今日もまた眠れない、明日も.. 不安が引き起こす不眠

眠れない症状、不眠症の典型的な例のひとつに、眠ろうとすればするほど眠れなくなる、という症状があります。
今日は早く寝ないと、明日は大事な仕事の日だから。。そんな日に限って、なかなか寝付けない。

似たような症状として、「昨日は眠れなかった.. 今日もまた眠れないんじゃないか?」という、不安な気持ちから、なかなか眠りにつく事ができなくなる症状です。

明日もまた眠れない

今日も眠れない.. 不眠症の原因は?

たとえ無意識だったとしても、人間の脳は「早く起きなければいけない」「早く眠らなければいけない」というようなプレッシャーがかかる程、神経が高ぶって、余計に眠れなくなってしまいます。

特に「また、眠れないのではないか、、」というような『不安』な感情は、気持ちを高ぶらせてしまい、睡眠には非常に悪い影響を与えます。

不安な感情は、1度頭の中で考え始めると、どんどん大きく育って行きます。

  • 「眠れなかったら、明日の仕事で失敗をしてしまう.. 」
  • 「明日の書類の準備は終わっていたかな…. 」
  • 「あのメールの件については、どう回答しよう…… 」

1度布団の中でこんな風に考え始めると、脳はどんどん興奮度を増していきます。
では、不安な感情を持たずに、リッラクスして眠る為には、どのような事に気をつければ良いのでしょうか。

頑張って眠ろうとしてはいけない

まず、心得ておきたいのは、頑張って眠ろうとすると逆効果になってしまう、という事実です。

例えば、明日は大切な仕事の日だから、頑張って眠らなければいけない。
そんな日はいつもよりも早く布団に入り、なるべく早く眠ろうと心掛けることでしょう。
しかし、睡眠時間を早くしてしまうことは、睡眠の体内リズムを乱すことになるので、全く逆効果となるのです。
いつもより1時間早く眠ろうとして、早めに布団に入ったとしても、その1時間が眠れなかったとしたら?

結局、眠れないことがストレスとなり、脳にはプレッシャーばかりが掛かってしまうのです。

例え、いつもよりも早起きしなければいけない日だったとしても、なるべく普段眠っている時間から大きくずらさないようにする事が大切です。

リラックスが『質の良い睡眠』に不可欠

脳が興奮しないように、そして、神経が高ぶらないようにすることが、しっかり眠る為には重要な事です。
分かってはいても、リラックスしようと頑張ろうとすると、余計に不安になってしまう。

一体、何をどう気をつければ良いのでしょうか?

明日の準備で、心を落ち着ける

重要な仕事の前や、次の日にやる事があるならば、なるべく早めに準備を済ませておきましょう。
次の日にやるべき事、持って行く物など、準備の終わっていない事は、メモ帳などにリストアップしておくだけで、気持ちを落ち着ける事ができます。

メモを書き終わったら、書いた事については「失敗したら、その時はその時、、」くらいの気持ちでいられると、考え込む事も少なくなるはずです。

不安でどうしようもない時は

今日もまた、眠れないのではないか、、。
そんな気持ちが心を襲ってきた時にも「眠れなかったら、その時はしょうがない」という気持ちで居られる事です。
どうしても眠れないのなら、1度布団を出て、気持ちが落ち着くまでの間、別の部屋で過ごす事をおすすめします。

眠れないまま、いつまでも寝室にいると、反射的に「寝室に入ると神経が高ぶる」という体質を作りかねません。

心をリラックスさせて、無理に眠ろうとしない事。
これが、不安な気持ちを拭い去り、良い睡眠を得る事ができる大切な条件なのです。

また、運動不足や朝日を浴びない生活。不規則な生活習慣は、脳の神経伝達物質である『セロトニン』が不足する原因にも繋がるので、要注意です。
セロトニンは、脳の興奮、不安やイライラなどを適度に抑制し、体内時間を規則正しく保つ効果があります。

なるべく毎日、ウォーキングなどの継続的な運動を実践し、規則正しい生活を保ちましょう。

 管理人おすすめ – 不眠サプリのランキング

 

安心・安全な不眠サプリメントなら

潤睡ハーブ

潤睡ハーブ

  • 10日間の返品保証
  • 今だけの 5,980円1,980円 に割引中
  • 定期購入はいつでも解約可(解約金不要)
マインドガードDX

マインドガードDX

  • ストレス対策にも効果的
  • ネットだけで10万本以上の販売実績
  • 自然な成分のサプリメント
ネムリス

ネムリス

  • 厳選された、自然なリラックス成分
  • 不眠ケア+ストレスケア+美容効果も!
  • トリプトファンやビタミン類を効率良く