は、依存症がだいぶ少なくなったと言われる事があるようですが、個人的には疑問を持っています。。

セロトニン症候群とは

セロトニンを増やす為のお薬を飲んでいる方なら、セロトニン症候群という言葉を聞いたことがあるかもしれません。
お薬を服用し始めた頃や、薬の量を増やした時に、この症状が出る事があるようです。突然、恐ろしく不安になったり、胸がドキドキしたり、酷い時は意識を失うことや、痙攣を起こすこともあるそうです。

これは、セロトニンが過剰に放出されることで、セロトニン神経が暴走することで引き起こされるようです。

薬を使うなら、必ず処方薬を

私は、こうした副作用が心配なので、抗うつ剤など、セロトニン神経に作用するお薬はあまりお勧めできません。
それでも、どうしても必要な際は、必ずお医者さんの指示されたとおりに使用するように気をつけましょう。

家族が服用しているお薬を勝手に飲んだり、お医者さんの指示された以上の量を飲んだりすると、取り返しのつかないことになってしまいます。

また、他の薬とも飲み合わせも充分に気を遣うようにする必要があります。必ず、お医者さんに相談するようにしてください。

最近では、セロトニンの材料となる必須アミノ酸、トリプトファンを効率的に摂取する為の、サプリメントも販売されています。
日本製で安全性の高いサプリメントを以下にまとめていますので、参考にされてみてください。

 セロトニンを増やすサプリメント – おすすめランキング

 

安心・安全な不眠サプリメントなら

潤睡ハーブ

潤睡ハーブ

  • 10日間の返品保証
  • 今だけの 5,980円1,980円 に割引中
  • 定期購入はいつでも解約可(解約金不要)
マインドガードDX

マインドガードDX

  • ストレス対策にも効果的
  • ネットだけで10万本以上の販売実績
  • 自然な成分のサプリメント
ネムリス

ネムリス

  • 厳選された、自然なリラックス成分
  • 不眠ケア+ストレスケア+美容効果も!
  • トリプトファンやビタミン類を効率良く